ラブロマンス映画

ラブロマンス

映画ジャンル【ラブロマンス】の中のおすすめ映画を紹介します。これまで見て来て感動した映画、印象深かった映画を中心に管理人のおすすめ映画として紹介していきます。

おすすめラブロマンス一覧

エターナル・サンシャイン(Eternal Sunshine of the Spotless Mind)

エターナル・サンシャイン(Eternal Sunshine of the Spotless Mind)

舞台は現代のアメリカ。ヴァレンタイン目前に恋人のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)と大喧嘩をしてしまった平凡男のジョエル(ジム・キャリー)。ジョエルは何とかクレメンタインと仲直りしようとプレゼントを持って彼女の働く本屋に足を運んだ。しかし、そこに居た彼女はジョエルの知っているクレメンタインではなかった。まるで自分のことを知らないかのように接するクレメンタイン。そしてジョエルの知らない男とイチャイチャし始めるのだった。その様子を目の当たりにして酷くショックを受けるジョエル。そんなジョエルの元に不思議な手紙が届いた。その手紙の中には『クレメンタインはジョエルとの記憶を全部消してしまった』と書かれていた。失恋の記憶消します。

おすすめ度
4.5
ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)

ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)

舞台はアメリカのニューヨーク。そこで暮らすサム(パトリック・スウェイジ)は恋人のモリー(デミ・ムーア)と共同生活を始めることとなった。サムはモリー優しく誠実な銀行員。モリーは陶芸家。二人は幸せな生活を送っていた。そんなある日、モリーはサムにプロポーズをする。サムはモリーが『結婚』というものをどこか避けているように思っていたので、その事に対して驚く。しかし、そんな二人の幸せな時間は長くは続かなかった。

おすすめ度
4.5
ロミオ+ジュリエット(Romeo + Juliet)

ロミオ+ジュリエット(Romeo + Juliet)

彼はモンタギューと対立するもうひとつの組織のキャピレットとの抗争に疲れていた。そして、同時にロミオはある女性に恋をしていた。その女性の名前はロザイン。ロザインは美しい女性で、その魅力はロミオのハートを掴んで離さなかった。しかし、ロミオにとってそれは逆立ちをしても手に入れられない、叶わぬ恋だった。しかし、そのロザインがモンタギュー家にとって敵対するキャピレット家の主催するパーティに出席すると知ったロミオ。親友のマーキュシオ(ハロルド・ペリノー)に誘われ、仮装をしてパーティに忍び込むことを決意。

おすすめ度
4.5