泣ける系のおすすめ映画一覧

壬生義士伝(When the Last Sword Is Drawn)

壬生義士伝(When the Last Sword Is Drawn)

舞台は維新後の明治。元新選組三番隊組長だった斎藤一(佐藤浩市)はある夜、熱を出した孫の実(みのる)をおんぶしてとある町医者の元を訪ねた。 夜分遅い時間ではあったが、その病院は斎藤達を快く迎え入れてくれた。その病院を営む夫婦は翌日の引っ越しに備えて片付けをしている途中だった。斎藤が足を運んだ病院は少し変わった病院で、代金をもらう代わりに酒で患者のことを診てくれるという変わった院長が居る病院だった。院長の名前は大野千明(村田雄浩)。中年の男性だ。病院について孫の実(みのる)はすぐに注射器を見付けてしまう。『ちくちく嫌!ちくちく嫌!』と言って逃げ出そうとし、そのまま机にぶつかった実は机の上の写真たてを床に落としてしまう。

おすすめ度
5
チチを撮りに(Capturing Dad)

チチを撮りに(Capturing Dad)

舞台は現代の日本。東村家は長女の葉月(柳英里紗)と次女の呼春(松原菜野花)と母の佐和(渡辺真起子)の3人家族だ。父の正高(二階堂智)は14年前に別の女性と出ていってしまった。20歳でフリーターの葉月は昼キャバのバイトをしながら一人暮らしを夢見ていた。17歳で女子高生の呼春は留年しない程度に学校をサボりながらのんびりとした毎日を過ごしていた。金融関係のエリートである母の佐和は働きながら二人の娘を養っていた。ある日、母の佐和は二人の娘に『大事な話がある』と言い、自宅に集合をかけた。大量のお寿司を持って帰宅した母からはきっと良い話が聞けると期待した二人だったが、佐和の口から出た言葉は意外なものだった。佐和「お父さん死ぬんだって…。」

おすすめ度
4
万引き家族

万引き家族

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。

おすすめ度
5
縞模様のパジャマの少年(The Boy in the Striped Pyjamas)

縞模様のパジャマの少年(The Boy in the Striped Pyjamas)

舞台は第二次世界大戦下のドイツ。ブルーノとその家族はベルリンで生活していた。ナチス将校の父ラルフ(デヴィッド・シューリス)と専業主婦の母エルラ(ヴェラ・ファーミガ)、そして12歳の姉マリア(カーラ・ホーガン)、そして末っ子で8歳のブルーノ(エイサ・バターフィールド)。軍人である父の昇進によりベルリンから遠く離れた見知らぬ土地へ引っ越しをすることとなった。新しい家は庭付きの広い家ではあったが、友達とも離れ離れになり、退屈な日々を送っていた。新しい土地では遊び相手も居ず退屈な毎日を過ごしていたブルーノだったが、ある日、家の窓から見える場所に農場のような場所を見付けた。そこに居る大人も子供もどこか様子が変だった。大人は作業着の下に、子供はそのまま縞模様のパジャマを着ていたのだ。それもお昼の時間帯だった。

おすすめ度
4
横道世之介(A Story of Yonosuke)

横道世之介(A Story of Yonosuke)

舞台は1987年の東京。長崎の港町で生まれた横道世之介(高良健吾)は大学進学の為に上京した。東京には従兄の清志(黒田大輔)と同郷の友人の小沢(柄本佑)がいた。大学の説明会ではすぐに倉持一平(池松壮亮)、阿久津唯(朝倉あき)という友人が出来た。お人好しで人からの頼みを断れない世之介はサークルの勧誘でサンバに誘われ、そのまま流されるままにサンバサークルに入ることになった。ある日、同郷の友人である小沢と喫茶店で待ち合わせした世之介。そこで年上の妖艶な魅力を持つ千春(伊藤歩)と知り合う。世之介は千春からアルバイトをしないかと持ちかけられちょっとした仕事を引き受けることに。別れ際に千春は世之介に『私が惚れるくらいのいい男になりなさい』と伝え、それを聞いた世之介はその日から千春にゾッコンとなる。

おすすめ度
4.5
ワンダーストラック(Wonderstruck)

ワンダーストラック(Wonderstruck)

1977年、ミネソタ州ガンフリント。12歳のベン(オークス・フェグリー)は、母エイレン(ミシェル・ウィリアムズ)を交通事故で亡くし、伯母の家で暮らしている。父とは一度も会ったことがなく、母は「いつか話すから」と言いながら、なぜか父の名前すら教えてくれなかった。ある嵐の夜、母の家に密かに戻ったベンは、「ワンダーストラック」というニューヨークの自然史博物館の本を見つける。中にはキンケイド書店のしおりが挟まれていて、「愛を込めて、ダニー」と記されていた。きっと父親だと直感して書店にかけようとした電話に、雷が落ちてしまう。病院で意識を取り戻したベンは耳が聞こえなくなっていたが、父親を探しためにニューヨークへと旅立つ。何とかキンケイド書店を見つけるが、店は閉店していた。途方にくれたベンは、声をかけてきた少年ジェイミー(ジェイデン・マイケル)のあとをついて生き、自然史博物館に辿り着く。

おすすめ度
5
hide 50th anniversary FILM 「JUNK STORY」

hide 50th anniversary FILM 「JUNK STORY」

1998年5月2日、世界中に衝撃が走った。X JAPANのギターリストでhide with spread beaverのヴォーカリストであるhideが不慮の事故により亡くなった。hideは当時、若者を始め様々な世代の人間から絶大な人気を誇るカリスマミュージシャンだった。そんな彼の死は大きなニュースとなり、テレビではhideを追悼する特別番組なども放送された。告別式は東京都中央区築地の築地本願寺で行われた。告別式には著名人史上最高の5万人という多くのファンが集まり、隅田川沿いに3キロ程のファンの列が出来た。この5万人という数は戦後最大規模で、あの美空ひばりや尾崎豊の告別式よりも多かったといわれている。『優しいロッカー』と言われていたhideは本当に多くのファンに愛されていたのだった。告別式にはX JAPANのメンバーが揃い、X JAPANのForever Loveが演奏された。その後15:40にhideの遺体は築地本願寺から出棺し、そのままhideは永遠の旅に出た。

おすすめ度
4.5
マイ・ボディガード(Man on Fire)

マイ・ボディガード(Man on Fire)

舞台は現代のメキシコ。治安の悪いメキシコでは誘拐が立派なビジネスとして成立する程だった。結果、多少経済的に余裕のある家庭は必ずボディーガードを雇うようにし、誘拐保険に加入していた。ジョン・W・クリーシーは16年もの長い間米軍の対テロ暗殺部隊に所属していた。長い間そんな生活を続けたせいか、除隊後クリーシーはアルコール中毒になってしまっていた。そんなクリーシーに友人のレイバーン(クリストファー・ウォーケン)はある少女のボディーガードをするという仕事を紹介した。

おすすめ度
5
ターミネーター2(Terminator 2)

ターミネーター2(Terminator 2)

ターミネーターの死闘から10年の月日が流れ、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)は精神病院に隔離させられていた。『数年後に核戦争で世界が滅亡する』と訴えた事がきっかけで警察に精神病患者として入れられたのだ。もちろんサラとターミネーターが死闘を繰り広げた話も数年後に核戦争が起こるという話など誰も信じることはなかった。そんなサラには子供がいる。ターミネーターとの死闘を繰り広げる中で出会ったカイルとの間に授かった子供である。

おすすめ度
4.5
グリーンマイル(The Green Mile)

グリーンマイル(The Green Mile)

108歳の『ポール(トム・ハンクス)』は老人ホームで暮らしていた。老人ホームの娯楽室で『トップ・ハット』を観たことで60年前の出来事を思い出す。1932年アメリカの刑務所で看守主任として勤めていたポール。愛する妻がいて、一人を除き部下にも恵まれていた。あえて悩みを挙げるとすれば、ずっと苦しんでいる尿道の病気だ。

おすすめ度
4.5
ソラニン

ソラニン

大学を卒業してOLとして働く芽衣子(宮崎あおい)は職場での人間関係、大人に対する不満。そして将来の事など、様々な不安や不満を抱えていた。そして、社会人2年目にして会社を辞めてしまう。そんな芽衣子と同棲している種田(高良健吾)は自分の夢を諦め切れずフリーターをしながら大学時代の友人の加藤(近藤洋一)とビリー(桐谷健太)とバンド活動をしていた。

おすすめ度
4
オーロラの彼方へ(Frequency)

オーロラの彼方へ(Frequency)

舞台は1999年、世紀末のアメリカのニューヨーク。その年ニューヨークでは『オーロラ』が観測されていた。刑事のジョン・サリバン(ジェームズ・カヴィーゼル)は結婚を約束した女性と同棲していたのだが、意見の相違から恋人と別れることとなってしまった。ジョンはやるせない気持ちとなり、野球場でビールを飲み、オーロラを眺めながら30年前に殉職した父の事を思い出していた。

おすすめ度
4.5
ALWAYS 三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日

舞台は昭和33年の東京の下町。そこでは様々な人達が暮らしていた。夕日町三丁目には『鈴木オート』という有限会社があった。社長は鈴木則文。鈴木家の大黒柱で戦争から帰還後に鈴木オートを立ち上げた。戦後は何かと苦労が絶えなかった。則文の性格は荒っぽく、何よりも手が先に出てしまい、怒ると息子の竜之介を突き飛ばしてしまったり、ガラス戸を打ち破ったりと…。

おすすめ度
4.5
ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)

ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)

舞台は1960年代、アメリカのテキサス。母親と2人で暮らしていたウォルター(ハーレイ・ジョエル・オスメント)は孤独を感じていた。父親は居らず、顔も知らない。母親のメイは(キーラ・セジウィック)自分のことばかり考える人間でだらしなく、いつも男に依存してはその騙されていた。ある日、母親のメイは速記の専門学校に通うという理由でウォルターを大伯父(メイの伯父)に預けることにした。ウォルターはその大伯父たちには一度も会ったことがなかった。

おすすめ度
4.5
ベストキッド(THE BEST KID) | 2010

ベストキッド(THE BEST KID) | 2010

小学生の少年ドレ(ジェイデン・スミス)は幼い頃に父親を亡くし、母の仕事の都合でアメリカのデトロイトから中国の北京に移ることになった。地元のアメリカとは言葉も文化も違い、なかなか馴染めないでいたドレ。そんなドレを北京のチョンの率いる少年グループがいじめるようになる。少年達はカンフーを身に付けており強く、ドレはケンカになっても叶わない。ドレはいつもチョン達からただ逃げる事しか出来なかった。そんなある日、いつものように少年達にいじめられているところをアパートの管理人でカンフーの達人のハン(ジャッキー・チェン)に助けられる。

おすすめ度
4.5
  1. 1
  2. 2