青春系のおすすめ映画一覧

百円の恋

百円の恋

舞台は現代の日本。32歳ニートの一子(安藤サクラ)は実家で引きこもり生活をしていた。毎日特に何をするでもなく、自堕落な日々を送っていた。そんなある日、妹の二三子が旦那と離婚し息子の太郎を連れて実家に戻って来た。一子の実家は弁当屋さんだった。離婚して戻って来た二三子は実家の弁当屋を手伝うようになり、一子は特に何をするでもなく、二三子に子供の太郎とゲームばかりしていた。そんな一子を見て二三子は「太郎のことをいいおもちゃだと思ってるんだからあいつ。本当どうすんの?マジで。甘やかし過ぎだよ、母さん。」と不満を口にするようになっていった。そして一子もそんな二三子に対して「太郎は母親と違って性格いいわ。」と口にするのだった。

おすすめ度
4.5
サニー 永遠の仲間たち

サニー 永遠の仲間たち

舞台は現在の韓国、ソウル。イム・ナミ(ユ・ホジョン)は毎日で仕事で忙しい夫と思春期の娘を持つ42歳の専業主婦だ。毎日の慌ただしい生活の中でも慌ただしくも幸せな生活を送っていた。ある日、母の入院先を訪れたイム・ナミ。夫からもらったお金で母にCHANELのバッグを購入し、プレゼントした。母の病室から出て帰ろうとする途中で患者の呻き声を聞いたナミ。そこをそっと覗くと入院患者がとても苦しそうにしていた。ふと入院者の表札に目をやるとその人物が【ハ・チュナ】という女性だと分かった。そこでナミの中に引っかかるものがあった。ナミには【ハ・チュナ】という名前に覚えがあったのだ。帰宅して卒業アルバムを手に取るナミ。アルバムの中からハ・チュナを探した。後日母の入院する病院を訪ねた際にナミは【ハ・チュナ】が入院する病院を訪れた。そこにはナミと同じ年頃の女性が居た。チュナはナミの高校時代の大親友だった。 二人は病室で25年ぶりに再開した。チュナもナミの母と同じ病院に入院しており、ガンを患っていた。病状も申告で医者からは余命2ヶ月と宣告されていたのだった。そこで二人の会話を遮るようにナミの携帯が鳴った。電話は夫からで明日から出張で2ヶ月離れることになるとのことだった。 2ヶ月はチュナの余命と同じだ。

おすすめ度
4.5
サンドロット – 僕らがいた夏 -(THE SANDLOT)

サンドロット – 僕らがいた夏 -(THE SANDLOT)

舞台は1962年のアメリカ。前年の1961年に野球の神様と言われたベイブ・ルースがアメリカ野球殿堂を果たした。当時少年達の間で流行っていたものは『野球』。話題であり、もっとも熱いスポーツであった。そして、ベイブ・ルースは当時アメリカの少年達にとっての偉人であり、憧れの存在であった。スコッティ(トム・グイリー)はその年の夏ある町に引っ越して来た。野球についての知識がほとんどなかったスコッティはなかなか友達が出来ずにいた。スコッティは母に「友達を作りなさい」と言われ草野球チームに入ることを決心する。

おすすめ度
4.5
秒速5センチメートル

秒速5センチメートル

東京のとある小学校に通う遠野貴樹(水橋研二)と篠原明里(近藤好美)。二人は親の仕事の都合で転勤が多く、二人が出会ったその小学校でも二人は転校生だった。引っ込み思案な性格も体が小さく病気がちで、外で大勢で遊ぶというよりも図書館で本を読むのが好きだった二人。そんな二人を同級生がはやし立てられることも…。

おすすめ度
4
サイモン・バーチ(Simon Birch)

サイモン・バーチ(Simon Birch)

舞台はアメリカ、メイン州にあるグレイブズタウンという田舎町。1952年、そこでか細くも大きな産声を上げたサイモン・バーチ(イアン・マイケル・スミス)。サイモンは通常の赤ん坊と異なり、体も心臓などの主要な臓器も小さかった為、サイモンを取り上げた医師は、サイモンの両親に『この子は長くは生きられない。一晩もたないかもしれない…。』と告げた。それでもサイモンは1週間、1年と必死に生き続け、まわりの人間はそれを奇跡と呼んだ。

おすすめ度
4
凶気の桜

凶気の桜

東京都渋谷で生まれ育ったナショナリストの山口(窪塚洋介)。戦後アメリカに侵略され日に日に日本らしさを失っていく自分の国に対して不満を持っていた。仲間の小菅(須藤元気)と市川(RIKIYA)の三人で『ネオ・トージョー』というナショナリストグループを作り、中途半端に悪いことをする不良を相手に…

おすすめ度
4
アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)

アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)

舞台はアメリカ。カメラマンの仕事をしているボビー(デヴィッド・モース)の元に1つの小包が届く。その中身を開けてみると見覚えのある古びたグローブと、親友だったサリーの訃報の手紙が入っていた。それを見たボビーは生まれ故郷に帰ることにした。そして、そこで少年時代、過去の出来事を思い出すことになる。それは40年程前の少年ボビーの思い出であり、同時に二度と帰って来ない夏の日々の出来事だった…。

おすすめ度
4
メリーに首ったけ(There’s Something About Mary)

メリーに首ったけ(There’s Something About Mary)

作家志望のテッド(ベン・テイラー)はとても内気で不器用な男。高校時代にメリー(キャメロン・ディアス)という女の子に恋をして以来13年間彼女の事を想い続けている。そんなテッドは高校時代に憧れのメリーから高校の卒業パーティに誘われデートをすることになった。テッドが知的障害のあるメリーの弟ウォーレンがいじめられていたところを助けたことがそのきっかけになった。

おすすめ度
4
ソラニン

ソラニン

大学を卒業してOLとして働く芽衣子(宮崎あおい)は職場での人間関係、大人に対する不満。そして将来の事など、様々な不安や不満を抱えていた。そして、社会人2年目にして会社を辞めてしまう。そんな芽衣子と同棲している種田(高良健吾)は自分の夢を諦め切れずフリーターをしながら大学時代の友人の加藤(近藤洋一)とビリー(桐谷健太)とバンド活動をしていた。

おすすめ度
4
ロッカーズ(ROCKERS)

ロッカーズ(ROCKERS)

ボーカルのジン(中村俊介)、ギターのこーちゃん(塚本高史)、ドラムのモモちゃん(岡田義徳)、ベースのガクちゃん(佐藤隆太)の4人で活動中のロックバンド『ロッカーズ』。最初はジンがギターを弾きながらボーカルも行っていたのですが、バンド活動を反対する父親にジンはギターを燃やされてしまう。

おすすめ度
4.5
スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)

スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)

作家のゴードンは『弁護士のクリストファー・チェンパーズが刺殺される』という新聞を見て、子供時代を思い出す事となる。クリストファーはゴードンが少年時代を共に過ごした親友だ。ゴードンにとっては自分が『強くなる』きっかけになった出来事がある。

おすすめ度
4.5
GO

GO

生きている。恋をする。文句あっか? 僕はアッケなく恋に落ちた。彼女はムチャクチャ可愛らしい日本人だった。 これは僕の恋に関する物語だ。

おすすめ度
4
魔女の宅急便

魔女の宅急便

舞台は第二次世界大戦のなかったヨーロッパにあるとある田舎町。13歳になった魔女の娘の『キキ(高山みなみ)』は古くからある仕来りに従い、一人前の魔女になる為に修行の旅に出ることとなった。その仕来りとは【魔女として生きることを決意したものは13歳の満月の夜に魔女のいない町に行き、そこで修行をする】という内容のものだった。

おすすめ度
4.5
ただ、君を愛してる

ただ、君を愛してる

誠人(玉木宏)は何も告げずに自分の前から居なくなってしまった静流(宮﨑あおい)に会う為にアメリカのニューヨークに来ていた。静流が誠人の前から姿を消したのは3年前だ。二人の出会いは6年前、大学1年生の入学式の日。誠人は人ごみが苦手という理由で入学式に出席せず、会場の外で校長の式辞を聞いた後、外をウロウロしていた。

おすすめ度
4
  1. 1
  2. 2