SF映画

SF映画

SFとは『Science Fiction』の略でSF映画は現在の世界とは違う世界観を表現した映画です。このページではおすすめのSF映画を紹介させていただきます。

おすすめSF映画一覧

【インターステラー 】文句なしでおすすめ度No.1の宇宙映画!愛は時間と空間を超えることができる

【インターステラー 】文句なしでおすすめ度No.1の宇宙映画!愛は時間と空間を超えることができる

舞台は世界的な気候変動によって砂漠化が進み食物が育たなくなってしまった近未来の地球。 その為人々の関心は食料が主で、皆それまでの仕事を捨てて畑を耕していました。 この物語の主人公、ジョセフ・クーパー(マシュー・マコノヒー)の家も例外ではなく、小麦は疫病で全滅し、広いコーン畑のみが頼りといった状況だった。 日常的に砂嵐に見舞われ、家の中は常に砂まみれだった。 ジョセフ・クーパーは息子のトム・クーパー(ケイシー・アフレック)と娘のマーフィー・クーパー(ジェシカ・チャステイン)、そして義理の父であるドナルド・クーパー(ジョン・リスゴー)の4人で暮らしていた。 ある日、マーフの保護者面談でジョセフは学校に呼び出された。 その道中で、インド空軍の無人偵察機が突然降下を始め、それを発見したジョセフはハッキングして捕獲することにした。

おすすめ度
【オデッセイ】宇宙版キャストアウェイだと思ったら…

【オデッセイ】宇宙版キャストアウェイだと思ったら…

舞台は2035年の火星。 アメリカは有人火星探査計画「アレス3」を行い、植物学者マーク・ワトニー(マット・デイモン)含む6名の宇宙飛行士達が火星に降り立った。 火星日18、マーク達は激しい砂嵐に遭遇し、任務の中止を決定した。 MAVの傾きを何とかしようとした宇宙飛行士たちだったが、砂嵐の中マークは飛んで来たアンテナの残骸が直撃し、そのまま吹き飛ばされてしまい、そのまま行方不明となってしまった。 船長のメリッサ(ジェシカ・チャステイン)はギリギリまでマークを捜索しようとしたが、船員全員の命を優先し、捜索を諦めた。 そして、マークを死亡したと見なし、ヘルメス号に乗って地球へ帰還する決断を行った。 NASAはメリッサからの報告を受け、地球ではマークの葬儀が行われることとなった。 しかし、実際には怪我を負ったもののマークは生存しており、何とか火星の基地にたどり着きます。

おすすめ度
【名作】時計じかけのオレンジは”トラウマ”系のおすすめ映画( data-src=<)" title="【名作】時計じかけのオレンジは”トラウマ”系のおすすめ映画(><)" itemprop="image">

【名作】時計じかけのオレンジは”トラウマ”系のおすすめ映画(><)

舞台は近未来のイギリス、ロンドン。近未来のロンドンは治安が悪く、若者の暴力と性犯罪、そしてギャングが溢れていた。アレックス(マルコム・マクダウェル)はそんな時代背景を映し出したようにそして暴力、性行為を生き甲斐としたベートーヴェンを愛する15歳の少年だ。同時に街に蔓延るギャングチームの一つ、そこでリーダーを勤めていた。ギャングチームのリーダーとしてのアレックスの行動は2つ。暴力と強姦行為。

おすすめ度