話題の最新映画

サスぺリア(suspiria)

2019年1月25日公開

サスぺリア(suspiria)

女たちが踊る夜、禁断の宴がはじまる。 1977年、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団<マルコス・ダンス・カンパニー>に入団するため、スージー・バニヨンは夢と希望を胸にボストンからやってきた。 初のオーディションでカリスマ振付師マダム・…

映画の注目度
4
荒野にて(Lean on Pete)

2019年4月12日公開

荒野にて(Lean on Pete)

小さい頃に母が家出し、愛情深いがその日暮らしの父と二人暮らしのチャーリー。家計を助けるために競走馬リーン・オン・ピートの世話をする仕事を始めるが、ある日父が愛人の夫に殺されてしまう。15歳で天涯孤独になってしまったチャーリーの元に、追い打ちをかけるように届いたのは、試合に勝てなくなったピートの殺処分の決定通知だった。チャーリーは一人馬を連れ、唯一の親戚である叔母を探す旅に出るが、彼らの前に広がるのは、あまりに広い荒野だった―。

映画の注目度
4.5
ビリーブ 未来への大逆転(On the Basis of Sex)

2019年3月22日公開

ビリーブ 未来への大逆転(On the Basis of Sex)

貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグは、「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学する。 1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人で、女子トイレすらなかった。 家事も育児も分担…

映画の注目度
4
グリーンブック(Green Book)

2019年3月1日公開

グリーンブック(Green Book)

1962年、天才黒人ピアニストは、粗野なイタリア系用心棒を雇い、<黒人専用ガイドブック>グリーンブックを頼りに、あえて差別の色濃い南部へのコンサートツアーへ繰り出す。旅の終わりに待ち受ける奇跡とは?

映画の注目度
4.5
テルマ(THELMA)

2018年10月20日公開

テルマ(THELMA)

舞台は現代のノルウェー。 とある雪深い森に、トロン(ヘンリク・ラファエルソン)はまだ幼い娘のテルマを連れて狩りにやって来た。 しばらくするとトロンの目の前にやがて目の前に一頭の鹿が現れる。 ライフルを構えるトロン。 しかし、トロンのライフルは、獲物ではなく娘に向けられるのだった。 それから数年の時が過ぎた。 その数年は幼かったテルマ(エイリ・ハーボー)を美しく成長させた。 テルマは、オスロの大学に通うため一人暮らしを始める。 もともと人里離れた小さな田舎町で育ったテルマ。 両親は信仰心が深く厳格な人だった。 そんなテルマにとってひとり暮らしはとても新鮮なものだった。

映画の注目度
5
話題の最新映画の一覧

おすすめ映画紹介サイト管理人コラム

超快適(  Д )寝ながら映画を見たいならPS4が超絶便利!!

超快適( Д )寝ながら映画を見たいならPS4が超絶便利!!

こんにちは、おすすめ映画の紹介サイトの管理人です(^^)/ 今日から不定期でコラムを書いていきます。 早速ですが、今回は【寝ながら映画を見よう】というテーマの元、コラムの方を書いていきたいと思います(*^^*) 僕自身自他共に認めるほどのイ…

おすすめ映画の紹介サイトのコラム一覧

おすすめ映画一覧

【イップ・マン 序章(葉問)】ストーリーもカンフーアクションもNo.1の映画!

【イップ・マン 序章(葉問)】ストーリーもカンフーアクションもNo.1の映画!

舞台は第二次世界大戦直前の1935年、中国の広東省仏山市。そこには数多くの武術道場があった。そこで暮らすイップ・マン(ドニー・イェン)も武道を志す者だった。イップ・マンの元には門下生はおろか道場すら持っていなかった。イップ・マンは特にこれといった仕事もせずに幼い子供のチュンと妻のウィンシン(リン・ホン)の3人で暮らしていたが、それでも生活には何不自由していなかった。ある日、イップ・マンのもとにリュウ(チェン・チーフイ)という男がやって来た。その男は廖家拳という道場主でイップ・マンの噂を聞いてやって来た。イップ・マンは詠春拳の達人だった。

おすすめ度
4.5
【ぼくのエリ 200歳の少女】12歳の初恋がこれまでのヴァンパイア映画の流れを変えた!

【ぼくのエリ 200歳の少女】12歳の初恋がこれまでのヴァンパイア映画の流れを変えた!

舞台は現代のスウェーデン、ストックホルムの郊外。12歳のオスカー(カーレ・ヘーデブラント)は母親と二人で暮らしていた。オスカーには友達が居らず、学校でもいじめられていた。学校から帰宅するとオスカーはナイフで自宅の外に生えている木を刺したりして鬱憤を晴らしていた。ある雪の積もった日、オスカーの住むアパートの隣に父親と娘の二人家族が引っ越して来た。その頃オスカーの住む地域では猟奇的な殺人事件が起きていた。犯人は被害者を殺害後その遺体から血を抜き取っていた。

おすすめ度
5
【言の葉の庭】雨が好きになれる優しい想いの溢れる映画だった

【言の葉の庭】雨が好きになれる優しい想いの溢れる映画だった

舞台は雲が太陽を隠し続ける梅雨の時期の日本の東京。高校一年生の秋月 孝雄(入野自由)の雨の日の日課は一限目をサボってとある庭園に行き靴のデザインを考えていた。そんな孝雄はある時、いつものように授業の一限目をサボって庭園に行くと、そこには先客が居た。その先客はオフィス服を来た女性で、朝っぱらから缶ビールを飲んでいた。

おすすめ度
4.5
【いま、会いにゆきます】やっぱりまた号泣したやんけ٩(๑`^´๑)۶

【いま、会いにゆきます】やっぱりまた号泣したやんけ٩(๑`^´๑)۶

舞台は現代の日本。その日は秋穂佑司の誕生日だった。高校生の佑司はいつものように起床し、朝食の準備をしていた。朝食の準備は佑司の担当だった。父親の巧と二人で暮らす佑司。母親は佑司が小学生の頃に他界した。朝食の準備をしているとバイクに乗ったケーキ屋の店主がやって来た。 店主は佑司の誕生日に佑司の誕生ケーキを持って来てくれたのだった。ある年から毎年のように届けられた誕生ケーキだったが、ケーキ屋は店を閉めることを決意し、同時にそれが佑司に届けられた最後の誕生ケーキだった。

おすすめ度
4.5
【アリーキャット】窪塚洋介と降谷建志(Dragon Ash)の異色のコンビ映画

【アリーキャット】窪塚洋介と降谷建志(Dragon Ash)の異色のコンビ映画

舞台は現代の日本。ある時、朝 秀晃(窪塚洋介)は自分の家によく出入りする野良猫の『マル』を探していた。マルは飼い猫ではなかったが自由に外で生き、頻繁に秀晃の元へ顔を出していた。どこを探しても見付からないマル。心配になった秀晃は保健所に足を運んだ。すると保健所から金髪のモヒカンの青年、梅津 郁巳がマルを抱えて出てきた。その姿を見て秀晃は『マル!よかったな!命拾いしたな、お前!』と言って連れて帰ろうとした。しかし、郁巳は秀晃の言葉を聞いても無視をしてそのまま立ち去ろうとした。そんな郁巳の姿を見て苛立った秀晃は『おいおい、ちょっと待ってよ。そいつ、俺の猫なんだよ。ずっと探してて。な、マル!』と言った。

おすすめ度
4
ビザンチウム(Byzantium)

ビザンチウム(Byzantium)

舞台は現代のヨーロッパ。 エレノア(シアーシャ・ローナン)は誰にも言えない秘密を抱えていた。 そして"嘘を吐いて生きること"に嫌気が差していた。 誰にも理解はされない。 でもその秘密を誰かに話したいとずっと思っていた。 エレノアはその秘密を物語にした。 それは真実の物語だった。 言葉にすることが出来ない"自分"という存在を誰かに話したかったのだ。

おすすめ度
4
【メカニック】全てにおいて完璧な殺し屋を描いた唯一無二のアクション映画

【メカニック】全てにおいて完璧な殺し屋を描いた唯一無二のアクション映画

舞台は現代のアメリカ。 ある日、南米コロンビアの麻薬王の男が自宅のプールで事故死したことがニュースとなった。 実際にはそれは事故ではなく暗殺だった。 それは殺人の痕跡を一切残さないプロの殺し屋、アーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)によるものだった。 仕事を終え、アーサーは車椅子に乗って男と会う約束をしていた。 その男の名はハリー・マッケンナ(ドナルド・サザーランド)。 ハリーはアーサーの雇い主だった。 そんなハリーから『君の上はいない。君は冷徹なマシーン。』と言われる程、アーサーの腕は完璧なものだった。 その日は報酬を受け取りハリーとは別れた。

おすすめ度
4.5
【阪急電車 片道15分の奇跡】は心をほっこりさせてくれる優しい映画

【阪急電車 片道15分の奇跡】は心をほっこりさせてくれる優しい映画

舞台は現代の日本。兵庫県宝塚市の阪急宝塚駅から兵庫県西宮市の西宮北口駅、阪急今津駅を結ぶ阪急今津線区間で繰り広げられる不思議な出会いとそこで生まれるヒューマンドラマ。ある日、高瀬 翔子(中谷美紀)はカフェに居た。眼の前には3年以上付き合っている婚約者の健介(鈴木亮平)、そして翔子の部下の比奈子(安めぐみ)が座っていた。そして翔子は健介の口からとんでもない言葉を耳にした。翔子『どういうことよ、これ?』健介『せやから、翔子…別れよ。別れてくれ。』

おすすめ度
4.5
【あん】優しい明日を願いたくなる樹木希林最後の主演映画!これだけは絶対に見ろ!

【あん】優しい明日を願いたくなる樹木希林最後の主演映画!これだけは絶対に見ろ!

舞台は現代の日本。 千太郎(永瀬正敏)はどら焼きやの『どら春』の雇われ店長として働いていた。 従業員は千太郎だけで、一人で切り盛りしていた。 どら春のどら焼きはそこまで評判は良くなく、人気店といわれるようなお店ではなかった。 それでも頻繁に食べに来る常連の学生達が居た。

おすすめ度
5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4