邦画映画

邦画

これだけは見ないと絶対に損する、死ぬまでに絶対に見て欲しいおすすめの邦画を紹介します!日本での映画上映が初めて行われたのは1896年、年号がまだ明治だった時だと言われています。その後第二次世界大戦が終わり1951年にGHQによる映画検閲が廃止となり、当時アメリカ占領時代に禁止となっていた時代劇映画などを上映できるようになりました。そして日本映画も世界中で評価されるようになり、黒澤明や山田洋次、北野武などといった名監督が世界にその名を轟かせるまでになりました。

おすすめ邦画一覧

【あん】優しい明日を願いたくなる樹木希林最後の主演映画!これだけは絶対に見ろ!

私たちも陽のあたる社会で生きたい 私達はこの世を見るために、聞くために、生まれてきた。 だとすれば何かになれなくても私達は… 私達には生きる意味があるのよ。 舞台は現代の日本。 千太郎(永瀬正敏)はどら焼きやの『どら春』の雇われ店長として働…

おすすめ度
5
【愛のむきだし】この映画やべぇ٩(๑`^´๑)۶237分の長い映画だがすげぇ良かった

舞台は現代の日本。 ユウこと本田悠(西島隆弘)はクリスチャンの家庭に生まれ育った。 ユウが幼い頃、母は言った。 ユウの母『お母さん旅に出るかも。このマリア様みたいなお嫁さんを見つけるのよ。そうしたら私に紹介して。』 その時に母にもらったマリア像がユウの宝物になった。 そしてその後すぐに母は病院のベッドを出て永い旅に出た。

おすすめ度
4.5
【カメラを止めるな!】2018年最も話題になったのも納得出来る映画

舞台は現代の日本。とある山奥にある廃墟で映画の撮影が行われていた。そこで撮影されていた映画は"ゾンビ映画"だった。その映画の監督である日暮隆之(濱津隆之)は"本物"を追求していた。この映画のヒロインを演じていた松本逢花(秋山ゆずき)の演技に本物の恐怖が感じられず次々とNGを出した。そして42テイクに達した頃、事件が起きた。撮影班に本物のゾンビが襲いかかって来たのだった。

おすすめ度
4.5
【舟を編む】言葉の大切さを改めて考えさせられる超おすすめ映画

舞台は1990年代の日本。玄武書房で38年辞書一筋だった編集者の荒木公平(小林薫)が定年を迎えようとしていた。辞書監修者でもある松本朋佑教授(加藤剛)は荒木の仕事ぶりに惚れ込んでいた。それが故に荒木の定年退職を引き留めようとしていた。松本『どうしても辞めるつもりですか?』 荒木『はあ…』松本『荒木くんが居なければ私は辞書を作れません。』

おすすめ度
4.5
【うさぎドロップ】見終わる頃に子どもが欲しくなるほっこりおすすめ映画

舞台は現代の日本。ある日、河地大吉(松山ケンイチ)の元に母親の幸子(風吹ジュン)から連絡が入った。大吉の祖父である鹿賀宋一(平井雅士)が亡くなったということだった。大吉は喪服を着て祖父の実家に向かった。家の玄関を開けて中に入ると、親戚達立て続けに驚いた顔で大吉を見詰めた。 大吉は亡くなった祖父の宋一と瓜二つだった。

おすすめ度
4
【もらとりあむタマ子】明日を頑張る元気をもらえる超おすすめ映画!

舞台は現代の日本。坂井タマ子(前田敦子)、23歳。タマ子は大学を卒業後就職もせず父親が一人で暮らす実家に戻り、ぐうたら毎日を過ごしていた。タマ子は父親と2人で暮らしていた。たまこの父、坂井善次(康すおん)はスポーツショップを営んでいた。タマ子は早起きが苦手で、父親が店に立ち始めたころに起きてきて朝食を食べた。食事をしながらテレビを点け、テレビは点けっ放しのまま今度は漫画を読み始め。タマ子が朝食で使った食器の片付けはもちろん、家事全般を父親が行っていた。

おすすめ度
4.5
【イヴの時間 劇場版】今まで見た中ではNo.1のアンドロイドアニメ映画!

高校生の向坂リクオ(福山潤)の家にもサミィ(田中理恵)という名のハウスロイドがいた。サミィは若い女性を模した人間型ロボット、アンドロイドだった。ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。(「ロボット工学三原則」第2条より)サミィも例外ではなく、サミィの主人であるリクオの命令には忠実に従った。その頃日本国内での食料自給率が8割を超えていた。それはロボットを労働力として導入した結果によるものだった。

おすすめ度
4.5
【デトロイト・メタル・シティ】原作に負けないシュールな笑いが健在

舞台は現代の日本。根岸崇一(松山ケンイチ)は故郷の大分県犬飼を出て、東京の大学に進学した。根岸には夢があった。それは東京でオシャレな部屋に住んで、オシャレな生活をして、小沢健二やコーネリアスのようなオシャレなミュージシャンになることだった。根岸にとって東京は新鮮な街だった。見るもの、見る人全てが根岸には"オシャレ"に映った。大学ではポップミュージック研究会に所属した。そして所属するメンバーの前で宣言した。

おすすめ度
4.5
【ピンポン(PING PONG)】いつ見ても何度見ても褪せることのない最高の映画

舞台は現代の日本。オカッパが伸びたような髪型をしたペコこと星野裕(窪塚洋介)は橋の手すりの上に立っていた。そこに巡回中の警官がやって来てペコに声を掛けた。巡査『少年!なんだかわかんないけど人生そんなに捨てたもんじゃないぞ。オジサンなんか、競馬で負けて今60円しか持ってないけど、頑張って生きてんだ…。キミが死んだらお父さんとお母さんどう思うかな?』ペコ『死ぐ?』巡査『シグ?ああ、そうさ。死ぐきになりゃ何だって出来るさ。』ペコ『死がねーよ。空飛ぶんだ。月にタッチするなんてわけないよ。』巡査『うんうん。その意気だ!』ペコ『I can fly!』巡査『Yes!You can fly!』

おすすめ度
5
【僕だけがいない街】原作が最高だった(>

舞台は2006年の東京。売れない漫画家として活動する一方、アルバイトで生計を立てていた藤沼悟(藤原竜也)。悟は何度も時間が巻き戻る、自身がリバイバルと呼ぶ特殊な能力を持っていた。それは直後に発生する事件や事故などの悪い出来事の原因が取り除かれるまで、それが発生する直前の場面に何度でもタイムリープするというものだった。その日はピザ屋のバイトで配達に出ているときだった。突然"それ"はやって来た。またか… 配達用のバイクで走行中だった悟は周りを見渡してリバイバルの原因、"違和感"を探る。そして、対向車線のトラックの運転手の様子がおかしいことに気付いた。リバイバル後、悟はトラックが事故を起こす横断歩道で信号待ちをしていた小学生に『悪いんだけど、今日は別のところから渡ってくれるかな?』と声を掛け、まずは小学生の危機を回避した。

おすすめ度
4
【凶悪】マジでトラウマ級だった…。人の狂気に泣きたくなる(´・ω・`)

獄中からの告白 先生と呼ばれた男 死の錬金術師 衝撃の真実…。これは実話をもとにした物語である…。舞台は20世紀が終わろうとしていた頃の日本。藤井修一(山田孝之)はスクープ雑誌「明潮24」の記者である事件を追っていた。それは後に上申書殺人事件(茨城上申書殺人事件)として世間で騒ぎになった事件だった。藤井は風俗嬢ストーカー殺人事件を追っていた。事件から三ヶ月が経ち世間からも忘れ去られそうになっていた事件だったが、その後も被害者の家族を訪ねたりと、何かを感じた藤井はその事件を掘り起こそうとしていた。 当然、編集長の芝川(村岡希美)からは止められた。藤井『例の風俗嬢ストーカー殺人事件、やっぱりもう一度被害者の目線で記事にしたいんだ。』 芝川『無理無理。あの事件はもう三ヶ月も前に終わってるのよ?あの事件はもうネタにならないの。』事件から三ヶ月も経過した記事を今更書いたところで数字を取ることは出来ない。

おすすめ度
4.5
【STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ】今作であの謎が解き明かされるぞ…

舞台は2011年の東京。岡部倫太郎達がCERNをハッキングし、タイムリープマシンを完成させ、シュタインズ・ゲート世界線にたどり着き1年が経過しようとしていた。岡部倫太郎がシュタインズ・ゲート世界戦にたどり着くまでに様々な出来事があった。永遠にも感じられる時間を過ごし、様々な人の想い無に帰してきた。それでも、ようやく辿り着いたシュタインズ・ゲート世界戦は椎名まゆりも生存し、牧瀬紅莉栖も生存し、前の世界線では敵対関係であった天王寺(Mr.ブラウン)や桐生萌郁とも良好な関係を築け、第三次世界大戦も起こらない唯一無二の世界戦だった。タイムマシンや裏組織などと以前のような非凡な体験をすることはなくなったが、それでも平穏で幸せな日々を満喫できていた。ある日、牧瀬紅莉栖がアメリカから秋葉原に1年ぶりに帰って来た。空港に到着した紅莉栖をまゆりと漆原るかが迎えに行った。岡部は天王寺のお遣いで秋葉原に出かけていた。

おすすめ度
4
ここは退屈迎えに来て

舞台は現代の日本。 2013年、何者かになる為に東京を出て10年、27歳になった「私」は夢をあきらめて地元に戻ってきた。 今は実家に住みながらフリーのライターの仕事をしている。 ライターの仕事では「私」と同じく東京から戻ってきた40歳のカメラマンの「須賀」と組むことが多く、ウマも合うのだった。 ある日、ラーメン屋の取材を終えた後に高校時代の友人サツキと合流し、その際に高校時代のみんなの憧れの存在だった「椎名くん」の話になり、会いに行くことになった。 「椎名くん」は今自動車学校で教官をしていた。 その途中で立ち寄ったゲームセンターで、偶然地元に帰省中だった新保と再会した。 その後自動車学校で椎名と再会した「私」は椎名から衝撃的な言葉を告げられるのだった…。

おすすめ度
5
【シン・ゴジラ】マジで最高だった!今ならAmaznのプライムビデオで見れるぞ

舞台は現代の日本、東京。ある日、アクラアラインの上り線のトンネルにて崩壊事故が発生した。原因は東京湾の羽田沖の海面で大量の水蒸気が火山の噴火のように噴出したことによるものだった。海底火山の噴火か、局地地震の発生か…。政府は急遽災害本部を設置し、住民を避難させた。 住民が避難する間も海面からは海水の沸騰により水蒸気が立ち上り続けていた。政府の会議の場で、内閣官房副長官の矢口蘭堂(長谷川博己)は水中で発生した熱源を正体不明の生物の可能性があると告げた。根拠はインターネット上に上がっていた撮影動画だった。しかし、周りの人間はバカバカしいと矢口のことを相手にはしなかった。しばらくして、矢口の発言は"現実"となる。突如海面から巨大な生物の尻尾のようなものが出現した。 政府の役人は一時会議を中断し、テレビに釘付けになる。

おすすめ度
4.5
【永い言い訳】簡単に言葉に出来ないけど絶対に見るべきおすすめ映画

この映画『永い言い訳』も超おすすめ映画なので紹介します!久しぶりに最近のヒューマンドラマ系の邦画を探していた時に見付けた映画で、とりあえず映画のタイトル『永い言い訳』っていうのが気になって見ました(^^)その時の気分的には『何も考えずに見れる映画が見たい』って感じだったんですけど、内容的にはちょっとだけ重かったです。見ている途中で、以前紹介した映画『恋人たち』を連想させるものがありました(´・ω・`) あそこまで重たい内容ではなかったんですけど、永い言い訳の最初の幸夫と夏子の夫婦のやり取りが見ていて何だかブルーな気持ちになりました(´・ω・`)

おすすめ度
4.5
【東京タワー オカンとボクと、時々、オトン】何度見てもやっぱり泣ける

『この話は東京に弾き飛ばされ故郷に戻っていったオトンと、同じようにやって来て帰るところを失ってしまったボクと、そして一度もそんな幻想を抱いたこともなかったのに東京に連れてこられて戻ることも、帰ることも出来ず、東京タワーのふもとで眠りについた…

おすすめ度
5
【つみきのいえ】マジで泣ける(´・ω・’) 見る人を優しい気持ちに…

思い出と共に壁一面に飾られた数多くの写真達。自宅の窓を開ければ周り一面が海。海に沈んでしまった町で孤独に暮らす背中の曲がったおじいさん。床のハッチを開ければ下の階に繋がる。そして下の階(部屋)は全て海に沈んでしまっている。そこに釣り糸を垂らし、釣れた魚がおじいさんのご飯となる。見もしないテレビを点けて、飲み物をグラスに注ぎ孤独な食事をする。日に日に水面は増していき、朝起きた時には海水が床にまで来ていることも…。その度におじいさんは積み木を重ねるようにどんどん上へ上へと階(部屋)を増築していく。ある日おじいさんは普段から愛用していたパイプを下の階(海中)に落としてしまう。大切なパイプを拾いに行くためにおじいさんは潜水服を着て海の中へ…

おすすめ度
5
【壬生義士伝】死ぬまでに一度は見ろ!こんなに号泣した映画は初めて

舞台は維新後の明治。元新選組三番隊組長だった斎藤一(佐藤浩市)はある夜、熱を出した孫の実(みのる)をおんぶしてとある町医者の元を訪ねた。 夜分遅い時間ではあったが、その病院は斎藤達を快く迎え入れてくれた。その病院を営む夫婦は翌日の引っ越しに備えて片付けをしている途中だった。斎藤が足を運んだ病院は少し変わった病院で、代金をもらう代わりに酒で患者のことを診てくれるという変わった院長が居る病院だった。院長の名前は大野千明(村田雄浩)。中年の男性だ。病院について孫の実(みのる)はすぐに注射器を見付けてしまう。『ちくちく嫌!ちくちく嫌!』と言って逃げ出そうとし、そのまま机にぶつかった実は机の上の写真たてを床に落としてしまう。

おすすめ度
5
【実写版 銀魂】相変わらずギリギリを攻めていてそこがいい٩(๑`^´๑)۶

舞台は宇宙人との攘夷戦争後の地球。江戸時代の末期にやって来たのは黒船ではなく宇宙船だった。そして、天人(あまんと)と呼ばれる宇宙人による台頭と廃刀令によって侍の世は衰退の一途をたどった。かつてその天人との攘夷戦争で白夜叉と恐れられた男だった『坂田銀時(小栗旬)』も 今はかぶき町での『万屋銀ちゃん』という何でも屋を営み、人々から依頼される様々な仕事で生計を立てていた。万屋メンバーの志村新八(菅田将暉)は以前勤務していたファミレスで天人に絡まれているところを坂田銀時に助けられ、その姿に惚れて万屋を手伝うようになった。

おすすめ度
4
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4