近未来系のおすすめ映画一覧

【実写映画】銀魂(GINTAMA)

【実写映画】銀魂(GINTAMA)

舞台は宇宙人との攘夷戦争後の地球。江戸時代の末期にやって来たのは黒船ではなく宇宙船だった。そして、天人(あまんと)と呼ばれる宇宙人による台頭と廃刀令によって侍の世は衰退の一途をたどった。かつてその天人との攘夷戦争で白夜叉と恐れられた男だった『坂田銀時(小栗旬)』も 今はかぶき町での『万屋銀ちゃん』という何でも屋を営み、人々から依頼される様々な仕事で生計を立てていた。万屋メンバーの志村新八(菅田将暉)は以前勤務していたファミレスで天人に絡まれているところを坂田銀時に助けられ、その姿に惚れて万屋を手伝うようになった。

おすすめ度
4
ターミネーター2(Terminator 2)

ターミネーター2(Terminator 2)

ターミネーターの死闘から10年の月日が流れ、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)は精神病院に隔離させられていた。『数年後に核戦争で世界が滅亡する』と訴えた事がきっかけで警察に精神病患者として入れられたのだ。もちろんサラとターミネーターが死闘を繰り広げた話も数年後に核戦争が起こるという話など誰も信じることはなかった。そんなサラには子供がいる。ターミネーターとの死闘を繰り広げる中で出会ったカイルとの間に授かった子供である。

おすすめ度
4.5
時計じかけのオレンジ(A Clockwork Orange)

時計じかけのオレンジ(A Clockwork Orange)

舞台は近未来のイギリス、ロンドン。近未来のロンドンは治安が悪く、若者の暴力と性犯罪、そしてギャングが溢れていた。アレックス(マルコム・マクダウェル)はそんな時代背景を映し出したようにそして暴力、性行為を生き甲斐としたベートーヴェンを愛する15歳の少年だ。同時に街に蔓延るギャングチームの一つ、そこでリーダーを勤めていた。ギャングチームのリーダーとしてのアレックスの行動は2つ。暴力と強姦行為。

おすすめ度
4