ヒューマンドラマ映画

ヒューマンドラマ

ヒューマンドラマとは人間味、人間らしさを主題として描いたドラマを意味する映画のカテゴリです。このページでは管理人が最も好きなジャンルである『ヒューマンドラマ』というジャンルの中でおすすめ映画(ここでは邦画)を厳選して紹介していきます。名作映画と呼ばれるものから、そこまでメジャーではない映画など、このサイトを閲覧して頂き、『この映画観てみたい』、『もう一度この映画観たい』と思ってもらえるようなおすすめ映画を紹介します!

おすすめヒューマンドラマ一覧

【あん】優しい明日を願いたくなる樹木希林最後の主演映画!これだけは絶対に見ろ!

私たちも陽のあたる社会で生きたい 私達はこの世を見るために、聞くために、生まれてきた。 だとすれば何かになれなくても私達は… 私達には生きる意味があるのよ。 舞台は現代の日本。 千太郎(永瀬正敏)はどら焼きやの『どら春』の雇われ店長として働…

おすすめ度
5
【愛のむきだし】この映画やべぇ٩(๑`^´๑)۶237分の長い映画だがすげぇ良かった

舞台は現代の日本。 ユウこと本田悠(西島隆弘)はクリスチャンの家庭に生まれ育った。 ユウが幼い頃、母は言った。 ユウの母『お母さん旅に出るかも。このマリア様みたいなお嫁さんを見つけるのよ。そうしたら私に紹介して。』 その時に母にもらったマリア像がユウの宝物になった。 そしてその後すぐに母は病院のベッドを出て永い旅に出た。

おすすめ度
4.5
【舟を編む】言葉の大切さを改めて考えさせられる超おすすめ映画

舞台は1990年代の日本。玄武書房で38年辞書一筋だった編集者の荒木公平(小林薫)が定年を迎えようとしていた。辞書監修者でもある松本朋佑教授(加藤剛)は荒木の仕事ぶりに惚れ込んでいた。それが故に荒木の定年退職を引き留めようとしていた。松本『どうしても辞めるつもりですか?』 荒木『はあ…』松本『荒木くんが居なければ私は辞書を作れません。』

おすすめ度
4.5
【うさぎドロップ】見終わる頃に子どもが欲しくなるほっこりおすすめ映画

舞台は現代の日本。ある日、河地大吉(松山ケンイチ)の元に母親の幸子(風吹ジュン)から連絡が入った。大吉の祖父である鹿賀宋一(平井雅士)が亡くなったということだった。大吉は喪服を着て祖父の実家に向かった。家の玄関を開けて中に入ると、親戚達立て続けに驚いた顔で大吉を見詰めた。 大吉は亡くなった祖父の宋一と瓜二つだった。

おすすめ度
4
ここは退屈迎えに来て

2018年10月19日公開

舞台は現代の日本。 2013年、何者かになる為に東京を出て10年、27歳になった「私」は夢をあきらめて地元に戻ってきた。 今は実家に住みながらフリーのライターの仕事をしている。 ライターの仕事では「私」と同じく東京から戻ってきた40歳のカメラマンの「須賀」と組むことが多く、ウマも合うのだった。 ある日、ラーメン屋の取材を終えた後に高校時代の友人サツキと合流し、その際に高校時代のみんなの憧れの存在だった「椎名くん」の話になり、会いに行くことになった。 「椎名くん」は今自動車学校で教官をしていた。 その途中で立ち寄ったゲームセンターで、偶然地元に帰省中だった新保と再会した。 その後自動車学校で椎名と再会した「私」は椎名から衝撃的な言葉を告げられるのだった…。

おすすめ度
5
【永い言い訳】簡単に言葉に出来ないけど絶対に見るべきおすすめ映画

この映画『永い言い訳』も超おすすめ映画なので紹介します!久しぶりに最近のヒューマンドラマ系の邦画を探していた時に見付けた映画で、とりあえず映画のタイトル『永い言い訳』っていうのが気になって見ました(^^)その時の気分的には『何も考えずに見れる映画が見たい』って感じだったんですけど、内容的にはちょっとだけ重かったです。見ている途中で、以前紹介した映画『恋人たち』を連想させるものがありました(´・ω・`) あそこまで重たい内容ではなかったんですけど、永い言い訳の最初の幸夫と夏子の夫婦のやり取りが見ていて何だかブルーな気持ちになりました(´・ω・`)

おすすめ度
4.5
【東京タワー オカンとボクと、時々、オトン】何度見てもやっぱり泣ける

『この話は東京に弾き飛ばされ故郷に戻っていったオトンと、同じようにやって来て帰るところを失ってしまったボクと、そして一度もそんな幻想を抱いたこともなかったのに東京に連れてこられて戻ることも、帰ることも出来ず、東京タワーのふもとで眠りについた…

おすすめ度
5
【チチを撮りに】ブラマヨの吉田さんも絶賛の笑って泣けるおすすめ映画

舞台は現代の日本。東村家は長女の葉月(柳英里紗)と次女の呼春(松原菜野花)と母の佐和(渡辺真起子)の3人家族だ。父の正高(二階堂智)は14年前に別の女性と出ていってしまった。20歳でフリーターの葉月は昼キャバのバイトをしながら一人暮らしを夢見ていた。17歳で女子高生の呼春は留年しない程度に学校をサボりながらのんびりとした毎日を過ごしていた。金融関係のエリートである母の佐和は働きながら二人の娘を養っていた。ある日、母の佐和は二人の娘に『大事な話がある』と言い、自宅に集合をかけた。大量のお寿司を持って帰宅した母からはきっと良い話が聞けると期待した二人だったが、佐和の口から出た言葉は意外なものだった。佐和「お父さん死ぬんだって…。」

おすすめ度
4
万引き家族

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。

おすすめ度
5
【百円の恋】は絶対に見ろ!こんな名作映画は滅多にないぞ!!

舞台は現代の日本。32歳ニートの一子(安藤サクラ)は実家で引きこもり生活をしていた。毎日特に何をするでもなく、自堕落な日々を送っていた。そんなある日、妹の二三子が旦那と離婚し息子の太郎を連れて実家に戻って来た。一子の実家は弁当屋さんだった。離婚して戻って来た二三子は実家の弁当屋を手伝うようになり、一子は特に何をするでもなく、二三子に子供の太郎とゲームばかりしていた。そんな一子を見て二三子は「太郎のことをいいおもちゃだと思ってるんだからあいつ。本当どうすんの?マジで。甘やかし過ぎだよ、母さん。」と不満を口にするようになっていった。そして一子もそんな二三子に対して「太郎は母親と違って性格いいわ。」と口にするのだった。

おすすめ度
4.5
【南極料理人】おすすめのほっこり系映画 | いい意味で何も考えずに見れる

舞台は1997年の日本、ではなく南極のドームふじ基地。昭和基地から1,000km程離れた高地にあるドームふじ。そこは南国の中でも特別に寒い場所で、ペンギンもアザラシもウイルスのような微生物も存在することはなく、居るのは8人のおじさん達だった。

おすすめ度
4.5
ビブリア古書堂の事件手帖

鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。過去の出来事から本が読めなくなった五浦大輔(野村周平)がその店に現れたのには、理由があった。亡き祖母の遺品の中から出てきた、夏目漱石の「それから」に記された著者のサインの真偽を確かめるためだ。磁器のように滑らかな肌と涼やかな瞳が美しい若き店主の篠川栞子(黒木華)は極度の人見知りだったが、ひとたび本を手にすると、その可憐な唇からとめどなく知識が溢れだす。さらに彼女は、優れた洞察力と驚くべき推理力を秘めていた。栞子はたちどころにサインの謎を解き明かし、この本には祖母が死ぬまで守った秘密が隠されていると指摘する。それが縁となって古書堂で働き始めた大輔に、栞子は太宰治の「晩年」の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると打ち明ける。

おすすめ度
5
【横道世之介(A Story of Yonosuke)】温かい涙を流したい貴方へおすすめの映画

舞台は1987年の東京。長崎の港町で生まれた横道世之介(高良健吾)は大学進学の為に上京した。東京には従兄の清志(黒田大輔)と同郷の友人の小沢(柄本佑)がいた。大学の説明会ではすぐに倉持一平(池松壮亮)、阿久津唯(朝倉あき)という友人が出来た。お人好しで人からの頼みを断れない世之介はサークルの勧誘でサンバに誘われ、そのまま流されるままにサンバサークルに入ることになった。ある日、同郷の友人である小沢と喫茶店で待ち合わせした世之介。そこで年上の妖艶な魅力を持つ千春(伊藤歩)と知り合う。世之介は千春からアルバイトをしないかと持ちかけられちょっとした仕事を引き受けることに。別れ際に千春は世之介に『私が惚れるくらいのいい男になりなさい』と伝え、それを聞いた世之介はその日から千春にゾッコンとなる。

おすすめ度
4.5
【恋人たち】”嗚咽注意” 通り魔に最愛の妻を殺された男の人生

アツシ(篠原篤)の仕事は橋梁点検。東京都心部の到るところにある高速道路の下で橋梁のコンクリートに耳をくっつけ、ハンマーで叩いてその音を聞きながら破損場所を探す。アツシは耳が良く、機械よりも正確に破損箇所を探し当てることが出来る。そんなアツシだったが、実は健康保険も払えない程の貧しい生活を送っている。理由は精神疾患によるもので、毎日仕事に通えているわけではなかったのだ。アツシが心を病んでしまったのはある事件が原因だった。アツシは寸年前に愛する妻を通り魔殺人事件で失っていた。事件の犯人は精神鑑定の末に措置入院となってしまった。その怒り、悲しみをどこにぶつけたら良いのか、やるせない気持ちになってしまうアツシ。それからというものアツシは精神を病んでしまい、無気力になり、どこか社会を憎んでいた。そして、それと同時に犯人を"殺したい"という願いをもっていた。ある日、健康保険の件で役所に行ったアツシ。しかし、役所はそんなアツシを取り合ってくれなかった。

おすすめ度
4.5
【カラスの親指】阿部寛主演の詐欺師をテーマにしたほっこりサスペンス映画

舞台は現代の日本。タケこと武沢竹夫(阿部寛)とその相棒の入川鉄巳(村上ショージ)は詐欺で生計を立てていた。タケはもともと娘と二人で暮らす会社勤めの普通のサラリーマンだった。しかし、闇金からの取り立てでサラリーマンの職を失うこととなってしまうのだった。借金のきっかけは8年前に会社の同僚の保証人になったことだった。すぐに会社の同僚は飛んでしまい、その借金をタケが背負うこととなった。少しずつではあるが、タケは肩代わりとなったその借金を返済していた。しかし、相手は闇金業者。タケは闇金業者の良いようにやられてしまい、結局返済する借金の金額はどんどん膨れ上がっていったのだった。そして闇金からの追い打ちはそれだけで終わることはなかった。ある日、タケは闇金業者に『自分のところで働け。』といわれ、そのまま闇金業者で働くこととなった。

おすすめ度
4.5
【おくりびと】”涙腺崩壊” 号泣間違いなし!納棺師を描いたおすすめ映画

小林大悟(本木雅弘)はプロのチェロ奏者で妻でウェブデザイナーの美香(広末涼子)と2人で幸せに暮らしていた。しかし、ある日突然大悟の所属するオーケストラはオーナーに解散を言い渡される。プロの奏者として恥じないように大金を叩いてチェロを購入したばかりの大悟だったが、そのオーナーからの解散の申し渡しに絶望してしまう。残ったのは大金を叩いて購入したチェロのローン…。 途方にくれる大悟は妻の美香に職を失ったことを話す。前向きな性格の美香だが、そんな美香が何よりも驚いたのはチェロの値段だった…。

おすすめ度
5
【自虐の詩】伝説の4コマ漫画が映画化 | 阿部寛主演のおすすめドラマ映画

子供の時から何かと不幸続きの幸江(中谷美紀)。幼い頃に母は蒸発し、父親と二人で生活していた。幸江のたったひとつの願いは"幸せ"になること。ただ、幸江が些細な幸せを手にした瞬間にそれ以上の不幸がやって来るのだった。ある日、幸江の父の家康(西田敏行)は銀行強盗の罪で警察に逮捕されてしまうのだった。そんなことがあり、幸江はとうとう一人になってしまい学校でも浮いた存在となってしまうのだった。それから10年以上の歳月が流れ、幸江は小さな幸せを掴もうとしていた。幸江には内縁の夫、イサオ(阿部寛)が居たのだった。幸江は大阪の西成の"飛田荘"という小さなアパートでイサオと二人で暮らしていた共に暮らすイサオは無職のチンピラで毎日仕事もせず酒とギャンブルに明け暮れる毎日。幸江はそんなイサオを養うために町の中華料理店でパートの毎日。

おすすめ度
4
【MOON CHILD(ムーンチャイルド)】hydeとGacktが出演する隠れた名作映画

経済破綻の結果崩壊した日本。結果沢山の日本国民は海外に移住する事になった。アジアの片隅にある『マレッパ』には沢山の移民が集まった。そんなマレッパは人種間の抗争をはじめ、殺人、犯罪が絶えない国となった。その結果沢山のストリートチルドレンが生まれる。

おすすめ度
3.5
【映画 深夜食堂】食堂を舞台にほっこりな日常を描いたドラマ映画

舞台は新宿・花園界隈の路地裏にある『めしや』という名の飲食店。マスターが一人で切り盛りしている、カウンターだけの小さな飯屋である。営業時間は深夜0時から朝の7時頃まで。深夜にしか営業しないことから、常連からは『深夜食堂』と呼ばれている。

おすすめ度
4
  1. 1
  2. 2