2010年代の映画

2010年代の映画

【2010年代】に上映された映画の中でもおすすめな映画を紹介します。これまで見て来て感動した映画、印象深かった映画を中心に管理人のおすすめ映画として紹介していきます。

2010年代に上映されたおすすめ映画一覧

【イップ・マン 序章(葉問)】ストーリーもカンフーアクションもNo.1の映画!

【イップ・マン 序章(葉問)】ストーリーもカンフーアクションもNo.1の映画!

舞台は第二次世界大戦直前の1935年、中国の広東省仏山市。そこには数多くの武術道場があった。そこで暮らすイップ・マン(ドニー・イェン)も武道を志す者だった。イップ・マンの元には門下生はおろか道場すら持っていなかった。イップ・マンは特にこれといった仕事もせずに幼い子供のチュンと妻のウィンシン(リン・ホン)の3人で暮らしていたが、それでも生活には何不自由していなかった。ある日、イップ・マンのもとにリュウ(チェン・チーフイ)という男がやって来た。その男は廖家拳という道場主でイップ・マンの噂を聞いてやって来た。イップ・マンは詠春拳の達人だった。

おすすめ度
4.5
【ぼくのエリ 200歳の少女】12歳の初恋がこれまでのヴァンパイア映画の流れを変えた!

【ぼくのエリ 200歳の少女】12歳の初恋がこれまでのヴァンパイア映画の流れを変えた!

舞台は現代のスウェーデン、ストックホルムの郊外。12歳のオスカー(カーレ・ヘーデブラント)は母親と二人で暮らしていた。オスカーには友達が居らず、学校でもいじめられていた。学校から帰宅するとオスカーはナイフで自宅の外に生えている木を刺したりして鬱憤を晴らしていた。ある雪の積もった日、オスカーの住むアパートの隣に父親と娘の二人家族が引っ越して来た。その頃オスカーの住む地域では猟奇的な殺人事件が起きていた。犯人は被害者を殺害後その遺体から血を抜き取っていた。

おすすめ度
5
【言の葉の庭】雨が好きになれる優しい想いの溢れる映画だった

【言の葉の庭】雨が好きになれる優しい想いの溢れる映画だった

舞台は雲が太陽を隠し続ける梅雨の時期の日本の東京。高校一年生の秋月 孝雄(入野自由)の雨の日の日課は一限目をサボってとある庭園に行き靴のデザインを考えていた。そんな孝雄はある時、いつものように授業の一限目をサボって庭園に行くと、そこには先客が居た。その先客はオフィス服を来た女性で、朝っぱらから缶ビールを飲んでいた。

おすすめ度
4.5
【アリーキャット】窪塚洋介と降谷建志(Dragon Ash)の異色のコンビ映画

【アリーキャット】窪塚洋介と降谷建志(Dragon Ash)の異色のコンビ映画

舞台は現代の日本。ある時、朝 秀晃(窪塚洋介)は自分の家によく出入りする野良猫の『マル』を探していた。マルは飼い猫ではなかったが自由に外で生き、頻繁に秀晃の元へ顔を出していた。どこを探しても見付からないマル。心配になった秀晃は保健所に足を運んだ。すると保健所から金髪のモヒカンの青年、梅津 郁巳がマルを抱えて出てきた。その姿を見て秀晃は『マル!よかったな!命拾いしたな、お前!』と言って連れて帰ろうとした。しかし、郁巳は秀晃の言葉を聞いても無視をしてそのまま立ち去ろうとした。そんな郁巳の姿を見て苛立った秀晃は『おいおい、ちょっと待ってよ。そいつ、俺の猫なんだよ。ずっと探してて。な、マル!』と言った。

おすすめ度
4
ビザンチウム(Byzantium)

ビザンチウム(Byzantium)

舞台は現代のヨーロッパ。 エレノア(シアーシャ・ローナン)は誰にも言えない秘密を抱えていた。 そして"嘘を吐いて生きること"に嫌気が差していた。 誰にも理解はされない。 でもその秘密を誰かに話したいとずっと思っていた。 エレノアはその秘密を物語にした。 それは真実の物語だった。 言葉にすることが出来ない"自分"という存在を誰かに話したかったのだ。

おすすめ度
4
【メカニック】全てにおいて完璧な殺し屋を描いた唯一無二のアクション映画

【メカニック】全てにおいて完璧な殺し屋を描いた唯一無二のアクション映画

舞台は現代のアメリカ。 ある日、南米コロンビアの麻薬王の男が自宅のプールで事故死したことがニュースとなった。 実際にはそれは事故ではなく暗殺だった。 それは殺人の痕跡を一切残さないプロの殺し屋、アーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)によるものだった。 仕事を終え、アーサーは車椅子に乗って男と会う約束をしていた。 その男の名はハリー・マッケンナ(ドナルド・サザーランド)。 ハリーはアーサーの雇い主だった。 そんなハリーから『君の上はいない。君は冷徹なマシーン。』と言われる程、アーサーの腕は完璧なものだった。 その日は報酬を受け取りハリーとは別れた。

おすすめ度
4.5
【阪急電車 片道15分の奇跡】は心をほっこりさせてくれる優しい映画

【阪急電車 片道15分の奇跡】は心をほっこりさせてくれる優しい映画

舞台は現代の日本。兵庫県宝塚市の阪急宝塚駅から兵庫県西宮市の西宮北口駅、阪急今津駅を結ぶ阪急今津線区間で繰り広げられる不思議な出会いとそこで生まれるヒューマンドラマ。ある日、高瀬 翔子(中谷美紀)はカフェに居た。眼の前には3年以上付き合っている婚約者の健介(鈴木亮平)、そして翔子の部下の比奈子(安めぐみ)が座っていた。そして翔子は健介の口からとんでもない言葉を耳にした。翔子『どういうことよ、これ?』健介『せやから、翔子…別れよ。別れてくれ。』

おすすめ度
4.5
【あん】優しい明日を願いたくなる樹木希林最後の主演映画!これだけは絶対に見ろ!

【あん】優しい明日を願いたくなる樹木希林最後の主演映画!これだけは絶対に見ろ!

舞台は現代の日本。 千太郎(永瀬正敏)はどら焼きやの『どら春』の雇われ店長として働いていた。 従業員は千太郎だけで、一人で切り盛りしていた。 どら春のどら焼きはそこまで評判は良くなく、人気店といわれるようなお店ではなかった。 それでも頻繁に食べに来る常連の学生達が居た。

おすすめ度
5
【ボーダーライン】麻薬戦争の今を描いた臨場感溢れる映像に釘付けに

【ボーダーライン】麻薬戦争の今を描いた臨場感溢れる映像に釘付けに

舞台は現代のアメリカ。アリゾナ州のチャンドラーにて誘拐事件の犯人の元へ奇襲攻撃が行われようとしていた。FBI捜査官であるケイト・メイサー(エミリー・ブラント)とそのチームは装甲車を使って犯人宅の壁を突き破って襲撃した。突然のFBIによる襲撃で犯人たちはそのまま降参したが、その家の一室に潜んで居た一人の男がケイトを銃撃した。その男はケイトによってその場で射殺された。

おすすめ度
4.5
【カメラを止めるな!】2018年最も話題になったのも納得出来る映画

【カメラを止めるな!】2018年最も話題になったのも納得出来る映画

舞台は現代の日本。とある山奥にある廃墟で映画の撮影が行われていた。そこで撮影されていた映画は"ゾンビ映画"だった。その映画の監督である日暮隆之(濱津隆之)は"本物"を追求していた。この映画のヒロインを演じていた松本逢花(秋山ゆずき)の演技に本物の恐怖が感じられず次々とNGを出した。そして42テイクに達した頃、事件が起きた。撮影班に本物のゾンビが襲いかかって来たのだった。

おすすめ度
4.5
【舟を編む】言葉の大切さを改めて考えさせられる超おすすめ映画

【舟を編む】言葉の大切さを改めて考えさせられる超おすすめ映画

舞台は1990年代の日本。玄武書房で38年辞書一筋だった編集者の荒木公平(小林薫)が定年を迎えようとしていた。辞書監修者でもある松本朋佑教授(加藤剛)は荒木の仕事ぶりに惚れ込んでいた。それが故に荒木の定年退職を引き留めようとしていた。松本『どうしても辞めるつもりですか?』 荒木『はあ…』松本『荒木くんが居なければ私は辞書を作れません。』

おすすめ度
4.5
【うさぎドロップ】見終わる頃に子どもが欲しくなるほっこりおすすめ映画

【うさぎドロップ】見終わる頃に子どもが欲しくなるほっこりおすすめ映画

舞台は現代の日本。ある日、河地大吉(松山ケンイチ)の元に母親の幸子(風吹ジュン)から連絡が入った。大吉の祖父である鹿賀宋一(平井雅士)が亡くなったということだった。大吉は喪服を着て祖父の実家に向かった。家の玄関を開けて中に入ると、親戚達立て続けに驚いた顔で大吉を見詰めた。 大吉は亡くなった祖父の宋一と瓜二つだった。

おすすめ度
4
【もらとりあむタマ子】明日を頑張る元気をもらえる超おすすめ映画!

【もらとりあむタマ子】明日を頑張る元気をもらえる超おすすめ映画!

舞台は現代の日本。坂井タマ子(前田敦子)、23歳。タマ子は大学を卒業後就職もせず父親が一人で暮らす実家に戻り、ぐうたら毎日を過ごしていた。タマ子は父親と2人で暮らしていた。たまこの父、坂井善次(康すおん)はスポーツショップを営んでいた。タマ子は早起きが苦手で、父親が店に立ち始めたころに起きてきて朝食を食べた。食事をしながらテレビを点け、テレビは点けっ放しのまま今度は漫画を読み始め。タマ子が朝食で使った食器の片付けはもちろん、家事全般を父親が行っていた。

おすすめ度
4.5
【イヴの時間 劇場版】今まで見た中ではNo.1のアンドロイドアニメ映画!

【イヴの時間 劇場版】今まで見た中ではNo.1のアンドロイドアニメ映画!

高校生の向坂リクオ(福山潤)の家にもサミィ(田中理恵)という名のハウスロイドがいた。サミィは若い女性を模した人間型ロボット、アンドロイドだった。ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。(「ロボット工学三原則」第2条より)サミィも例外ではなく、サミィの主人であるリクオの命令には忠実に従った。その頃日本国内での食料自給率が8割を超えていた。それはロボットを労働力として導入した結果によるものだった。

おすすめ度
4.5
【モールス】儚さと切なさと美しさが交差する最高のヴァンパイア映画

【モールス】儚さと切なさと美しさが交差する最高のヴァンパイア映画

舞台はアメリカのニューメキシコ州にある雪に閉ざされたとある田舎町。1983年3月、ロス・アラモスで50代半ばの男性が全身に大やけどを負った状態で救急車に搬送されていた。火傷は高濃度の酸を浴びたことによるものだった。顔面は原型を留めておらず、身元の分かるものはなかった。

おすすめ度
4.5
【僕だけがいない街】原作が最高だった(>

【僕だけがいない街】原作が最高だった(><)

舞台は2006年の東京。売れない漫画家として活動する一方、アルバイトで生計を立てていた藤沼悟(藤原竜也)。悟は何度も時間が巻き戻る、自身がリバイバルと呼ぶ特殊な能力を持っていた。それは直後に発生する事件や事故などの悪い出来事の原因が取り除かれるまで、それが発生する直前の場面に何度でもタイムリープするというものだった。その日はピザ屋のバイトで配達に出ているときだった。突然"それ"はやって来た。またか… 配達用のバイクで走行中だった悟は周りを見渡してリバイバルの原因、"違和感"を探る。そして、対向車線のトラックの運転手の様子がおかしいことに気付いた。リバイバル後、悟はトラックが事故を起こす横断歩道で信号待ちをしていた小学生に『悪いんだけど、今日は別のところから渡ってくれるかな?』と声を掛け、まずは小学生の危機を回避した。

おすすめ度
4
【最強のふたり】爆笑して泣いて最後には心が澄み渡る最高の映画だった!

【最強のふたり】爆笑して泣いて最後には心が澄み渡る最高の映画だった!

真っ直ぐな目をした黒人の青年は静かに車のハンドルを握っていた。そして助手席には顔色は良くないが黒人の青年と同じくらい真っ直ぐな目をした初老の男が静かに座っていた。黒人の青年は車の速度を上げ、どんどんと他の車を追い抜いていった。気付けば安全運転とは言えない黒人の青年が運転するその車をパトカーが追跡するようになっていた。黒人青年『"逃げ切る"に100ユーロ。』初老の男性『乗った。』黒人の青年『行くぜ。』

おすすめ度
5
【凶悪】マジでトラウマ級だった…。人の狂気に泣きたくなる(´・ω・`)

【凶悪】マジでトラウマ級だった…。人の狂気に泣きたくなる(´・ω・`)

獄中からの告白 先生と呼ばれた男 死の錬金術師 衝撃の真実…。これは実話をもとにした物語である…。舞台は20世紀が終わろうとしていた頃の日本。藤井修一(山田孝之)はスクープ雑誌「明潮24」の記者である事件を追っていた。それは後に上申書殺人事件(茨城上申書殺人事件)として世間で騒ぎになった事件だった。藤井は風俗嬢ストーカー殺人事件を追っていた。事件から三ヶ月が経ち世間からも忘れ去られそうになっていた事件だったが、その後も被害者の家族を訪ねたりと、何かを感じた藤井はその事件を掘り起こそうとしていた。 当然、編集長の芝川(村岡希美)からは止められた。藤井『例の風俗嬢ストーカー殺人事件、やっぱりもう一度被害者の目線で記事にしたいんだ。』 芝川『無理無理。あの事件はもう三ヶ月も前に終わってるのよ?あの事件はもうネタにならないの。』事件から三ヶ月も経過した記事を今更書いたところで数字を取ることは出来ない。

おすすめ度
4.5
【STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ】今作であの謎が解き明かされるぞ…

【STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ】今作であの謎が解き明かされるぞ…

舞台は2011年の東京。岡部倫太郎達がCERNをハッキングし、タイムリープマシンを完成させ、シュタインズ・ゲート世界線にたどり着き1年が経過しようとしていた。岡部倫太郎がシュタインズ・ゲート世界戦にたどり着くまでに様々な出来事があった。永遠にも感じられる時間を過ごし、様々な人の想い無に帰してきた。それでも、ようやく辿り着いたシュタインズ・ゲート世界戦は椎名まゆりも生存し、牧瀬紅莉栖も生存し、前の世界線では敵対関係であった天王寺(Mr.ブラウン)や桐生萌郁とも良好な関係を築け、第三次世界大戦も起こらない唯一無二の世界戦だった。タイムマシンや裏組織などと以前のような非凡な体験をすることはなくなったが、それでも平穏で幸せな日々を満喫できていた。ある日、牧瀬紅莉栖がアメリカから秋葉原に1年ぶりに帰って来た。空港に到着した紅莉栖をまゆりと漆原るかが迎えに行った。岡部は天王寺のお遣いで秋葉原に出かけていた。

おすすめ度
4
  1. 1
  2. 2
  3. 3