動画配信サービス : Netflix

Netflix映画

Netflix(ネットフリックス)とは米国最大の動画配信サービスで、世界50か国以上で6,500万人以上の会員がいる超大型の動画配信サービスです。プランは月額650円からのものがあり、サービス内の動画は全て無料で閲覧できます。人気の国内映画や海外映画、国内ドラマや海外ドラマ、アニメ作品を閲覧出来る他、Netflixオリジナルコンテンツも豊富です。オリジナルコンテンツの中には海外のものだけではなく、日本のオリジナルコンテンツも数多くあります。Netflixの最大の特徴といえばダウンロード機能ですが、スマートフォンのみではなく、2017年よりWindows10のNetflixアプリでも映画やドラマをダウンロード出来るようになりました。動画をダウンロードすればインターネット環境のないところでも視聴することが可能となります。

Netflixで視聴出来るおすすめ映画一覧

【THE FIRST SLAM DUNK】主役は宮城 リョータ。もう1つのスラムダンクの物語。

【THE FIRST SLAM DUNK】主役は宮城 リョータ。もう1つのスラムダンクの物語。

神奈川県予選を2位で突破した湘北高校は、神奈川県代表として念願のバスケットボールインターハイへの出場を決めた。 インターハイの1試合目は強豪の大阪府代表、豊玉高校。 湘北高校対豊玉高校の試合は、試合前から双方の選手が挑発し合って火花を散らし、コート上では豊玉高校側のラフプレイが連発するという激しい展開だったが、ラン&ガンのゲームを湘北高校が制し、無事2回戦出場が決まった。 しかし、2回戦の相手は秋田県代表・山王工業だった。 山王工業はインターハイ常連の学校で、直近ではインターハイ3連覇という偉業を成し遂げ、高校バスケット界の絶対王者と呼ばれていた。 対する湘北高校は全くの無名。 当然下馬評では圧倒的に山王工業が有利とされていた。 山王工業には高校バスケ界最強のセンター河田をはじめ、高校ナンバーワンプレイヤーと言われる沢北まで居る、まさに最強のチームだった。 そして、この物語は湘北高校対山王工業の試合を中心に描かれる。 物語の主人公、湘北高校バスケ部のポイントガード・宮城リョータの兄ソータは、地元の沖縄で有名な選手だった。 リョータはそんな兄に憧れ、兄の背中を追うようにバスケにのめり込んでいった。 そして今、インターハイと大舞台で、かつて雑誌で目にした絶対王者である山王工業高校に立ち向かう。

おすすめ度
【インターステラー 】文句なしでおすすめ度No.1の宇宙映画!愛は時間と空間を超えることができる

【インターステラー 】文句なしでおすすめ度No.1の宇宙映画!愛は時間と空間を超えることができる

舞台は世界的な気候変動によって砂漠化が進み食物が育たなくなってしまった近未来の地球。 その為人々の関心は食料が主で、皆それまでの仕事を捨てて畑を耕していました。 この物語の主人公、ジョセフ・クーパー(マシュー・マコノヒー)の家も例外ではなく、小麦は疫病で全滅し、広いコーン畑のみが頼りといった状況だった。 日常的に砂嵐に見舞われ、家の中は常に砂まみれだった。 ジョセフ・クーパーは息子のトム・クーパー(ケイシー・アフレック)と娘のマーフィー・クーパー(ジェシカ・チャステイン)、そして義理の父であるドナルド・クーパー(ジョン・リスゴー)の4人で暮らしていた。 ある日、マーフの保護者面談でジョセフは学校に呼び出された。 その道中で、インド空軍の無人偵察機が突然降下を始め、それを発見したジョセフはハッキングして捕獲することにした。

おすすめ度
【FALL(フォール)】手足の指がずっとキュってなる最高のスリリング映画

【FALL(フォール)】手足の指がずっとキュってなる最高のスリリング映画

人生ははかない 人生はあまりにも短い だから一瞬一瞬を大切に 人生を噛み締めて生きるべきだ その姿勢が人生の尊さを伝えることになるから 舞台は現代のアメリカ。 スリリングなことをするのが好きな夫のダン(メイソン・グッディング)とベッキー(グレイス・キャロライン・カリー)は、親友のハンター(ヴァージニア・ガードナー)と共にフリークライミングを行っていた。 フリークライミングを楽しんで居た3人だったが、事故は突然起こった。 クライミング中に夫のダンが落下事故を起こし、そのまま帰らぬ人となってしまったのだ。 ダンがフリークライミング中の落下事故で亡くなってから1年。 ベッキーはまだその悲しみから立ち直れず、酒浸りの日々を送っていた。 ダンに電話をしても留守番電話サービスに転送され、一方的にメッセージを残すベッキー。

おすすめ度
【オデッセイ】宇宙版キャストアウェイだと思ったら…

【オデッセイ】宇宙版キャストアウェイだと思ったら…

舞台は2035年の火星。 アメリカは有人火星探査計画「アレス3」を行い、植物学者マーク・ワトニー(マット・デイモン)含む6名の宇宙飛行士達が火星に降り立った。 火星日18、マーク達は激しい砂嵐に遭遇し、任務の中止を決定した。 MAVの傾きを何とかしようとした宇宙飛行士たちだったが、砂嵐の中マークは飛んで来たアンテナの残骸が直撃し、そのまま吹き飛ばされてしまい、そのまま行方不明となってしまった。 船長のメリッサ(ジェシカ・チャステイン)はギリギリまでマークを捜索しようとしたが、船員全員の命を優先し、捜索を諦めた。 そして、マークを死亡したと見なし、ヘルメス号に乗って地球へ帰還する決断を行った。 NASAはメリッサからの報告を受け、地球ではマークの葬儀が行われることとなった。 しかし、実際には怪我を負ったもののマークは生存しており、何とか火星の基地にたどり着きます。

おすすめ度
【イップ・マン 序章(葉問)】ストーリーもカンフーアクションもNo.1の映画!

【イップ・マン 序章(葉問)】ストーリーもカンフーアクションもNo.1の映画!

舞台は第二次世界大戦直前の1935年、中国の広東省仏山市。そこには数多くの武術道場があった。そこで暮らすイップ・マン(ドニー・イェン)も武道を志す者だった。イップ・マンの元には門下生はおろか道場すら持っていなかった。イップ・マンは特にこれといった仕事もせずに幼い子供のチュンと妻のウィンシン(リン・ホン)の3人で暮らしていたが、それでも生活には何不自由していなかった。ある日、イップ・マンのもとにリュウ(チェン・チーフイ)という男がやって来た。その男は廖家拳という道場主でイップ・マンの噂を聞いてやって来た。イップ・マンは詠春拳の達人だった。

おすすめ度
【ぼくのエリ 200歳の少女】12歳の初恋がこれまでのヴァンパイア映画の流れを変えた!

【ぼくのエリ 200歳の少女】12歳の初恋がこれまでのヴァンパイア映画の流れを変えた!

舞台は現代のスウェーデン、ストックホルムの郊外。12歳のオスカー(カーレ・ヘーデブラント)は母親と二人で暮らしていた。オスカーには友達が居らず、学校でもいじめられていた。学校から帰宅するとオスカーはナイフで自宅の外に生えている木を刺したりして鬱憤を晴らしていた。ある雪の積もった日、オスカーの住むアパートの隣に父親と娘の二人家族が引っ越して来た。その頃オスカーの住む地域では猟奇的な殺人事件が起きていた。犯人は被害者を殺害後その遺体から血を抜き取っていた。

おすすめ度
【言の葉の庭】雨が好きになれる優しい想いの溢れる映画だった

【言の葉の庭】雨が好きになれる優しい想いの溢れる映画だった

舞台は雲が太陽を隠し続ける梅雨の時期の日本の東京。高校一年生の秋月 孝雄(入野自由)の雨の日の日課は一限目をサボってとある庭園に行き靴のデザインを考えていた。そんな孝雄はある時、いつものように授業の一限目をサボって庭園に行くと、そこには先客が居た。その先客はオフィス服を来た女性で、朝っぱらから缶ビールを飲んでいた。

おすすめ度
【いま、会いにゆきます】やっぱりまた号泣したやんけ٩(๑`^´๑)۶

【いま、会いにゆきます】やっぱりまた号泣したやんけ٩(๑`^´๑)۶

舞台は現代の日本。その日は秋穂佑司の誕生日だった。高校生の佑司はいつものように起床し、朝食の準備をしていた。朝食の準備は佑司の担当だった。父親の巧と二人で暮らす佑司。母親は佑司が小学生の頃に他界した。朝食の準備をしているとバイクに乗ったケーキ屋の店主がやって来た。 店主は佑司の誕生日に佑司の誕生ケーキを持って来てくれたのだった。ある年から毎年のように届けられた誕生ケーキだったが、ケーキ屋は店を閉めることを決意し、同時にそれが佑司に届けられた最後の誕生ケーキだった。

おすすめ度
【アリーキャット】窪塚洋介と降谷建志(Dragon Ash)の異色のコンビ映画

【アリーキャット】窪塚洋介と降谷建志(Dragon Ash)の異色のコンビ映画

舞台は現代の日本。ある時、朝 秀晃(窪塚洋介)は自分の家によく出入りする野良猫の『マル』を探していた。マルは飼い猫ではなかったが自由に外で生き、頻繁に秀晃の元へ顔を出していた。どこを探しても見付からないマル。心配になった秀晃は保健所に足を運んだ。すると保健所から金髪のモヒカンの青年、梅津 郁巳がマルを抱えて出てきた。その姿を見て秀晃は『マル!よかったな!命拾いしたな、お前!』と言って連れて帰ろうとした。しかし、郁巳は秀晃の言葉を聞いても無視をしてそのまま立ち去ろうとした。そんな郁巳の姿を見て苛立った秀晃は『おいおい、ちょっと待ってよ。そいつ、俺の猫なんだよ。ずっと探してて。な、マル!』と言った。

おすすめ度
【メカニック】全てにおいて完璧な殺し屋を描いた唯一無二のアクション映画

【メカニック】全てにおいて完璧な殺し屋を描いた唯一無二のアクション映画

舞台は現代のアメリカ。 ある日、南米コロンビアの麻薬王の男が自宅のプールで事故死したことがニュースとなった。 実際にはそれは事故ではなく暗殺だった。 それは殺人の痕跡を一切残さないプロの殺し屋、アーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)によるものだった。 仕事を終え、アーサーは車椅子に乗って男と会う約束をしていた。 その男の名はハリー・マッケンナ(ドナルド・サザーランド)。 ハリーはアーサーの雇い主だった。 そんなハリーから『君の上はいない。君は冷徹なマシーン。』と言われる程、アーサーの腕は完璧なものだった。 その日は報酬を受け取りハリーとは別れた。

おすすめ度
【阪急電車 片道15分の奇跡】は心をほっこりさせてくれる優しい映画

【阪急電車 片道15分の奇跡】は心をほっこりさせてくれる優しい映画

舞台は現代の日本。兵庫県宝塚市の阪急宝塚駅から兵庫県西宮市の西宮北口駅、阪急今津駅を結ぶ阪急今津線区間で繰り広げられる不思議な出会いとそこで生まれるヒューマンドラマ。ある日、高瀬 翔子(中谷美紀)はカフェに居た。眼の前には3年以上付き合っている婚約者の健介(鈴木亮平)、そして翔子の部下の比奈子(安めぐみ)が座っていた。そして翔子は健介の口からとんでもない言葉を耳にした。翔子『どういうことよ、これ?』健介『せやから、翔子…別れよ。別れてくれ。』

おすすめ度
【あん】優しい明日を願いたくなる樹木希林最後の主演映画!これだけは絶対に見ろ!

【あん】優しい明日を願いたくなる樹木希林最後の主演映画!これだけは絶対に見ろ!

舞台は現代の日本。 千太郎(永瀬正敏)はどら焼きやの『どら春』の雇われ店長として働いていた。 従業員は千太郎だけで、一人で切り盛りしていた。 どら春のどら焼きはそこまで評判は良くなく、人気店といわれるようなお店ではなかった。 それでも頻繁に食べに来る常連の学生達が居た。

おすすめ度
【ニュー・シネマ・パラダイス】何度でも大切な何かを思い出させてくれる名作映画

【ニュー・シネマ・パラダイス】何度でも大切な何かを思い出させてくれる名作映画

舞台は戦後のイタリア。サルヴァトーレ・カシオ(ジャック・ペラン)の母を名乗る女性は息子がいるであろう場所に電話を掛け続けていた。息子のサルヴァトーレは30年前に故郷のシチリアを離れて一度も帰って来ていなかった。サルヴァトーレはローマ在住の映画監督だ。ある晩、ローマの自宅に帰宅したサルヴァトーレは母から電話が掛かって来たことを妻から聞いた。そして、アルフレード(フィリップ・ノワレ)が亡くなったことも聞いた。その晩サルヴァトーレはベッドの上で幼い頃の日々を思い出していた。

おすすめ度
【愛のむきだし】この映画やべぇ٩(๑`^´๑)۶237分の長い映画だがすげぇ良かった

【愛のむきだし】この映画やべぇ٩(๑`^´๑)۶237分の長い映画だがすげぇ良かった

舞台は現代の日本。 ユウこと本田悠(西島隆弘)はクリスチャンの家庭に生まれ育った。 ユウが幼い頃、母は言った。 ユウの母『お母さん旅に出るかも。このマリア様みたいなお嫁さんを見つけるのよ。そうしたら私に紹介して。』 その時に母にもらったマリア像がユウの宝物になった。 そしてその後すぐに母は病院のベッドを出て永い旅に出た。

おすすめ度
【パフューム】文句なしの★★★★★映画!映像から感じられないはずの香りが届いた

【パフューム】文句なしの★★★★★映画!映像から感じられないはずの香りが届いた

舞台は18世紀のフランス、パリ。稀に見る才能とおぞましい行為で知られた男がいた。男の名はジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、香水調香師だった。そして今、ジャンは処刑されようとしていた。ジャンは両手・両足に枷を付けられ、首輪を付けられた状態で民衆の前へと引きづられた。ジャンの罪は数々の殺人だった。国民はジャンを憎んだ。

おすすめ度
【ボーダーライン】麻薬戦争の今を描いた臨場感溢れる映像に釘付けに

【ボーダーライン】麻薬戦争の今を描いた臨場感溢れる映像に釘付けに

舞台は現代のアメリカ。アリゾナ州のチャンドラーにて誘拐事件の犯人の元へ奇襲攻撃が行われようとしていた。FBI捜査官であるケイト・メイサー(エミリー・ブラント)とそのチームは装甲車を使って犯人宅の壁を突き破って襲撃した。突然のFBIによる襲撃で犯人たちはそのまま降参したが、その家の一室に潜んで居た一人の男がケイトを銃撃した。その男はケイトによってその場で射殺された。

おすすめ度
【舟を編む】言葉の大切さを改めて考えさせられる超おすすめ映画

【舟を編む】言葉の大切さを改めて考えさせられる超おすすめ映画

舞台は1990年代の日本。玄武書房で38年辞書一筋だった編集者の荒木公平(小林薫)が定年を迎えようとしていた。辞書監修者でもある松本朋佑教授(加藤剛)は荒木の仕事ぶりに惚れ込んでいた。それが故に荒木の定年退職を引き留めようとしていた。松本『どうしても辞めるつもりですか?』 荒木『はあ…』松本『荒木くんが居なければ私は辞書を作れません。』

おすすめ度
【うさぎドロップ】見終わる頃に子どもが欲しくなるほっこりおすすめ映画

【うさぎドロップ】見終わる頃に子どもが欲しくなるほっこりおすすめ映画

舞台は現代の日本。ある日、河地大吉(松山ケンイチ)の元に母親の幸子(風吹ジュン)から連絡が入った。大吉の祖父である鹿賀宋一(平井雅士)が亡くなったということだった。大吉は喪服を着て祖父の実家に向かった。家の玄関を開けて中に入ると、親戚達立て続けに驚いた顔で大吉を見詰めた。 大吉は亡くなった祖父の宋一と瓜二つだった。

おすすめ度
【イヴの時間 劇場版】今まで見た中ではNo.1のアンドロイドアニメ映画!

【イヴの時間 劇場版】今まで見た中ではNo.1のアンドロイドアニメ映画!

高校生の向坂リクオ(福山潤)の家にもサミィ(田中理恵)という名のハウスロイドがいた。サミィは若い女性を模した人間型ロボット、アンドロイドだった。ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。(「ロボット工学三原則」第2条より)サミィも例外ではなく、サミィの主人であるリクオの命令には忠実に従った。その頃日本国内での食料自給率が8割を超えていた。それはロボットを労働力として導入した結果によるものだった。

おすすめ度
【デトロイト・メタル・シティ】原作に負けないシュールな笑いが健在

【デトロイト・メタル・シティ】原作に負けないシュールな笑いが健在

舞台は現代の日本。根岸崇一(松山ケンイチ)は故郷の大分県犬飼を出て、東京の大学に進学した。根岸には夢があった。それは東京でオシャレな部屋に住んで、オシャレな生活をして、小沢健二やコーネリアスのようなオシャレなミュージシャンになることだった。根岸にとって東京は新鮮な街だった。見るもの、見る人全てが根岸には"オシャレ"に映った。大学ではポップミュージック研究会に所属した。そして所属するメンバーの前で宣言した。

おすすめ度