言の葉の庭(The Garden of Words)

言の葉の庭(The Garden of Words)
©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films

鳴神の少し響みて降らずとも 吾は留まらむ 妹し留めば

おすすめ度
4.5
感動する度
4.5
心に残る度
4.5

映画言の葉の庭(The Garden of Words)の予告動画

映画言の葉の庭(The Garden of Words)のストーリー(あらすじ)

舞台は雲が太陽を隠し続ける梅雨の時期の日本の東京。
高校一年生の秋月 孝雄(入野自由)の雨の日の日課は一限目をサボってとある庭園に行き靴のデザインを考えることだった。
そんな孝雄はある時、いつものように授業の一限目をサボって庭園に行くと、そこには女性の先客(花澤香菜)が居た。
その先客はオフィス服を来た女性で、朝っぱらから缶ビールを飲んでいた。

言の葉の庭(The Garden of Words)
©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films

孝雄はいつものようにノートを開いて靴のデザインを描いていた。
途中、少し気になり先客の方を観察するとあることに気付いた。
その女性はビールを飲みながらチョコレートを食べていた。
それと同時にどこか見覚えのある女性であることに気付いた。

孝雄は落とした消しゴムを拾ってもらった時に思い切って話しかけてみた。

言の葉の庭(The Garden of Words)
©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films

孝雄『あの…どこかでお会いしましたっけ?』

ビールの女性『え?いいえ…』

孝雄『すみません、人違いです。』

ビールの女性『いいえ。』

ビールの女性『…会ってるかも。』

その女性は孝雄を見て何か思い出したようだった。

ビールの女性『鳴神の少し響みてさし曇り 雨も降らぬか きみを留めむ』

そういってその女性は傘を差してどこかへ行ってしまった。

孝雄は母親と兄の三人暮らしだった。
兄は部屋を見つけてもうすぐ彼女と二人で暮らすために出ていくことになっている。
孝雄は毎晩家で靴作りをしていた。
そして、どこか焦っていた。
孝雄の夢は靴職人になることだった。

孝雄は雨が好きだった。
昔はずっと近くに感じた空の匂いを連れてきてくれる雨が好きだった。

言の葉の庭(The Garden of Words)
©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films

ある日の朝、雨模様の空に嬉しさを感じながらいつものように一限目をサボって庭園に向かった。
するとそこにはいつかのチョコレート・ビールの女性がいた。
その日も女性はビールを飲んでいた。

軽く挨拶をした孝雄はすぐにノートを取り出し靴のデザインを描き始めた。
孝雄が没頭していると女性は黙って二本目のお酒を飲み始めた。

言の葉の庭(The Garden of Words)
©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films

そんな女性の足を見ながら、その綺麗な足をモデルに高雄はデザインを考えていた。
すると突然その女性に話しかけられた。

ビールの女性『ねえ、学校はお休み?』

孝雄『会社は休みですか?』

ビールの女性『ふふっ。またサボっちゃった(^^)』

孝雄『で、朝から公園でビールを飲んでる。酒だけって、あんまり体に良くないですよ。何か食べないと。』

ビールの女性『高校生が詳しいのね。』

孝雄『あ、俺じゃなくて母が飲む人だから。』

ビールの女性『あるよ、おつまみも。』

女性はそういってバッグから大量のチョコレートを取り出した。
その塊を見て高雄は顔をしかめた。

ビールの女性『今ヤバイ女っだって思ったでしょ?いいの、どうせ人間なんてみんなどっかちょっとずつおかしいんだから。』

高雄『そうかな?』

ビールの女性『そうよ。』

しばらくして、高雄は立ち上がり学校に向かう準備をした。

ビールの女性『これから学校?』

孝雄『さすがにサボるのは雨の午前中だけにしてるんです。』

ビールの女性『じゃあまた会うかもね。もしかしたら、雨が振ったら。』

その日は関東の梅雨入りだった。

それから高雄はますます雨の日が好きになった。
雨の日になればあの女の人に会える。

雨の日の朝、高雄もその女性も庭園にいた。

ある時、孝雄はいつもの庭園で自身の夢をその女性に語った。
靴職人の話を誰かにしたのは初めてだった。

いつしか孝雄は夜眠る前と朝目を開ける瞬間に雨を祈るようになっていた。
いつの日か孝雄は庭園で会うその女性に恋をしていた。

女性の名前はユキノ(花澤香菜)。
美人で物腰の柔らかいユキノにはどこか影が感じられるのだった…。

止まない雨はない…。

言の葉の庭(The Garden of Words)
©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films

映画言の葉の庭(The Garden of Words)を見た感想・レビュー

この映画『言の葉の庭(The Garden of Words)』も超おすすめ映画なので紹介します٩(๑`^´๑)۶
入野自由さん、花澤香菜さん
この二人の声優の優しい声に胸がキュンキュンします٩(๑`^´๑)۶

この映画『言の葉の庭(The Garden of Words)』は“秒速5センチメートル”“君の名は”新海誠監督の映画作品です。
新海誠監督の映画の特徴はとにかく綺麗、映像美です!!
こんなに綺麗な映画を見ると心が癒やされます(*´∀`*)

言の葉の庭(The Garden of Words)
©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films

秒速5センチメートルの時もそうだったけど、本当に気付いたらその映像の中に吸い込まれてしまっていて、優しい音に心をくすぐられて、切ない物語に胸を締め付けられる感じが…
たまらん٩(๑`^´๑)۶

年の差12歳の恋がマジで切なすぎる(´・ω・`)
でも見ててすごく優しい気持ちになれるんだよな(´・ω・`)
恋がしたい(´・ω・`)

そして秦基博のRainが胸に突き刺さる…
٩(๑`^´๑)۶

上映時間も46分で、本当にちょっとした時間がある時にさくっと見ることが出来る映画なのでおすすめです٩(๑`^´๑)۶
是非是非疲れて帰って来た時にNetflixU-NEXTで見てみてください!
映像・言葉の中に溢れる優しさに心が癒やされます٩(๑`^´๑)۶

この映画、言の葉の庭はマジでおすすめ映画です!!
どこか人の温かさ、人肌の温もりを思い出させてくれたような優しい素敵な映画でした(*´∀`*)

映画言の葉の庭(The Garden of Words)の見どころ

新海誠の世界観・映像美

映画言の葉の庭(The Garden of Words)の監督や出演俳優について

映画タイトル

言の葉の庭(The Garden of Words)

映画言の葉の庭(The Garden of Words)の主題歌

Rain - 秦基博

映画言の葉の庭(The Garden of Words)の製作国

  • 日本

映画言の葉の庭(The Garden of Words)のジャンル

映画言の葉の庭(The Garden of Words)のキャッチコピー

"愛(あい)"よりも昔、"孤悲(こい)"のものがたり。

映画言の葉の庭(The Garden of Words)を一言で例えるなら

優しい雨が連れて来た、心に宿る恋

映画言の葉の庭(The Garden of Words)の公開年

2013年

映画言の葉の庭(The Garden of Words)の監督

新海誠

映画言の葉の庭(The Garden of Words)の主要キャスト

  • 秋月 孝雄(入野自由)
  • 雪野 百香里(花澤香菜)
  • タカオの母(平野文)
  • 秋月 翔太(前田剛)

言の葉の庭(The Garden of Words)を閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください