感動系のおすすめ映画一覧

【つみきのいえ】マジで泣ける(´・ω・’) 見る人を優しい気持ちに…

【つみきのいえ】マジで泣ける(´・ω・’) 見る人を優しい気持ちに…

思い出と共に壁一面に飾られた数多くの写真達。自宅の窓を開ければ周り一面が海。海に沈んでしまった町で孤独に暮らす背中の曲がったおじいさん。床のハッチを開ければ下の階に繋がる。そして下の階(部屋)は全て海に沈んでしまっている。そこに釣り糸を垂らし、釣れた魚がおじいさんのご飯となる。見もしないテレビを点けて、飲み物をグラスに注ぎ孤独な食事をする。日に日に水面は増していき、朝起きた時には海水が床にまで来ていることも…。その度におじいさんは積み木を重ねるようにどんどん上へ上へと階(部屋)を増築していく。ある日おじいさんは普段から愛用していたパイプを下の階(海中)に落としてしまう。大切なパイプを拾いに行くためにおじいさんは潜水服を着て海の中へ…

おすすめ度
5
【ヒア アフター】”超名作映画” 文字通り生きてる間に見て欲しい名作映画

【ヒア アフター】”超名作映画” 文字通り生きてる間に見て欲しい名作映画

マリー・ルレ(セシル・ドゥ・フランス)はフランスでジャーナリストの仕事をしている女性だ。恋人のディディエと東南アジアに旅行で訪れていた。マリーはホテルのチェックアウトを済まし、街の市場でお土産物をあさっていた。そして、そこで津波に襲われてしまった。その場に居た小さな子どもを連れて津波から逃げるマリーだったが、そのまま津波に飲み込まれてしまいどんどん流されていってしまう。どうにか津波の流れから逃れようと必死で何かに捕まろうとするが、津波によって流されて来た大きな鉄の塊が後頭部にぶつかり、そのまま海の中へと沈んでしまう。そんな中、マリーは不思議な体験をする。いわゆる臨死体験というものだった。

おすすめ度
4.5
【グッド・ウィル・ハンティング】”超名作”この映画を見て周りの人を大切にしよう

【グッド・ウィル・ハンティング】”超名作”この映画を見て周りの人を大切にしよう

舞台は現代のアメリカ、南ボストン。ウィル・ハンティング(マット・デイモン)はマサチューセッツ工科大学で清掃員のアルバイトをしていた。ウィルは世間一般的にいうと不良で、過去に暴力事件や窃盗など様々な問題をお越し鑑別書で過ごしたこともあった。そんなウィルは普段親友のチャッキー(ベン・アフレック)やモーガン(キャセイ・アフレック)やビリー(コール・ハウザー)とよくつるみ、時間さえあればバーに行って女の子をナンパしたり、球場に野球の試合を観に行ったりバッティングセンターに行ったりしていた。

おすすめ度
4.5
【聲の形】人としての大切なものを思い出させてくれる最高の映画!

【聲の形】人としての大切なものを思い出させてくれる最高の映画!

将也はある目標を見据え、ある時からカレンダーに意味深な☓印を付けていた。これまで続けていたアルバイトを辞め、また自分の部屋にあった家具や敷布団を含めて業者に売り、これまでアルバイトなどで貯めたお金を銀行口座から引き出し、それを母が眠る枕元に置いて家を出たのだった。将也が置いたお金は170万近くある程の大金だった。

おすすめ度
4.5
【チチを撮りに】ブラマヨの吉田さんも絶賛の笑って泣けるおすすめ映画

【チチを撮りに】ブラマヨの吉田さんも絶賛の笑って泣けるおすすめ映画

舞台は現代の日本。東村家は長女の葉月(柳英里紗)と次女の呼春(松原菜野花)と母の佐和(渡辺真起子)の3人家族だ。父の正高(二階堂智)は14年前に別の女性と出ていってしまった。20歳でフリーターの葉月は昼キャバのバイトをしながら一人暮らしを夢見ていた。17歳で女子高生の呼春は留年しない程度に学校をサボりながらのんびりとした毎日を過ごしていた。金融関係のエリートである母の佐和は働きながら二人の娘を養っていた。ある日、母の佐和は二人の娘に『大事な話がある』と言い、自宅に集合をかけた。大量のお寿司を持って帰宅した母からはきっと良い話が聞けると期待した二人だったが、佐和の口から出た言葉は意外なものだった。佐和「お父さん死ぬんだって…。」

おすすめ度
4
【サニー 永遠の仲間たち】マジで号泣する韓流映画!!

【サニー 永遠の仲間たち】マジで号泣する韓流映画!!

舞台は現在の韓国、ソウル。イム・ナミ(ユ・ホジョン)は毎日で仕事で忙しい夫と思春期の娘を持つ42歳の専業主婦だ。毎日の慌ただしい生活の中でも慌ただしくも幸せな生活を送っていた。ある日、母の入院先を訪れたイム・ナミ。夫からもらったお金で母にCHANELのバッグを購入し、プレゼントした。母の病室から出て帰ろうとする途中で患者の呻き声を聞いたナミ。そこをそっと覗くと入院患者がとても苦しそうにしていた。ふと入院者の表札に目をやるとその人物が【ハ・チュナ】という女性だと分かった。そこでナミの中に引っかかるものがあった。ナミには【ハ・チュナ】という名前に覚えがあったのだ。帰宅して卒業アルバムを手に取るナミ。アルバムの中からハ・チュナを探した。後日母の入院する病院を訪ねた際にナミは【ハ・チュナ】が入院する病院を訪れた。そこにはナミと同じ年頃の女性が居た。チュナはナミの高校時代の大親友だった。 二人は病室で25年ぶりに再開した。チュナもナミの母と同じ病院に入院しており、ガンを患っていた。病状も申告で医者からは余命2ヶ月と宣告されていたのだった。そこで二人の会話を遮るようにナミの携帯が鳴った。電話は夫からで明日から出張で2ヶ月離れることになるとのことだった。 2ヶ月はチュナの余命と同じだ。

おすすめ度
4.5
【エターナル・サンシャイン】死ぬまでに絶対見ろ!こんな恋愛映画見たことない

【エターナル・サンシャイン】死ぬまでに絶対見ろ!こんな恋愛映画見たことない

舞台は現代のアメリカ。ヴァレンタイン目前に恋人のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)と大喧嘩をしてしまった平凡男のジョエル(ジム・キャリー)。ジョエルは何とかクレメンタインと仲直りしようとプレゼントを持って彼女の働く本屋に足を運んだ。しかし、そこに居た彼女はジョエルの知っているクレメンタインではなかった。まるで自分のことを知らないかのように接するクレメンタイン。そしてジョエルの知らない男とイチャイチャし始めるのだった。その様子を目の当たりにして酷くショックを受けるジョエル。そんなジョエルの元に不思議な手紙が届いた。その手紙の中には『クレメンタインはジョエルとの記憶を全部消してしまった』と書かれていた。失恋の記憶消します。

おすすめ度
4.5
【マイ・ボディガード(Man on Fire)】この映画は死ぬまでに見ろ!!!!

【マイ・ボディガード(Man on Fire)】この映画は死ぬまでに見ろ!!!!

舞台は現代のメキシコ。治安の悪いメキシコでは誘拐が立派なビジネスとして成立する程だった。結果、多少経済的に余裕のある家庭は必ずボディーガードを雇うようにし、誘拐保険に加入していた。ジョン・W・クリーシーは16年もの長い間米軍の対テロ暗殺部隊に所属していた。長い間そんな生活を続けたせいか、除隊後クリーシーはアルコール中毒になってしまっていた。そんなクリーシーに友人のレイバーン(クリストファー・ウォーケン)はある少女のボディーガードをするという仕事を紹介した。

おすすめ度
5
【おくりびと】”涙腺崩壊” 号泣間違いなし!納棺師を描いたおすすめ映画

【おくりびと】”涙腺崩壊” 号泣間違いなし!納棺師を描いたおすすめ映画

小林大悟(本木雅弘)はプロのチェロ奏者で妻でウェブデザイナーの美香(広末涼子)と2人で幸せに暮らしていた。しかし、ある日突然大悟の所属するオーケストラはオーナーに解散を言い渡される。プロの奏者として恥じないように大金を叩いてチェロを購入したばかりの大悟だったが、そのオーナーからの解散の申し渡しに絶望してしまう。残ったのは大金を叩いて購入したチェロのローン…。 途方にくれる大悟は妻の美香に職を失ったことを話す。前向きな性格の美香だが、そんな美香が何よりも驚いたのはチェロの値段だった…。

おすすめ度
5
【100歳の少年と12通の手紙】”嗚咽注意” ガチで号泣するおすすめ映画

【100歳の少年と12通の手紙】”嗚咽注意” ガチで号泣するおすすめ映画

物語の舞台は様々な難病を患った子供たちが多く入院しているフランスのとある病院。そこにオスカーも入院していた。オスカーも難病を患った子供の一人だったのだ。白血病のオスカーは大人に対して不信感を抱いていた。白血病のオスカーを腫れ物を触るように接する大人たちに嫌気がさし、本当の気持ちを言えずにいたのだった。

おすすめ度
5
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】80歳で生まれ、若返っていく男の物語

【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】80歳で生まれ、若返っていく男の物語

舞台は現代のアメリカ。病院のベッドの上で老婆が見舞いに来た自分の娘にある男の話を始める。その老婆の名前はデイジー・フューラー(ケイト・ブランシェット)。そして、老婆の口から登場する男の名前はベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。ベンジャミン・バトンは人と違う、数奇な人生を送ったのだった。ベンジャミンは第一次世界大戦が終了してすぐの1918年にニューオーリンズで生まれた。彼は生まれた時から老いていた。見た目は80歳のおじいちゃん。

おすすめ度
5
【サンドロット – 僕らがいた夏 -】永遠の名作 – 死ぬまでに絶対見て欲しい映画

【サンドロット – 僕らがいた夏 -】永遠の名作 – 死ぬまでに絶対見て欲しい映画

舞台は1962年のアメリカ。前年の1961年に野球の神様と言われたベイブ・ルースがアメリカ野球殿堂を果たした。当時少年達の間で流行っていたものは『野球』。話題であり、もっとも熱いスポーツであった。そして、ベイブ・ルースは当時アメリカの少年達にとっての偉人であり、憧れの存在であった。スコッティ(トム・グイリー)はその年の夏ある町に引っ越して来た。野球についての知識がほとんどなかったスコッティはなかなか友達が出来ずにいた。スコッティは母に「友達を作りなさい」と言われ草野球チームに入ることを決心する。

おすすめ度
4.5
【たそがれ清兵衛】”号泣” 愛に生きた侍を描いたおすすめ時代劇映画

【たそがれ清兵衛】”号泣” 愛に生きた侍を描いたおすすめ時代劇映画

『悲しませたくない人が、いますか?』『誰を、幸せにしたいですか?』『たたかうお父さんがほんとうに好きですか?』『誰といると、心が素直になれますか?』『たそがれ時、誰と会いたくなりますか?』『愛することより大切なことって、なんですか?』

おすすめ度
5
【ヴィンセントが教えてくれたこと】不良ジジイの笑って泣けるおすすめ映画

【ヴィンセントが教えてくれたこと】不良ジジイの笑って泣けるおすすめ映画

ギャンブルが大好きでアルコールに溺れるちょい悪親父のヴィンセント(ビル・マーレイ)。ヴィンセントは口が悪く、偏屈な老人で周りの人間からは疎まれる存在だった。そんなヴィンセントが唯一こころを許すのはペットの猫のフィリックスだけだった。ある日、そんなヴィンセントのお隣にある一家が引っ越して来る。ヴィンセントの隣に引っ越して来たのはシングルマザーのマギー(メリッサ・マッカーシー)、そして息子のオリバー(ジェイデン・リーバハー)だった。オリバーは見るからにひ弱そうな小学生でいじめられっ子の少年だった。しかし、幼い頃に両親が離婚したせいか、どこか大人びている一面もあった。シングルマザーであるマギーは女手ひとつでオリバーを育てていて、仕事の都合で帰りが遅くなることも…。

おすすめ度
4
【ターミネーター2】”名作殿堂入” おすすめアクション映画

【ターミネーター2】”名作殿堂入” おすすめアクション映画

ターミネーターの死闘から10年の月日が流れ、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)は精神病院に隔離させられていた。『数年後に核戦争で世界が滅亡する』と訴えた事がきっかけで警察に精神病患者として入れられたのだ。もちろんサラとターミネーターが死闘を繰り広げた話も数年後に核戦争が起こるという話など誰も信じることはなかった。そんなサラには子供がいる。ターミネーターとの死闘を繰り広げる中で出会ったカイルとの間に授かった子供である。

おすすめ度
4.5
【柘榴坂の仇討】阿部寛・中井貴一出演のおすすめ時代劇映画

【柘榴坂の仇討】阿部寛・中井貴一出演のおすすめ時代劇映画

この物語の始まりは江戸時代、幕末の彦根藩。彦根藩の下級武士だった志村金吾(中井貴一)は藩の中で認められる程の剣の達人だった。その腕をかわれ金吾は彦根藩の藩主であった井伊直弼(中村吉右衛門)のお籠周り御駕篭回りの近習という大役を務める事となる。井伊直弼は『安政の大獄』の事もあり、外の人間からは恐れられ疎まれ、反感を買うような存在であったが、そういったものとは正反対な穏やかな一面を持ち合わせており、金吾はそんな井伊直弼に惚れ込んでいた。

おすすめ度
4
【グラン・トリノ(Gran Torino)】絶対に死ぬまでに見て欲しいおすすめ映画

【グラン・トリノ(Gran Torino)】絶対に死ぬまでに見て欲しいおすすめ映画

舞台はアメリカのデトロイト。庭付きの一軒家に愛犬のデイジーと暮らしている元軍人のウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)。最愛の妻が他界し一人になってしまった。ウォルトは息子や孫に疎まれ、周りの人間からは嫌われ者の存在だった。その理由はウォルトには、自分だけの正義があり、それに外れるものは何もかも許せないという考えの持ち主だったからだった。

おすすめ度
5
【フォレスト・ガンプ /一期一会】人生はチョコレートの箱と同じ

【フォレスト・ガンプ /一期一会】人生はチョコレートの箱と同じ

今日もフォレスト(トム・ハンクスはバス停にいた。そして、バスを待つ人々に話し掛けるフォレスト。「僕の名前はフォレスト・ガンプ。チョコレートどうです?僕は150万個食べられる。」そうして毎日バス停で待ち続ける。彼女がやって来るのを…。

おすすめ度
4.5
【イントゥ・ザ・ワイルド】僕の人生を取り戻そう。少しだけ勇気を出して

【イントゥ・ザ・ワイルド】僕の人生を取り戻そう。少しだけ勇気を出して

1992年、アメリカの地方新聞が報じたある青年の死は、やがて全米に波紋を呼んだ。裕福な家庭で育った彼は、なぜ一人孤独にアラスカの荒野を目指したのか。1990年、クリス(エミール・ハーシュ)はアトランタに住む22歳。大学を優秀な成績で卒業した。そんなクリスの将来に期待を寄せる家族。父親はクリス「新しい車を買ってやる」と言った。

おすすめ度
4
【戦場のピアニスト(The Pianist) 】音楽だけが生きる糧だった

【戦場のピアニスト(The Pianist) 】音楽だけが生きる糧だった

舞台は1939年のポーランド。ナチスドイツ軍が進行中。ユダヤ人のウワディスワフ・シュピルマン(エイドリアン・ブロディ)の職業はピアニスト。ワルシャワのラジオ局でピアノを弾いていた。ウワディスワフ・シュピルマンが仕事をしていたラジオ局もドイツ軍の爆撃を受けて崩壊してしまう。

おすすめ度
4
  1. 1
  2. 2
  3. 3