洋画映画

洋画

このページではおすすめ洋画を厳選して紹介していきます。名作映画と呼ばれるものから、そこまでメジャーではない映画など、このサイトを閲覧して頂き、『この映画観てみたい』、『もう一度この映画観たい』と思ってもらえるようなおすすめ映画を紹介します!

おすすめ洋画一覧

サスぺリア(suspiria)

サスぺリア(suspiria)

女たちが踊る夜、禁断の宴がはじまる。 1977年、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団<マルコス・ダンス・カンパニー>に入団するため、スージー・バニヨンは夢と希望を胸にボストンからやってきた。 初のオーディションでカリスマ振付師マダム・…

おすすめ度
5
荒野にて(Lean on Pete)

荒野にて(Lean on Pete)

小さい頃に母が家出し、愛情深いがその日暮らしの父と二人暮らしのチャーリー。家計を助けるために競走馬リーン・オン・ピートの世話をする仕事を始めるが、ある日父が愛人の夫に殺されてしまう。15歳で天涯孤独になってしまったチャーリーの元に、追い打ちをかけるように届いたのは、試合に勝てなくなったピートの殺処分の決定通知だった。チャーリーは一人馬を連れ、唯一の親戚である叔母を探す旅に出るが、彼らの前に広がるのは、あまりに広い荒野だった―。

おすすめ度
5
グリーンブック(Green Book)

2019年3月1日公開

グリーンブック(Green Book)

1962年、天才黒人ピアニストは、粗野なイタリア系用心棒を雇い、<黒人専用ガイドブック>グリーンブックを頼りに、あえて差別の色濃い南部へのコンサートツアーへ繰り出す。旅の終わりに待ち受ける奇跡とは?

おすすめ度
5
【イップ・マン 序章(葉問)】ストーリーもカンフーアクションもNo.1の映画!

【イップ・マン 序章(葉問)】ストーリーもカンフーアクションもNo.1の映画!

舞台は第二次世界大戦直前の1935年、中国の広東省仏山市。そこには数多くの武術道場があった。そこで暮らすイップ・マン(ドニー・イェン)も武道を志す者だった。イップ・マンの元には門下生はおろか道場すら持っていなかった。イップ・マンは特にこれといった仕事もせずに幼い子供のチュンと妻のウィンシン(リン・ホン)の3人で暮らしていたが、それでも生活には何不自由していなかった。ある日、イップ・マンのもとにリュウ(チェン・チーフイ)という男がやって来た。その男は廖家拳という道場主でイップ・マンの噂を聞いてやって来た。イップ・マンは詠春拳の達人だった。

おすすめ度
4.5
【ぼくのエリ 200歳の少女】12歳の初恋がこれまでのヴァンパイア映画の流れを変えた!

【ぼくのエリ 200歳の少女】12歳の初恋がこれまでのヴァンパイア映画の流れを変えた!

舞台は現代のスウェーデン、ストックホルムの郊外。12歳のオスカー(カーレ・ヘーデブラント)は母親と二人で暮らしていた。オスカーには友達が居らず、学校でもいじめられていた。学校から帰宅するとオスカーはナイフで自宅の外に生えている木を刺したりして鬱憤を晴らしていた。ある雪の積もった日、オスカーの住むアパートの隣に父親と娘の二人家族が引っ越して来た。その頃オスカーの住む地域では猟奇的な殺人事件が起きていた。犯人は被害者を殺害後その遺体から血を抜き取っていた。

おすすめ度
5
ビザンチウム(Byzantium)

ビザンチウム(Byzantium)

舞台は現代のヨーロッパ。 エレノア(シアーシャ・ローナン)は誰にも言えない秘密を抱えていた。 そして"嘘を吐いて生きること"に嫌気が差していた。 誰にも理解はされない。 でもその秘密を誰かに話したいとずっと思っていた。 エレノアはその秘密を物語にした。 それは真実の物語だった。 言葉にすることが出来ない"自分"という存在を誰かに話したかったのだ。

おすすめ度
4
【メカニック】全てにおいて完璧な殺し屋を描いた唯一無二のアクション映画

【メカニック】全てにおいて完璧な殺し屋を描いた唯一無二のアクション映画

舞台は現代のアメリカ。 ある日、南米コロンビアの麻薬王の男が自宅のプールで事故死したことがニュースとなった。 実際にはそれは事故ではなく暗殺だった。 それは殺人の痕跡を一切残さないプロの殺し屋、アーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)によるものだった。 仕事を終え、アーサーは車椅子に乗って男と会う約束をしていた。 その男の名はハリー・マッケンナ(ドナルド・サザーランド)。 ハリーはアーサーの雇い主だった。 そんなハリーから『君の上はいない。君は冷徹なマシーン。』と言われる程、アーサーの腕は完璧なものだった。 その日は報酬を受け取りハリーとは別れた。

おすすめ度
4.5
【ニュー・シネマ・パラダイス】何度でも大切な何かを思い出させてくれる名作映画

【ニュー・シネマ・パラダイス】何度でも大切な何かを思い出させてくれる名作映画

舞台は戦後のイタリア。サルヴァトーレ・カシオ(ジャック・ペラン)の母を名乗る女性は息子がいるであろう場所に電話を掛け続けていた。息子のサルヴァトーレは30年前に故郷のシチリアを離れて一度も帰って来ていなかった。サルヴァトーレはローマ在住の映画監督だ。ある晩、ローマの自宅に帰宅したサルヴァトーレは母から電話が掛かって来たことを妻から聞いた。そして、アルフレード(フィリップ・ノワレ)が亡くなったことも聞いた。その晩サルヴァトーレはベッドの上で幼い頃の日々を思い出していた。

おすすめ度
5
【パフューム】文句なしの★★★★★映画!映像から感じられないはずの香りが届いた

【パフューム】文句なしの★★★★★映画!映像から感じられないはずの香りが届いた

舞台は18世紀のフランス、パリ。稀に見る才能とおぞましい行為で知られた男がいた。男の名はジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、香水調香師だった。そして今、ジャンは処刑されようとしていた。ジャンは両手・両足に枷を付けられ、首輪を付けられた状態で民衆の前へと引きづられた。ジャンの罪は数々の殺人だった。国民はジャンを憎んだ。

おすすめ度
5
【ボーダーライン】麻薬戦争の今を描いた臨場感溢れる映像に釘付けに

【ボーダーライン】麻薬戦争の今を描いた臨場感溢れる映像に釘付けに

舞台は現代のアメリカ。アリゾナ州のチャンドラーにて誘拐事件の犯人の元へ奇襲攻撃が行われようとしていた。FBI捜査官であるケイト・メイサー(エミリー・ブラント)とそのチームは装甲車を使って犯人宅の壁を突き破って襲撃した。突然のFBIによる襲撃で犯人たちはそのまま降参したが、その家の一室に潜んで居た一人の男がケイトを銃撃した。その男はケイトによってその場で射殺された。

おすすめ度
4.5
【セブン(Se7en)】目を塞ぎたくなる内容だが皆が高評価を付ける名作映画

【セブン(Se7en)】目を塞ぎたくなる内容だが皆が高評価を付ける名作映画

舞台は現代のアメリカ。ウィリアム・サマセットは定年を一週間前にひかえた刑事だった。ウィリアムは何事もなく定年を迎えたいと考えていた。 しかし、"それ"を神は許さなかった。その日も街中でパトカーのサイレンが鳴り響いていた。サマセットは殺人事件の現場に向かった。

おすすめ度
5
【モールス】儚さと切なさと美しさが交差する最高のヴァンパイア映画

【モールス】儚さと切なさと美しさが交差する最高のヴァンパイア映画

舞台はアメリカのニューメキシコ州にある雪に閉ざされたとある田舎町。1983年3月、ロス・アラモスで50代半ばの男性が全身に大やけどを負った状態で救急車に搬送されていた。火傷は高濃度の酸を浴びたことによるものだった。顔面は原型を留めておらず、身元の分かるものはなかった。

おすすめ度
4.5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4