洋画映画

洋画映画

このページではおすすめ洋画を厳選して紹介していきます。名作映画と呼ばれるものから、そこまでメジャーではない映画など、このサイトを閲覧して頂き、『この映画観てみたい』、『もう一度この映画観たい』と思ってもらえるようなおすすめ映画を紹介します!

おすすめ洋画映画一覧

【インターステラー 】文句なしでおすすめ度No.1の宇宙映画!愛は時間と空間を超えることができる

【インターステラー 】文句なしでおすすめ度No.1の宇宙映画!愛は時間と空間を超えることができる

舞台は世界的な気候変動によって砂漠化が進み食物が育たなくなってしまった近未来の地球。 その為人々の関心は食料が主で、皆それまでの仕事を捨てて畑を耕していました。 この物語の主人公、ジョセフ・クーパー(マシュー・マコノヒー)の家も例外ではなく、小麦は疫病で全滅し、広いコーン畑のみが頼りといった状況だった。 日常的に砂嵐に見舞われ、家の中は常に砂まみれだった。 ジョセフ・クーパーは息子のトム・クーパー(ケイシー・アフレック)と娘のマーフィー・クーパー(ジェシカ・チャステイン)、そして義理の父であるドナルド・クーパー(ジョン・リスゴー)の4人で暮らしていた。 ある日、マーフの保護者面談でジョセフは学校に呼び出された。 その道中で、インド空軍の無人偵察機が突然降下を始め、それを発見したジョセフはハッキングして捕獲することにした。

おすすめ度
【FALL(フォール)】手足の指がずっとキュってなる最高のスリリング映画

【FALL(フォール)】手足の指がずっとキュってなる最高のスリリング映画

人生ははかない 人生はあまりにも短い だから一瞬一瞬を大切に 人生を噛み締めて生きるべきだ その姿勢が人生の尊さを伝えることになるから 舞台は現代のアメリカ。 スリリングなことをするのが好きな夫のダン(メイソン・グッディング)とベッキー(グレイス・キャロライン・カリー)は、親友のハンター(ヴァージニア・ガードナー)と共にフリークライミングを行っていた。 フリークライミングを楽しんで居た3人だったが、事故は突然起こった。 クライミング中に夫のダンが落下事故を起こし、そのまま帰らぬ人となってしまったのだ。 ダンがフリークライミング中の落下事故で亡くなってから1年。 ベッキーはまだその悲しみから立ち直れず、酒浸りの日々を送っていた。 ダンに電話をしても留守番電話サービスに転送され、一方的にメッセージを残すベッキー。

おすすめ度
【オデッセイ】宇宙版キャストアウェイだと思ったら…

【オデッセイ】宇宙版キャストアウェイだと思ったら…

舞台は2035年の火星。 アメリカは有人火星探査計画「アレス3」を行い、植物学者マーク・ワトニー(マット・デイモン)含む6名の宇宙飛行士達が火星に降り立った。 火星日18、マーク達は激しい砂嵐に遭遇し、任務の中止を決定した。 MAVの傾きを何とかしようとした宇宙飛行士たちだったが、砂嵐の中マークは飛んで来たアンテナの残骸が直撃し、そのまま吹き飛ばされてしまい、そのまま行方不明となってしまった。 船長のメリッサ(ジェシカ・チャステイン)はギリギリまでマークを捜索しようとしたが、船員全員の命を優先し、捜索を諦めた。 そして、マークを死亡したと見なし、ヘルメス号に乗って地球へ帰還する決断を行った。 NASAはメリッサからの報告を受け、地球ではマークの葬儀が行われることとなった。 しかし、実際には怪我を負ったもののマークは生存しており、何とか火星の基地にたどり着きます。

おすすめ度
【イップ・マン 序章(葉問)】ストーリーもカンフーアクションもNo.1の映画!

【イップ・マン 序章(葉問)】ストーリーもカンフーアクションもNo.1の映画!

舞台は第二次世界大戦直前の1935年、中国の広東省仏山市。そこには数多くの武術道場があった。そこで暮らすイップ・マン(ドニー・イェン)も武道を志す者だった。イップ・マンの元には門下生はおろか道場すら持っていなかった。イップ・マンは特にこれといった仕事もせずに幼い子供のチュンと妻のウィンシン(リン・ホン)の3人で暮らしていたが、それでも生活には何不自由していなかった。ある日、イップ・マンのもとにリュウ(チェン・チーフイ)という男がやって来た。その男は廖家拳という道場主でイップ・マンの噂を聞いてやって来た。イップ・マンは詠春拳の達人だった。

おすすめ度
【ぼくのエリ 200歳の少女】12歳の初恋がこれまでのヴァンパイア映画の流れを変えた!

【ぼくのエリ 200歳の少女】12歳の初恋がこれまでのヴァンパイア映画の流れを変えた!

舞台は現代のスウェーデン、ストックホルムの郊外。12歳のオスカー(カーレ・ヘーデブラント)は母親と二人で暮らしていた。オスカーには友達が居らず、学校でもいじめられていた。学校から帰宅するとオスカーはナイフで自宅の外に生えている木を刺したりして鬱憤を晴らしていた。ある雪の積もった日、オスカーの住むアパートの隣に父親と娘の二人家族が引っ越して来た。その頃オスカーの住む地域では猟奇的な殺人事件が起きていた。犯人は被害者を殺害後その遺体から血を抜き取っていた。

おすすめ度
無限の闇を生きる哀しき少女の物語 映画ビザンチウム(Byzantium)

無限の闇を生きる哀しき少女の物語 映画ビザンチウム(Byzantium)

舞台は現代のヨーロッパ。 エレノア(シアーシャ・ローナン)は誰にも言えない秘密を抱えていた。 そして"嘘を吐いて生きること"に嫌気が差していた。 誰にも理解はされない。 でもその秘密を誰かに話したいとずっと思っていた。 エレノアはその秘密を物語にした。 それは真実の物語だった。 言葉にすることが出来ない"自分"という存在を誰かに話したかったのだ。

おすすめ度
【メカニック】全てにおいて完璧な殺し屋を描いた唯一無二のアクション映画

【メカニック】全てにおいて完璧な殺し屋を描いた唯一無二のアクション映画

舞台は現代のアメリカ。 ある日、南米コロンビアの麻薬王の男が自宅のプールで事故死したことがニュースとなった。 実際にはそれは事故ではなく暗殺だった。 それは殺人の痕跡を一切残さないプロの殺し屋、アーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)によるものだった。 仕事を終え、アーサーは車椅子に乗って男と会う約束をしていた。 その男の名はハリー・マッケンナ(ドナルド・サザーランド)。 ハリーはアーサーの雇い主だった。 そんなハリーから『君の上はいない。君は冷徹なマシーン。』と言われる程、アーサーの腕は完璧なものだった。 その日は報酬を受け取りハリーとは別れた。

おすすめ度
【ニュー・シネマ・パラダイス】何度でも大切な何かを思い出させてくれる名作映画

【ニュー・シネマ・パラダイス】何度でも大切な何かを思い出させてくれる名作映画

舞台は戦後のイタリア。サルヴァトーレ・カシオ(ジャック・ペラン)の母を名乗る女性は息子がいるであろう場所に電話を掛け続けていた。息子のサルヴァトーレは30年前に故郷のシチリアを離れて一度も帰って来ていなかった。サルヴァトーレはローマ在住の映画監督だ。ある晩、ローマの自宅に帰宅したサルヴァトーレは母から電話が掛かって来たことを妻から聞いた。そして、アルフレード(フィリップ・ノワレ)が亡くなったことも聞いた。その晩サルヴァトーレはベッドの上で幼い頃の日々を思い出していた。

おすすめ度
【パフューム】文句なしの★★★★★映画!映像から感じられないはずの香りが届いた

【パフューム】文句なしの★★★★★映画!映像から感じられないはずの香りが届いた

舞台は18世紀のフランス、パリ。稀に見る才能とおぞましい行為で知られた男がいた。男の名はジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、香水調香師だった。そして今、ジャンは処刑されようとしていた。ジャンは両手・両足に枷を付けられ、首輪を付けられた状態で民衆の前へと引きづられた。ジャンの罪は数々の殺人だった。国民はジャンを憎んだ。

おすすめ度
【ボーダーライン】麻薬戦争の今を描いた臨場感溢れる映像に釘付けに

【ボーダーライン】麻薬戦争の今を描いた臨場感溢れる映像に釘付けに

舞台は現代のアメリカ。アリゾナ州のチャンドラーにて誘拐事件の犯人の元へ奇襲攻撃が行われようとしていた。FBI捜査官であるケイト・メイサー(エミリー・ブラント)とそのチームは装甲車を使って犯人宅の壁を突き破って襲撃した。突然のFBIによる襲撃で犯人たちはそのまま降参したが、その家の一室に潜んで居た一人の男がケイトを銃撃した。その男はケイトによってその場で射殺された。

おすすめ度
【セブン(Se7en)】目を塞ぎたくなる内容だが皆が高評価を付ける名作映画

【セブン(Se7en)】目を塞ぎたくなる内容だが皆が高評価を付ける名作映画

舞台は現代のアメリカ。ウィリアム・サマセットは定年を一週間前にひかえた刑事だった。ウィリアムは何事もなく定年を迎えたいと考えていた。 しかし、"それ"を神は許さなかった。その日も街中でパトカーのサイレンが鳴り響いていた。サマセットは殺人事件の現場に向かった。

おすすめ度
【モールス】儚さと切なさと美しさが交差する最高のヴァンパイア映画

【モールス】儚さと切なさと美しさが交差する最高のヴァンパイア映画

舞台はアメリカのニューメキシコ州にある雪に閉ざされたとある田舎町。1983年3月、ロス・アラモスで50代半ばの男性が全身に大やけどを負った状態で救急車に搬送されていた。火傷は高濃度の酸を浴びたことによるものだった。顔面は原型を留めておらず、身元の分かるものはなかった。

おすすめ度
【バットマン ビギンズ】マジ最高!ここから僕のダークヒーローが生まれた!!

【バットマン ビギンズ】マジ最高!ここから僕のダークヒーローが生まれた!!

舞台はアメリカにある架空の都市、ゴッサム・シティ。これは一人の男が犯罪蔓延る街の中で"ダークナイト"になる物語。ブルース・ウェインは大富豪であるトーマス・ウェイン(ライナス・ローチ)とその妻マーサ・ウェイン(サラ・スチュワート)の一人息子として誕生した。ブルースには幼い頃古い井戸に落ち、そこでコウモリに襲われるという経験があった。その時の体験が元で"コウモリ"がブルースにとっての恐怖の象徴となった。

おすすめ度
【ディパーテッド】間違いなく神映画だから見たことないやつはこの後見ろ!!

【ディパーテッド】間違いなく神映画だから見たことないやつはこの後見ろ!!

舞台は現代のアメリカのマサチューセッツ州ボストン。マサチューセッツ州の州警察に2人の男が入署した。 一人はコリン・サリバン(マット・デイモン)。コリンはボストン南部で育った。ある時、とある商店で食事中にボストンの暗黒街のボスであるフランク・コステロ(ジャック・ニコルソン)と出会った。コステロはコリンの父親を知っていた。コリンはコステロの助力もありきちんとした教育を受けることができ、そのまま警察学校に入りエリート私服警官になる。そしてコリンは着実に階級を上げていき、ついには特別捜査班に入った。 特別捜査班の大きな目的は暗黒街のボスであるコステロを逮捕することだった。そして、コリンを州警察に入れたコステロの狙いは、敵である州警察の内部に内通者を作ることだった。

おすすめ度
【レジェンド・オブ・フォール】マジで神映画!こんなに濃い人間ドラマは他にない!!

【レジェンド・オブ・フォール】マジで神映画!こんなに濃い人間ドラマは他にない!!

トリスタン・ラドロー(ブラッド・ピット)は落ち葉の月に生まれた。それは先住民とアメリカ移民との間で戦争が起き、先住民が迫害を受けた悲しい年だった。トリスタンの母イザベルはトリスタンの出産で死にかけた。父ウィリアム(アンソニー・ホプキンス)にとって三人の息子の中でもトリスタンが一番のお気に入りだった。軍の大佐だったウィリアムは先住民を救おうとしたが、無駄だった。そしてウィリアムは軍隊から身を引き、不条理な戦争から離れて自然に囲まれたモンタナの地で静かに暮らし始めた。トリスタンには兄のアルフレッド(エイダン・クイン)と弟のサミュエル(ヘンリー・トーマス)という兄弟がいた。末っ子のサミュエルは長男のアルフレッド、そして次男のトリスタンにとって宝物のような存在だった。

おすすめ度
【ダークナイト】”完成度ヤバイ” 間違いなくバットマンシリーズの最高作

【ダークナイト】”完成度ヤバイ” 間違いなくバットマンシリーズの最高作

舞台はアメリカにある架空の都市、ゴッサム・シティ。犯罪こそ耐えない街だったが、そこには富豪のブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)扮するゴッサム・シティの裏のヒーロー、バットマンが居て、夜の闇に紛れながら犯罪者達を捕まえていった。ある日ゴッサム・シティ銀行をピエロのマスクをかぶった集団が襲った。その集団は金を奪った後に裏切り合い、そして味方同士で殺し合った。そして、その最後に残った男はジョーカーだった。

おすすめ度
【最強のふたり】爆笑して泣いて最後には心が澄み渡る最高の映画だった!

【最強のふたり】爆笑して泣いて最後には心が澄み渡る最高の映画だった!

真っ直ぐな目をした黒人の青年は静かに車のハンドルを握っていた。そして助手席には顔色は良くないが黒人の青年と同じくらい真っ直ぐな目をした初老の男が静かに座っていた。黒人の青年は車の速度を上げ、どんどんと他の車を追い抜いていった。気付けば安全運転とは言えない黒人の青年が運転するその車をパトカーが追跡するようになっていた。黒人青年『"逃げ切る"に100ユーロ。』初老の男性『乗った。』黒人の青年『行くぜ。』

おすすめ度
【アメリカン・スナイパー】見ないと絶対後悔する映画だから死ぬ前に見とけ!

【アメリカン・スナイパー】見ないと絶対後悔する映画だから死ぬ前に見とけ!

舞台はアメリカ。クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)はテキサス州に生まれた。クリスは弟のジェフと共にキリスト教徒である厳格な父に育てられた。父はクリスに狩猟を教え、強い男に育てようとしていた。父は言った。『人間には3種類ある。"羊" , "番犬" , "狼"だ。"悪など存在しない"と思う連中は悪が訪れた時、自身を守れない。彼らは"羊"だ。そして捕食者は弱者を暴力で餌食にする。彼らは"狼"だ。そして、群れを守るため圧倒的な力を駆使する者。狼と戦う類まれな者、彼らは"番犬"だ。父さんは"羊"は育てない。"狼"は厳しく罰する。だが家族は守る。弟が誰かに襲われいじめられたらやっつける許可を与える。お前は番犬だ。』

おすすめ度
【グラディエーター】間違いなくベスト映画ランキングトップ3に入る映画!!

【グラディエーター】間違いなくベスト映画ランキングトップ3に入る映画!!

舞台は西暦180年、賢帝『マルクス・アウレリウス(リチャード・ハリス)』の統治する古代ローマ。平民出身ながら将軍にまで上り詰めたマキシマス・デシムス・メレディウス(ラッセル・クロウ)は、遠征先のゲルマニアの地で、今まさに蛮族を相手に決戦を行おうとしていた。戦を避けるためにローマ軍から蛮族へと送られた使者は蛮族の手によって首を切り落とされ、それと同時にローマ軍と蛮族との戦が始まることとなった。そしてそれはゲルマニアとローマの12年にも及ぶ長い戦いに終止符を打つものだった。

おすすめ度