アクション映画

アクション

映画ジャンル【アクション】の中のおすすめ映画を紹介します。これまで見て来て感動した映画、印象深かった映画を中心に管理人のおすすめ映画として紹介していきます。

おすすめアクション一覧

【ダークナイト】”完成度ヤバイ” 間違いなくバットマンシリーズの最高作

【ダークナイト】”完成度ヤバイ” 間違いなくバットマンシリーズの最高作

舞台はアメリカにある架空の都市、ゴッサム・シティ。犯罪こそ耐えない街だったが、そこには富豪のブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)扮するゴッサム・シティの裏のヒーロー、バットマンが居て、夜の闇に紛れながら犯罪者達を捕まえていった。ある日ゴッサム・シティ銀行をピエロのマスクをかぶった集団が襲った。その集団は金を奪った後に裏切り合い、そして味方同士で殺し合った。そして、その最後に残った男はジョーカーだった。

おすすめ度
5
【パブリック・エネミーズ】愛のために逃げよ-実在した銀行強盗を描いた映画

【パブリック・エネミーズ】愛のために逃げよ-実在した銀行強盗を描いた映画

舞台は1933年、大恐慌時代のアメリカ。犯罪者でありながら世間からスターのようにもてはやされる銀行強盗がいた。その男の名前はジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)。当時の警察をあざ笑うかのような大胆な手口で銀行から金を奪い、何度捕まろうとも、どんな不可能な状況からでも脱獄を繰り返す男だった。銀行を襲うのにかかる時間は1分40秒。そして、そんな銀行強盗ジョン・デリンジャーにも強盗、男としての美学があった。それは利益を独り占めする銀行を襲っても弱者からは決してお金を奪わないということだった。アメリカ大恐慌代の真っ只中、そんなデリンジャーが人々に与えた印象は今までの【銀行強盗】とは違い、カッコイイ男というイメージのものだった。そんなデリンジャーを司法省捜査局(BOI)の長官であるJ・エドガーは越境犯罪を繰り返すデリンジャーを『公共の敵筆頭(Public Enemy No.1)』として指名手配した。そして、そんなデリンジャーを捕まえるためにシカゴ支局へ当時義賊的なやり方で銀行強盗を繰り返していたプリティ・ボーイ・フロイドを射殺したメルヴィン・パーヴィス捜査官を赴任させることとなった。

おすすめ度
4
【マイ・ボディガード(Man on Fire)】この映画は死ぬまでに見ろ!!!!

【マイ・ボディガード(Man on Fire)】この映画は死ぬまでに見ろ!!!!

舞台は現代のメキシコ。治安の悪いメキシコでは誘拐が立派なビジネスとして成立する程だった。結果、多少経済的に余裕のある家庭は必ずボディーガードを雇うようにし、誘拐保険に加入していた。ジョン・W・クリーシーは16年もの長い間米軍の対テロ暗殺部隊に所属していた。長い間そんな生活を続けたせいか、除隊後クリーシーはアルコール中毒になってしまっていた。そんなクリーシーに友人のレイバーン(クリストファー・ウォーケン)はある少女のボディーガードをするという仕事を紹介した。

おすすめ度
5
【ターミネーター2】”名作殿堂入” おすすめアクション映画

【ターミネーター2】”名作殿堂入” おすすめアクション映画

ターミネーターの死闘から10年の月日が流れ、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)は精神病院に隔離させられていた。『数年後に核戦争で世界が滅亡する』と訴えた事がきっかけで警察に精神病患者として入れられたのだ。もちろんサラとターミネーターが死闘を繰り広げた話も数年後に核戦争が起こるという話など誰も信じることはなかった。そんなサラには子供がいる。ターミネーターとの死闘を繰り広げる中で出会ったカイルとの間に授かった子供である。

おすすめ度
4.5
【アイアンマン】男なら必ず憧れるおすすめヒーロー映画

【アイアンマン】男なら必ず憧れるおすすめヒーロー映画

トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)はアメリカの天才発明家で巨大な軍事企業『スターク・インダストリーズ』のCEOである。トニーは自身が作り出した新型兵器、クラスター型ミサイルの『ジェリコ』をアフガニスタンに居るアメリカ空軍にプレゼンする為に親友で政府とのパイプ役を担う軍人ローディ(テレンス・ハワード)と共にアフガニスタンに向かう。

おすすめ度
4.5
【LEON(完全版)】込めたのは銃弾と愛 | 何度でも見たくなるおすすめ映画

【LEON(完全版)】込めたのは銃弾と愛 | 何度でも見たくなるおすすめ映画

舞台はニューヨーク。一人で孤独に生きるレオン(ジャン・レノ)。レオンの職業は一流の殺し屋で仕事は完璧にこなす。一流の殺し屋であるレオンはトレーニングと1日2リットルの牛乳を飲む事を欠かさない。レオンの趣味は根っこを持たない鉢植えに植えた観葉植物。彼にとっては友人のような大切な存在だ。

おすすめ度
4.5
【ブレイド(BLADE)】おすすめの新感覚ヴァンパイア アクション映画

【ブレイド(BLADE)】おすすめの新感覚ヴァンパイア アクション映画

ブレイド(ウェズリー・スナイプス)はヴァンパイアと人間との間に生まれた混血で、人間を脅かすヴァンパイアを狩るヴァンパイア・ハンター。ブレイドが混血として生まれた背景にはある出来事があった。ブレイドは母親の胎内に居る時に母親がヴァンパイアに襲われ、その結果『人間』と『ヴァンパイア』の混血として生を受けた。人間とヴァンパイアとの混血であるブレイドは純潔のヴァンパイアとは違い太陽の下を平気で歩く事が出来るのだった。そんなブレイドを純潔のヴァンパイア達は『Day Walker』と呼んで恐れた。

おすすめ度
4
【300】人間はいつだって同じ-歴史的戦いを描いた名作アクション映画

【300】人間はいつだって同じ-歴史的戦いを描いた名作アクション映画

舞台は紀元前480年の古代ギリシャ時代。スパルタ国の国王レオニダス(ジェラルド・バトラー)の元にペルシャ帝国から遣いの者がやって来た。当時ペルシャ帝国は100万もの軍勢からなる大国だった。ペルシャ帝国からやって来た遣いはレオニダスに「スパルタ国を滅ぼされたくなければスパルタの土地と水を差し出せ。」と告げた。

おすすめ度
4.5
【ベスト・キッド(2010)】逃げずに立ち向かう勇気 – 心が熱くなる映画

【ベスト・キッド(2010)】逃げずに立ち向かう勇気 – 心が熱くなる映画

小学生の少年ドレ(ジェイデン・スミス)は幼い頃に父親を亡くし、母の仕事の都合でアメリカのデトロイトから中国の北京に移ることになった。地元のアメリカとは言葉も文化も違い、なかなか馴染めないでいたドレ。そんなドレを北京のチョンの率いる少年グループがいじめるようになる。少年達はカンフーを身に付けており強く、ドレはケンカになっても叶わない。ドレはいつもチョン達からただ逃げる事しか出来なかった。そんなある日、いつものように少年達にいじめられているところをアパートの管理人でカンフーの達人のハン(ジャッキー・チェン)に助けられる。

おすすめ度
4.5
【酔拳2】ドラマ色が強いジャッキー・チェンのおすすめカンフー映画

【酔拳2】ドラマ色が強いジャッキー・チェンのおすすめカンフー映画

過酷な修行の末にようやく『酔拳』の型を会得したフェイフォン(ジャッキー・チェン)。しかし、フェイフォンは酔拳を使うことにより歯止めがきかなくなり、暴走してしまう。そんなフェイフォンに父のウォン・ケイイン(ティ・ロン)は水能覆舟(水には舟を浮べる力があるが、舟を覆すのもまた水である)と説き、フェイフォンに酔拳を使用すること、そして飲酒をすることを固く禁じていた。フェイフォンの父、ケイインは医師であると同時に武術の達人だった。

おすすめ度
4.5