おすすめ映画一覧

長瀬智也主演の映画ヘブンズ・ドア -《生きたい》と願った余命わずかの2人

長瀬智也主演の映画ヘブンズ・ドア -《生きたい》と願った余命わずかの2人

舞台は日本のとある都市。28歳になる勝人(長瀬智也)は車の整備士、修理工として働いていた。以前はミュージシャンになるという夢を持ちながら、自由奔放に生きていた。そんな勝人を二つの最悪が襲う。一つは会社からの突然の解雇。もう一つは脳腫瘍。健康診断の結果で再検査と通知をされ、その後再検査にて勝人の脳から脳腫瘍が見付かった。そして病状は『いつ死んでもおかしくない』と言われるほど深刻な状況だった。

おすすめ度
4
【武士の一分】”命をかけて守りたい愛がある”木村拓哉主演の時代劇映画

【武士の一分】”命をかけて守りたい愛がある”木村拓哉主演の時代劇映画

舞台は幕末の海坂藩(藤沢周平作品の中で出てくる架空の藩)。海坂藩で毒見役として務める武士、三村新之丞(木村拓哉)。剣の腕前は周囲に『秀才』と呼ばれるレベルの使い手であった。禄高が30石しかない、下級武士であったが妻である加世(檀れい)と共に幸せな生活を送っていた。そんなある日、事件は起きた。いつものように藩主の元に出される料理をまず毒見役達が味見をする事となっていたのだが、

おすすめ度
4
【オーロラの彼方へ】優しかった亡き父と話せたオーロラの降る夜の奇跡

【オーロラの彼方へ】優しかった亡き父と話せたオーロラの降る夜の奇跡

舞台は1999年、世紀末のアメリカのニューヨーク。その年ニューヨークでは『オーロラ』が観測されていた。刑事のジョン・サリバン(ジェームズ・カヴィーゼル)は結婚を約束した女性と同棲していたのだが、意見の相違から恋人と別れることとなってしまった。ジョンはやるせない気持ちとなり、野球場でビールを飲み、オーロラを眺めながら30年前に殉職した父の事を思い出していた。

おすすめ度
4.5
【風立ちぬ】創造的人生の持ち時間は10年だ

【風立ちぬ】創造的人生の持ち時間は10年だ

舞台は20世紀初頭の日本。農村に生まれた堀越二郎という少年には夢があった。それは空への憧れ。夢の中で現れるカプローニ伯爵に励まされ、堀越二郎は航空機の設計者になる事を夢見ることとなる。その夢を叶える為に大学進学を果たし飛行機の設計技術を学ぶ。そんな中、堀越二郎は関東大震災を体験する事となる。

おすすめ度
4
【紅の豚】誰もが憧れる自由な空を描いたおすすめジブリ映画

【紅の豚】誰もが憧れる自由な空を描いたおすすめジブリ映画

時代は第一次世界大戦。賞金稼ぎで生計を立てていたマルコは元イタリア空軍のエースパイロット。ある事をきっかけに自分に魔法をかけて豚になってしまった。そんなマルコには敵対していた『マンマユート団』という空賊がいた。ある時、マンマユート団に襲われている女学生を助けた夜に昔馴染みのジーナという女性が営むバーに足を運んだ。そして、そこである男と出会う。

おすすめ度
4.5
【300】人間はいつだって同じ-歴史的戦いを描いた名作アクション映画

【300】人間はいつだって同じ-歴史的戦いを描いた名作アクション映画

舞台は紀元前480年の古代ギリシャ時代。スパルタ国の国王レオニダス(ジェラルド・バトラー)の元にペルシャ帝国から遣いの者がやって来た。当時ペルシャ帝国は100万もの軍勢からなる大国だった。ペルシャ帝国からやって来た遣いはレオニダスに「スパルタ国を滅ぼされたくなければスパルタの土地と水を差し出せ。」と告げた。

おすすめ度
4.5
【ゴースト/ニューヨークの幻】何度見ても号泣…これ以上の恋愛映画ある?

【ゴースト/ニューヨークの幻】何度見ても号泣…これ以上の恋愛映画ある?

舞台はアメリカのニューヨーク。そこで暮らすサム(パトリック・スウェイジ)は恋人のモリー(デミ・ムーア)と共同生活を始めることとなった。サムはモリー優しく誠実な銀行員。モリーは陶芸家。二人は幸せな生活を送っていた。そんなある日、モリーはサムにプロポーズをする。サムはモリーが『結婚』というものをどこか避けているように思っていたので、その事に対して驚く。しかし、そんな二人の幸せな時間は長くは続かなかった。

おすすめ度
4.5
【7つの贈り物】あなたなら受け取れますか?ウィル・スミスのおすすめ映画

【7つの贈り物】あなたなら受け取れますか?ウィル・スミスのおすすめ映画

舞台はアメリカ。ベン・トーマス(ウィル・スミス)は心に傷を抱えたまま生きていた。決して変えることの出来ない過去。そして犯してしまった罪。そんな中ベンはある計画を立てていた。それは"7人の人間"に対しての贈り物。その贈り物は償いの意味を込めたベンからの掛け替えのないものだった…。

おすすめ度
3.5
【ギャング・オブ・ニューヨーク】復讐に生きた男を描いたおすすめ映画

【ギャング・オブ・ニューヨーク】復讐に生きた男を描いたおすすめ映画

舞台は19世紀のアメリカ開拓時代のニューヨーク。当時アイルランドを飢餓が襲ったということもあり、アイルランドからの移民が大量にアメリカに流れ込んでいた。そして、ニューヨークの、ファイブ・ポインツはアメリカ生まれのアメリカ人とアイルランド移民とのいがみ合いで荒んだ街となっていた。そして、1864年アイルランド移民で結成された『デッド・ラビッツ』とアメリカ生まれの者達で形成された『ネイティブ・アメリカンズ』との壮絶な抗争が繰り広げられる事となった。

おすすめ度
4
【仮面の男(The Man in the Iron Mask) 】冷酷な王と同じ顔をした牢獄の男

【仮面の男(The Man in the Iron Mask) 】冷酷な王と同じ顔をした牢獄の男

舞台は中世のフランス、パリ。ルイ14世が統辞していた時代の話。その時代のフランスは隣国との戦争や飢餓などで住民の不満が積もる毎日だった。市民による反乱は日常茶飯事で、暴君されていたルイ14世(レオナルド・ディカプリオ)は市民から命を狙われていた。ルイ13世に仕えた3銃士のアトス(ジョン・マルコヴィッチ)、アラミス(ジェレミー・アイアンズ)、ポルトス(ジェラール・ドパルデュー)が活躍したのも昔の話。

おすすめ度
4
【アビエイター(The Aviator) 】実在する大富豪の人生を描いたおすすめ映画

【アビエイター(The Aviator) 】実在する大富豪の人生を描いたおすすめ映画

ハワード・ヒューズ(レオナルド・ディカプリオ)には幼少の頃のこんな記憶がある。お湯を張った室内の簡易プールのようなものの中に立ち、潔癖症の母親に体を洗われるハワード。その時に母親からある事を言われ、その後彼は母親のその言葉によって苦しみ続ける事となる…。その後しばらくしてハワードの父親が亡くなり、その巨額な遺産がハワードの元に転がり込んで来る事となった。1927年、その遺産を使ってハワードは映画製作を行っていた。

おすすめ度
4
【幸せのちから(The Pursuit of Happyness)】 明日を頑張る勇気をくれる最高の映画

【幸せのちから(The Pursuit of Happyness)】 明日を頑張る勇気をくれる最高の映画

これは事業に失敗した男がどん底の状態から成功をつかむという、真実に基づいたお話―。舞台は1981年のアメリカのサンフランシスコ。クリス・ガードナー(ウィル・スミス)は妻のリンダ(タンディ・ニュートン)と息子のクリストファー(ジェイデン・スミス)と3人で暮らしていた。そんなクリスの仕事は新型医療機器のセールスマン。骨密度を測る新型の機器だが、値段も効果であまり需要がなかった。

おすすめ度
4
【もののけ姫】人は何故森の神を殺さねばならなかったのか?

【もののけ姫】人は何故森の神を殺さねばならなかったのか?

時代は戦国時代。まだ森に神が住んでいた頃のお話―。アシタカは突然自分の村を襲ったタタリ神を討伐した事で右腕に死の呪いを受けてしまう。その後、アシタカは「西に向かえばその呪いを解く何かが見つかるかもしれない」と村の老巫女のヒイ様からお告げをもらい、村を出る決心をする。

おすすめ度
4.5
【シンデレラマン(Cinderella Man)】家族への愛に思わず胸が熱くなる

【シンデレラマン(Cinderella Man)】家族への愛に思わず胸が熱くなる

舞台は世界恐慌と言われていた時代のアメリカ。ジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)は港で日雇い労働の仕事をしながら妻のメイ(レネー・ゼルウィガー)と3人の子供を養っていた。ジムの仕事は過酷な肉体労働の中日当をもらい何とか生活をしていたが仕事をもらえない事の方が多かった。そんな世界恐慌と言われた時代、そして日雇い労働の仕事をするジムの家庭は決して裕福といえるものではなかった。そんなジムはプロのライセンスを持つ元プロボクサーだった。

おすすめ度
4.5
【ALWAYS 三丁目の夕日】昭和の懐かしさ、人情を描いたおすすめ映画

【ALWAYS 三丁目の夕日】昭和の懐かしさ、人情を描いたおすすめ映画

舞台は昭和33年の東京の下町。そこでは様々な人達が暮らしていた。夕日町三丁目には『鈴木オート』という有限会社があった。社長は鈴木則文。鈴木家の大黒柱で戦争から帰還後に鈴木オートを立ち上げた。戦後は何かと苦労が絶えなかった。則文の性格は荒っぽく、何よりも手が先に出てしまい、怒ると息子の竜之介を突き飛ばしてしまったり、ガラス戸を打ち破ったりと…。

おすすめ度
4.5
純愛を描いた映画【ただ、君を愛してる】を見ると一眼レフが欲しくなる

純愛を描いた映画【ただ、君を愛してる】を見ると一眼レフが欲しくなる

誠人(玉木宏)は何も告げずに自分の前から居なくなってしまった静流(宮﨑あおい)に会う為にアメリカのニューヨークに来ていた。静流が誠人の前から姿を消したのは3年前だ。二人の出会いは6年前、大学1年生の入学式の日。誠人は人ごみが苦手という理由で入学式に出席せず、会場の外で校長の式辞を聞いた後、外をウロウロしていた。

おすすめ度
4
【オールド・ルーキー(The Rookie)】メジャーリーガーは子供の頃からの夢だった…

【オールド・ルーキー(The Rookie)】メジャーリーガーは子供の頃からの夢だった…

舞台はアメリカのテキサス州、ビッグ・レイク。そこで高校教師として働き、野球部の顧問を勤めるジム・モリス(デニス・クエイド)。35歳のジムには妻が居て、子供も3人居て、高校教師という仕事も充実していて幸せな生活を送っていた。ジムは以前マイナーリーグでプレイをしていた元プロの野球選手だった。

おすすめ度
4.5
爆笑したいならユーロトリップを見ろ!涙が出るほど爆笑したわ!!

爆笑したいならユーロトリップを見ろ!涙が出るほど爆笑したわ!!

舞台はアメリカのある場所。ハイスクールを卒業すると同時に付き合っていた年下の彼女に振られてしまったスコット・トーマス(スコット・ミシュロウィック)。卒業式、喜びを分かち合う卒業生達の中でスコットは一人悲しみの涙を流していた。その後友人とプロムに出かけたのだが、スコットはそこで衝撃の事実を知る事となる。

おすすめ度
4.5
【名作】時計じかけのオレンジは”トラウマ”系のおすすめ映画(>

【名作】時計じかけのオレンジは”トラウマ”系のおすすめ映画(><)

舞台は近未来のイギリス、ロンドン。近未来のロンドンは治安が悪く、若者の暴力と性犯罪、そしてギャングが溢れていた。アレックス(マルコム・マクダウェル)はそんな時代背景を映し出したようにそして暴力、性行為を生き甲斐としたベートーヴェンを愛する15歳の少年だ。同時に街に蔓延るギャングチームの一つ、そこでリーダーを勤めていた。ギャングチームのリーダーとしてのアレックスの行動は2つ。暴力と強姦行為。

おすすめ度
4
ウォルター少年と、夏の休日 – 少年とおじいさんの忘れられない夏

ウォルター少年と、夏の休日 – 少年とおじいさんの忘れられない夏

舞台は1960年代、アメリカのテキサス。母親と2人で暮らしていたウォルター(ハーレイ・ジョエル・オスメント)は孤独を感じていた。父親は居らず、顔も知らない。母親のメイは(キーラ・セジウィック)自分のことばかり考える人間でだらしなく、いつも男に依存してはその騙されていた。ある日、母親のメイは速記の専門学校に通うという理由でウォルターを大伯父(メイの伯父)に預けることにした。ウォルターはその大伯父たちには一度も会ったことがなかった。

おすすめ度
4.5
  1. 4
  2. 5
  3. 6
  4. 7
  5. 8