家族愛系のおすすめ映画一覧

【アメリカン・スナイパー】見ないと絶対後悔する映画だから死ぬ前に見とけ!

【アメリカン・スナイパー】見ないと絶対後悔する映画だから死ぬ前に見とけ!

舞台はアメリカ。クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)はテキサス州に生まれた。クリスは弟のジェフと共にキリスト教徒である厳格な父に育てられた。父はクリスに狩猟を教え、強い男に育てようとしていた。父は言った。『人間には3種類ある。"羊" , "番犬" , "狼"だ。"悪など存在しない"と思う連中は悪が訪れた時、自身を守れない。彼らは"羊"だ。そして捕食者は弱者を暴力で餌食にする。彼らは"狼"だ。そして、群れを守るため圧倒的な力を駆使する者。狼と戦う類まれな者、彼らは"番犬"だ。父さんは"羊"は育てない。"狼"は厳しく罰する。だが家族は守る。弟が誰かに襲われいじめられたらやっつける許可を与える。お前は番犬だ。』

おすすめ度
5
【永い言い訳】簡単に言葉に出来ないけど絶対に見るべきおすすめ映画

【永い言い訳】簡単に言葉に出来ないけど絶対に見るべきおすすめ映画

この映画『永い言い訳』も超おすすめ映画なので紹介します!久しぶりに最近のヒューマンドラマ系の邦画を探していた時に見付けた映画で、とりあえず映画のタイトル『永い言い訳』っていうのが気になって見ました(^^)その時の気分的には『何も考えずに見れる映画が見たい』って感じだったんですけど、内容的にはちょっとだけ重かったです。見ている途中で、以前紹介した映画『恋人たち』を連想させるものがありました(´・ω・`) あそこまで重たい内容ではなかったんですけど、永い言い訳の最初の幸夫と夏子の夫婦のやり取りが見ていて何だかブルーな気持ちになりました(´・ω・`)

おすすめ度
4.5
【東京タワー オカンとボクと、時々、オトン】何度見てもやっぱり泣ける

【東京タワー オカンとボクと、時々、オトン】何度見てもやっぱり泣ける

『この話は東京に弾き飛ばされ故郷に戻っていったオトンと、同じようにやって来て帰るところを失ってしまったボクと、そして一度もそんな幻想を抱いたこともなかったのに東京に連れてこられて戻ることも、帰ることも出来ず、東京タワーのふもとで眠りについた…

おすすめ度
5
【壬生義士伝】死ぬまでに一度は見ろ!こんなに号泣した映画は初めて

【壬生義士伝】死ぬまでに一度は見ろ!こんなに号泣した映画は初めて

舞台は維新後の明治。元新選組三番隊組長だった斎藤一(佐藤浩市)はある夜、熱を出した孫の実(みのる)をおんぶしてとある町医者の元を訪ねた。 夜分遅い時間ではあったが、その病院は斎藤達を快く迎え入れてくれた。その病院を営む夫婦は翌日の引っ越しに備えて片付けをしている途中だった。斎藤が足を運んだ病院は少し変わった病院で、代金をもらう代わりに酒で患者のことを診てくれるという変わった院長が居る病院だった。院長の名前は大野千明(村田雄浩)。中年の男性だ。病院について孫の実(みのる)はすぐに注射器を見付けてしまう。『ちくちく嫌!ちくちく嫌!』と言って逃げ出そうとし、そのまま机にぶつかった実は机の上の写真たてを床に落としてしまう。

おすすめ度
5
【チチを撮りに】ブラマヨの吉田さんも絶賛の笑って泣けるおすすめ映画

【チチを撮りに】ブラマヨの吉田さんも絶賛の笑って泣けるおすすめ映画

舞台は現代の日本。東村家は長女の葉月(柳英里紗)と次女の呼春(松原菜野花)と母の佐和(渡辺真起子)の3人家族だ。父の正高(二階堂智)は14年前に別の女性と出ていってしまった。20歳でフリーターの葉月は昼キャバのバイトをしながら一人暮らしを夢見ていた。17歳で女子高生の呼春は留年しない程度に学校をサボりながらのんびりとした毎日を過ごしていた。金融関係のエリートである母の佐和は働きながら二人の娘を養っていた。ある日、母の佐和は二人の娘に『大事な話がある』と言い、自宅に集合をかけた。大量のお寿司を持って帰宅した母からはきっと良い話が聞けると期待した二人だったが、佐和の口から出た言葉は意外なものだった。佐和「お父さん死ぬんだって…。」

おすすめ度
4
万引き家族

2018年6月8日公開

万引き家族

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。

おすすめ度
5
【おくりびと】”涙腺崩壊” 号泣間違いなし!納棺師を描いたおすすめ映画

【おくりびと】”涙腺崩壊” 号泣間違いなし!納棺師を描いたおすすめ映画

小林大悟(本木雅弘)はプロのチェロ奏者で妻でウェブデザイナーの美香(広末涼子)と2人で幸せに暮らしていた。しかし、ある日突然大悟の所属するオーケストラはオーナーに解散を言い渡される。プロの奏者として恥じないように大金を叩いてチェロを購入したばかりの大悟だったが、そのオーナーからの解散の申し渡しに絶望してしまう。残ったのは大金を叩いて購入したチェロのローン…。 途方にくれる大悟は妻の美香に職を失ったことを話す。前向きな性格の美香だが、そんな美香が何よりも驚いたのはチェロの値段だった…。

おすすめ度
5
【たそがれ清兵衛】”号泣” 愛に生きた侍を描いたおすすめ時代劇映画

【たそがれ清兵衛】”号泣” 愛に生きた侍を描いたおすすめ時代劇映画

『悲しませたくない人が、いますか?』『誰を、幸せにしたいですか?』『たたかうお父さんがほんとうに好きですか?』『誰といると、心が素直になれますか?』『たそがれ時、誰と会いたくなりますか?』『愛することより大切なことって、なんですか?』

おすすめ度
5
【アルマゲドン(Armageddon)】号泣する映画といえばこれ

【アルマゲドン(Armageddon)】号泣する映画といえばこれ

21世紀を目前にしたある日、宇宙で人工衛星を修理していたスペースシャトルが大破した。原因は『流星雨』だった。その後世界中各地で流星雨が降り注ぎ壊滅的な被害を与えると同時に世界中の人々に恐怖を植え付けた。そして、更なる調査の結果アメリカのテキサス州に匹敵するほどの大きさの巨大なアステロイド(小惑星)が地球に接近中で、計算では18日後に地球に衝突し、人類滅亡が免れないという事が分かった。

おすすめ度
4.5
[感動の実話]キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンは映画を好きになるきっかけだった

[感動の実話]キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンは映画を好きになるきっかけだった

「2匹のねずみがクリームの入ったバケツに落っこちてしまいました。1匹はあっさり諦めておぼれてしまいました。でも、もう1匹は…諦めませんでした。必死にもがいた挙句、ついにクリームがバターになってそこから這い出すことができたのでした。」

おすすめ度
5
【オーロラの彼方へ】優しかった亡き父と話せたオーロラの降る夜の奇跡

【オーロラの彼方へ】優しかった亡き父と話せたオーロラの降る夜の奇跡

舞台は1999年、世紀末のアメリカのニューヨーク。その年ニューヨークでは『オーロラ』が観測されていた。刑事のジョン・サリバン(ジェームズ・カヴィーゼル)は結婚を約束した女性と同棲していたのだが、意見の相違から恋人と別れることとなってしまった。ジョンはやるせない気持ちとなり、野球場でビールを飲み、オーロラを眺めながら30年前に殉職した父の事を思い出していた。

おすすめ度
4.5
【幸せのちから(The Pursuit of Happyness)】 明日を頑張る勇気をくれる最高の映画

【幸せのちから(The Pursuit of Happyness)】 明日を頑張る勇気をくれる最高の映画

これは事業に失敗した男がどん底の状態から成功をつかむという、真実に基づいたお話―。舞台は1981年のアメリカのサンフランシスコ。クリス・ガードナー(ウィル・スミス)は妻のリンダ(タンディ・ニュートン)と息子のクリストファー(ジェイデン・スミス)と3人で暮らしていた。そんなクリスの仕事は新型医療機器のセールスマン。骨密度を測る新型の機器だが、値段も効果であまり需要がなかった。

おすすめ度
4
【シンデレラマン(Cinderella Man)】家族への愛に思わず胸が熱くなる

【シンデレラマン(Cinderella Man)】家族への愛に思わず胸が熱くなる

舞台は世界恐慌と言われていた時代のアメリカ。ジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)は港で日雇い労働の仕事をしながら妻のメイ(レネー・ゼルウィガー)と3人の子供を養っていた。ジムの仕事は過酷な肉体労働の中日当をもらい何とか生活をしていたが仕事をもらえない事の方が多かった。そんな世界恐慌と言われた時代、そして日雇い労働の仕事をするジムの家庭は決して裕福といえるものではなかった。そんなジムはプロのライセンスを持つ元プロボクサーだった。

おすすめ度
4.5
【オールド・ルーキー(The Rookie)】メジャーリーガーは子供の頃からの夢だった…

【オールド・ルーキー(The Rookie)】メジャーリーガーは子供の頃からの夢だった…

舞台はアメリカのテキサス州、ビッグ・レイク。そこで高校教師として働き、野球部の顧問を勤めるジム・モリス(デニス・クエイド)。35歳のジムには妻が居て、子供も3人居て、高校教師という仕事も充実していて幸せな生活を送っていた。ジムは以前マイナーリーグでプレイをしていた元プロの野球選手だった。

おすすめ度
4.5
ウォルター少年と、夏の休日 – 少年とおじいさんの忘れられない夏

ウォルター少年と、夏の休日 – 少年とおじいさんの忘れられない夏

舞台は1960年代、アメリカのテキサス。母親と2人で暮らしていたウォルター(ハーレイ・ジョエル・オスメント)は孤独を感じていた。父親は居らず、顔も知らない。母親のメイは(キーラ・セジウィック)自分のことばかり考える人間でだらしなく、いつも男に依存してはその騙されていた。ある日、母親のメイは速記の専門学校に通うという理由でウォルターを大伯父(メイの伯父)に預けることにした。ウォルターはその大伯父たちには一度も会ったことがなかった。

おすすめ度
4.5
【アイ・アム・サム】 7歳の知能の父が愛娘を取り返す為に奮闘する姿に涙

【アイ・アム・サム】 7歳の知能の父が愛娘を取り返す為に奮闘する姿に涙

7歳児と同じレベルの知能しかないサム(ショーン・ペン)。そんなサムはスターバックスで働きながら、娘のルーシーを育て、周りの助けを借りながら二人で楽しく暮らしていた。ルーシーの母親はホームレスだったようで、ルーシー(ダコタ・ファニング)を生むとすぐに姿を消してしまったのだった。それから7歳になったルーシーはとうとう父親サムの知能レベルを追い越してしまう。サムは7歳にになったルーシーの勉強を見てあげる事も勉強も教えてあげる事も出来ない。

おすすめ度
4.5