話題の最新映画

テルマ(THELMA)

2018年10月20日公開

テルマ(THELMA)

舞台は現代のノルウェー。 とある雪深い森に、トロン(ヘンリク・ラファエルソン)はまだ幼い娘のテルマを連れて狩りにやって来た。 しばらくするとトロンの目の前にやがて目の前に一頭の鹿が現れる。 ライフルを構えるトロン。 しかし、トロンのライフルは、獲物ではなく娘に向けられるのだった。 それから数年の時が過ぎた。 その数年は幼かったテルマ(エイリ・ハーボー)を美しく成長させた。 テルマは、オスロの大学に通うため一人暮らしを始める。 もともと人里離れた小さな田舎町で育ったテルマ。 両親は信仰心が深く厳格な人だった。 そんなテルマにとってひとり暮らしはとても新鮮なものだった。

映画の注目度
5
マイ・プレシャス・リスト(CARRIE PILBY)

2018年10月20日公開

マイ・プレシャス・リスト(CARRIE PILBY)

舞台は現代のアメリカ・ニューヨーク。マンハッタンで暮らすキャリー(ベル・パウリ―)はハーバード大学を飛び級で卒業したIQ185の超天才少女。誰もが憧れる学歴を持ちながら友達も仕事もなく、読書ばかりしているコミュ力0の屈折女子だった。そんなキャリーの唯一の話し相手はセラピストの先生、ペトロフ(ネイサン・レイン)だった。ある日、ペトロフはキャリーにあるリストを渡した。そのリストの中には6つの課題が記されていた。ペットを飼う。子供の頃好きだったことをする。デートに出かける。友達を作る。1番お気に入りの本を読む。誰かと大晦日を過ごす。『何の為に必要なの?』

映画の注目度
4.5
ナミヤ雑貨店の奇蹟 -再生-(Namiya)

2018年10月13日公開

ナミヤ雑貨店の奇蹟 -再生-(Namiya)

2017年大晦日。とある女性企業家を襲撃し、無人の雑貨店に逃げ込んだ3人組の孤児シャオボー、トントン、アジェ。古びた時計の針が新年を告げると、シャッターの郵便受けから突如手紙が落ちてくる。それは何と1993年から届いた手紙。その雑貨店はかつて、店主が手紙による悩み相談をすることで有名だった。まさかと思いながらも返事を出してみると、また1993年から手紙が届く。3人は店主に成りすまし悩み相談を始めることに。それは25年の時を超えて、それぞれの人生を変えていくこととなる。

映画の注目度
4
ここは退屈迎えに来て

2018年10月19日公開

ここは退屈迎えに来て

舞台は現代の日本。 2013年、何者かになる為に東京を出て10年、27歳になった「私」は夢をあきらめて地元に戻ってきた。 今は実家に住みながらフリーのライターの仕事をしている。 ライターの仕事では「私」と同じく東京から戻ってきた40歳のカメラマンの「須賀」と組むことが多く、ウマも合うのだった。 ある日、ラーメン屋の取材を終えた後に高校時代の友人サツキと合流し、その際に高校時代のみんなの憧れの存在だった「椎名くん」の話になり、会いに行くことになった。 「椎名くん」は今自動車学校で教官をしていた。 その途中で立ち寄ったゲームセンターで、偶然地元に帰省中だった新保と再会した。 その後自動車学校で椎名と再会した「私」は椎名から衝撃的な言葉を告げられるのだった…。

映画の注目度
4.5
ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス(Westwood: Punk, Icon, Activist)

2018年12月28日公開

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス(Westwood: Punk, Icon, Activist)

2016 年 2 月、ロンドン・ファッション・ウィークの秋冬ショーを控えた前夜。 ヴィヴィアン・ウ エストウッドのアトリエでは、最終チェックに追われるデザイナーとスタッフたちがいた。 デザ イナーであるヴィヴィアン…

映画の注目度
4
話題の最新映画の一覧

おすすめ映画紹介サイト管理人コラム

超快適( Д )寝ながら映画を見たいならPS4が超絶便利!!

こんにちは、おすすめ映画の紹介サイトの管理人です(^^)/ 今日から不定期でコラムを書いていきます。 早速ですが、今回は【寝ながら映画を見よう】というテーマの元、コラムの方を書いていきたいと思います(*^^*) 僕自身自他共に認めるほどのイ…

おすすめ映画の紹介サイトのコラム一覧

おすすめ映画一覧

【あん】優しい明日を願いたくなる樹木希林最後の主演映画!これだけは絶対に見ろ!

私たちも陽のあたる社会で生きたい 私達はこの世を見るために、聞くために、生まれてきた。 だとすれば何かになれなくても私達は… 私達には生きる意味があるのよ。 舞台は現代の日本。 千太郎(永瀬正敏)はどら焼きやの『どら春』の雇われ店長として働…

おすすめ度
5
【ニュー・シネマ・パラダイス】何度でも大切な何かを思い出させてくれる名作映画

舞台は戦後のイタリア。サルヴァトーレ・カシオ(ジャック・ペラン)の母を名乗る女性は息子がいるであろう場所に電話を掛け続けていた。息子のサルヴァトーレは30年前に故郷のシチリアを離れて一度も帰って来ていなかった。サルヴァトーレはローマ在住の映画監督だ。ある晩、ローマの自宅に帰宅したサルヴァトーレは母から電話が掛かって来たことを妻から聞いた。そして、アルフレード(フィリップ・ノワレ)が亡くなったことも聞いた。その晩サルヴァトーレはベッドの上で幼い頃の日々を思い出していた。

おすすめ度
5
【愛のむきだし】この映画やべぇ٩(๑`^´๑)۶237分の長い映画だがすげぇ良かった

舞台は現代の日本。 ユウこと本田悠(西島隆弘)はクリスチャンの家庭に生まれ育った。 ユウが幼い頃、母は言った。 ユウの母『お母さん旅に出るかも。このマリア様みたいなお嫁さんを見つけるのよ。そうしたら私に紹介して。』 その時に母にもらったマリア像がユウの宝物になった。 そしてその後すぐに母は病院のベッドを出て永い旅に出た。

おすすめ度
4.5
【パフューム】文句なしの★★★★★映画!映像から感じられないはずの香りが届いた

舞台は18世紀のフランス、パリ。稀に見る才能とおぞましい行為で知られた男がいた。男の名はジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、香水調香師だった。そして今、ジャンは処刑されようとしていた。ジャンは両手・両足に枷を付けられ、首輪を付けられた状態で民衆の前へと引きづられた。ジャンの罪は数々の殺人だった。国民はジャンを憎んだ。

おすすめ度
5
【ボーダーライン】麻薬戦争の今を描いた臨場感溢れる映像に釘付けに

舞台は現代のアメリカ。アリゾナ州のチャンドラーにて誘拐事件の犯人の元へ奇襲攻撃が行われようとしていた。FBI捜査官であるケイト・メイサー(エミリー・ブラント)とそのチームは装甲車を使って犯人宅の壁を突き破って襲撃した。突然のFBIによる襲撃で犯人たちはそのまま降参したが、その家の一室に潜んで居た一人の男がケイトを銃撃した。その男はケイトによってその場で射殺された。

おすすめ度
4.5
【カメラを止めるな!】2018年最も話題になったのも納得出来る映画

舞台は現代の日本。とある山奥にある廃墟で映画の撮影が行われていた。そこで撮影されていた映画は"ゾンビ映画"だった。その映画の監督である日暮隆之(濱津隆之)は"本物"を追求していた。この映画のヒロインを演じていた松本逢花(秋山ゆずき)の演技に本物の恐怖が感じられず次々とNGを出した。そして42テイクに達した頃、事件が起きた。撮影班に本物のゾンビが襲いかかって来たのだった。

おすすめ度
4.5
【舟を編む】言葉の大切さを改めて考えさせられる超おすすめ映画

舞台は1990年代の日本。玄武書房で38年辞書一筋だった編集者の荒木公平(小林薫)が定年を迎えようとしていた。辞書監修者でもある松本朋佑教授(加藤剛)は荒木の仕事ぶりに惚れ込んでいた。それが故に荒木の定年退職を引き留めようとしていた。松本『どうしても辞めるつもりですか?』 荒木『はあ…』松本『荒木くんが居なければ私は辞書を作れません。』

おすすめ度
4.5
【うさぎドロップ】見終わる頃に子どもが欲しくなるほっこりおすすめ映画

舞台は現代の日本。ある日、河地大吉(松山ケンイチ)の元に母親の幸子(風吹ジュン)から連絡が入った。大吉の祖父である鹿賀宋一(平井雅士)が亡くなったということだった。大吉は喪服を着て祖父の実家に向かった。家の玄関を開けて中に入ると、親戚達立て続けに驚いた顔で大吉を見詰めた。 大吉は亡くなった祖父の宋一と瓜二つだった。

おすすめ度
4
【セブン(Se7en)】目を塞ぎたくなる内容だが皆が高評価を付ける名作映画

舞台は現代のアメリカ。ウィリアム・サマセットは定年を一週間前にひかえた刑事だった。ウィリアムは何事もなく定年を迎えたいと考えていた。 しかし、"それ"を神は許さなかった。その日も街中でパトカーのサイレンが鳴り響いていた。サマセットは殺人事件の現場に向かった。

おすすめ度
5
【もらとりあむタマ子】明日を頑張る元気をもらえる超おすすめ映画!

舞台は現代の日本。坂井タマ子(前田敦子)、23歳。タマ子は大学を卒業後就職もせず父親が一人で暮らす実家に戻り、ぐうたら毎日を過ごしていた。タマ子は父親と2人で暮らしていた。たまこの父、坂井善次(康すおん)はスポーツショップを営んでいた。タマ子は早起きが苦手で、父親が店に立ち始めたころに起きてきて朝食を食べた。食事をしながらテレビを点け、テレビは点けっ放しのまま今度は漫画を読み始め。タマ子が朝食で使った食器の片付けはもちろん、家事全般を父親が行っていた。

おすすめ度
4.5
【イヴの時間 劇場版】今まで見た中ではNo.1のアンドロイドアニメ映画!

高校生の向坂リクオ(福山潤)の家にもサミィ(田中理恵)という名のハウスロイドがいた。サミィは若い女性を模した人間型ロボット、アンドロイドだった。ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。(「ロボット工学三原則」第2条より)サミィも例外ではなく、サミィの主人であるリクオの命令には忠実に従った。その頃日本国内での食料自給率が8割を超えていた。それはロボットを労働力として導入した結果によるものだった。

おすすめ度
4.5
【デトロイト・メタル・シティ】原作に負けないシュールな笑いが健在

舞台は現代の日本。根岸崇一(松山ケンイチ)は故郷の大分県犬飼を出て、東京の大学に進学した。根岸には夢があった。それは東京でオシャレな部屋に住んで、オシャレな生活をして、小沢健二やコーネリアスのようなオシャレなミュージシャンになることだった。根岸にとって東京は新鮮な街だった。見るもの、見る人全てが根岸には"オシャレ"に映った。大学ではポップミュージック研究会に所属した。そして所属するメンバーの前で宣言した。

おすすめ度
4.5
【モールス】儚さと切なさと美しさが交差する最高のヴァンパイア映画

舞台はアメリカのニューメキシコ州にある雪に閉ざされたとある田舎町。1983年3月、ロス・アラモスで50代半ばの男性が全身に大やけどを負った状態で救急車に搬送されていた。火傷は高濃度の酸を浴びたことによるものだった。顔面は原型を留めておらず、身元の分かるものはなかった。

おすすめ度
4.5
【バットマン ビギンズ】マジ最高!ここから僕のダークヒーローが生まれた!!

舞台はアメリカにある架空の都市、ゴッサム・シティ。これは一人の男が犯罪蔓延る街の中で"ダークナイト"になる物語。ブルース・ウェインは大富豪であるトーマス・ウェイン(ライナス・ローチ)とその妻マーサ・ウェイン(サラ・スチュワート)の一人息子として誕生した。ブルースには幼い頃古い井戸に落ち、そこでコウモリに襲われるという経験があった。その時の体験が元で"コウモリ"がブルースにとっての恐怖の象徴となった。

おすすめ度
4.5
【ディパーテッド】間違いなく神映画だから見たことないやつはこの後見ろ!!

舞台は現代のアメリカのマサチューセッツ州ボストン。マサチューセッツ州の州警察に2人の男が入署した。 一人はコリン・サリバン(マット・デイモン)。コリンはボストン南部で育った。ある時、とある商店で食事中にボストンの暗黒街のボスであるフランク・コステロ(ジャック・ニコルソン)と出会った。コステロはコリンの父親を知っていた。コリンはコステロの助力もありきちんとした教育を受けることができ、そのまま警察学校に入りエリート私服警官になる。そしてコリンは着実に階級を上げていき、ついには特別捜査班に入った。 特別捜査班の大きな目的は暗黒街のボスであるコステロを逮捕することだった。そして、コリンを州警察に入れたコステロの狙いは、敵である州警察の内部に内通者を作ることだった。

おすすめ度
5
【レジェンド・オブ・フォール】マジで神映画!こんなに濃いドラマは他にない!!

トリスタン・ラドロー(ブラッド・ピット)は落ち葉の月に生まれた。それは先住民とアメリカ移民との間で戦争が起き、先住民が迫害を受けた悲しい年だった。トリスタンの母イザベルはトリスタンの出産で死にかけた。父ウィリアム(アンソニー・ホプキンス)にとって三人の息子の中でもトリスタンが一番のお気に入りだった。軍の大佐だったウィリアムは先住民を救おうとしたが、無駄だった。そしてウィリアムは軍隊から身を引き、不条理な戦争から離れて自然に囲まれたモンタナの地で静かに暮らし始めた。トリスタンには兄のアルフレッド(エイダン・クイン)と弟のサミュエル(ヘンリー・トーマス)という兄弟がいた。末っ子のサミュエルは長男のアルフレッド、そして次男のトリスタンにとって宝物のような存在だった。

おすすめ度
5
【ピンポン(PING PONG)】いつ見ても何度見ても褪せることのない最高の映画

舞台は現代の日本。オカッパが伸びたような髪型をしたペコこと星野裕(窪塚洋介)は橋の手すりの上に立っていた。そこに巡回中の警官がやって来てペコに声を掛けた。巡査『少年!なんだかわかんないけど人生そんなに捨てたもんじゃないぞ。オジサンなんか、競馬で負けて今60円しか持ってないけど、頑張って生きてんだ…。キミが死んだらお父さんとお母さんどう思うかな?』ペコ『死ぐ?』巡査『シグ?ああ、そうさ。死ぐきになりゃ何だって出来るさ。』ペコ『死がねーよ。空飛ぶんだ。月にタッチするなんてわけないよ。』巡査『うんうん。その意気だ!』ペコ『I can fly!』巡査『Yes!You can fly!』

おすすめ度
5
【僕だけがいない街】原作が最高だった(>

舞台は2006年の東京。売れない漫画家として活動する一方、アルバイトで生計を立てていた藤沼悟(藤原竜也)。悟は何度も時間が巻き戻る、自身がリバイバルと呼ぶ特殊な能力を持っていた。それは直後に発生する事件や事故などの悪い出来事の原因が取り除かれるまで、それが発生する直前の場面に何度でもタイムリープするというものだった。その日はピザ屋のバイトで配達に出ているときだった。突然"それ"はやって来た。またか… 配達用のバイクで走行中だった悟は周りを見渡してリバイバルの原因、"違和感"を探る。そして、対向車線のトラックの運転手の様子がおかしいことに気付いた。リバイバル後、悟はトラックが事故を起こす横断歩道で信号待ちをしていた小学生に『悪いんだけど、今日は別のところから渡ってくれるかな?』と声を掛け、まずは小学生の危機を回避した。

おすすめ度
4
【ダークナイト】”完成度ヤバイ” 間違いなくバットマンシリーズの最高作

舞台はアメリカにある架空の都市、ゴッサム・シティ。犯罪こそ耐えない街だったが、そこには富豪のブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)扮するゴッサム・シティの裏のヒーロー、バットマンが居て、夜の闇に紛れながら犯罪者達を捕まえていった。ある日ゴッサム・シティ銀行をピエロのマスクをかぶった集団が襲った。その集団は金を奪った後に裏切り合い、そして味方同士で殺し合った。そして、その最後に残った男はジョーカーだった。

おすすめ度
5
【最強のふたり】爆笑して泣いて最後には心が澄み渡る最高の映画だった!

真っ直ぐな目をした黒人の青年は静かに車のハンドルを握っていた。そして助手席には顔色は良くないが黒人の青年と同じくらい真っ直ぐな目をした初老の男が静かに座っていた。黒人の青年は車の速度を上げ、どんどんと他の車を追い抜いていった。気付けば安全運転とは言えない黒人の青年が運転するその車をパトカーが追跡するようになっていた。黒人青年『"逃げ切る"に100ユーロ。』初老の男性『乗った。』黒人の青年『行くぜ。』

おすすめ度
5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4