いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきます
©2004「いま、会いにゆきます」製作委員会

『ねえ、パパ、ママはどこに言っちゃったの?』
『ママはね、アーカイブ星に行ってるんだよ。でも、きっとまた会えるよ。』

おすすめ度
4.5
感動する度
4.5
心に残る度
4.5

映画いま、会いにゆきますの予告動画

映画いま、会いにゆきますのストーリー(あらすじ)

舞台は現代の日本。
その日は秋穂佑司の誕生日だった。

高校生の佑司はいつものように起床し、朝食の準備をしていた。
朝食の準備は佑司の担当だった。

父親の巧(中村獅童)と二人で暮らす佑司。
母親は佑司が小学生の頃に他界した。

朝食の準備をしているとバイクに乗ったケーキ屋の店主がやって来た。
店主は佑司の誕生日に佑司の誕生ケーキを持って来てくれたのだった。
ある年から毎年のように届けられた誕生ケーキだったが、ケーキ屋は店を閉めることを決意し、同時にそれが佑司に届けられた最後の誕生ケーキだった。

店主『よかった。約束最後まで果たせて。』

佑司『長い間、ありがとうございました。』

店主『お誕生日、おめでとうございます。』

佑司がケーキを受け取り玄関から戻ると、父の巧が新しい歯ブラシを探していた。
それもまたいつもの光景だった。

佑司は自転車に乗ってある場所へ向かった。
それは佑司が小学生だったある年の雨の季節に訪れた6週間の奇跡の終わりと始まりの場所だった。
その奇跡は6週間という短い時間だったが、佑司も巧も決して忘れることのない出来事だった。
それから随分と長い時間が流れ佑司は18歳になっていた。

時は10数年遡り、佑司がまだ小学生だった頃。
それは佑司の母であり巧の最愛の女性であった『秋穂澪(竹内結子)』が亡くなって1年が経った頃だった。

その日は澪の1回忌だった。
親戚達は黙って墓前に手を合わせる巧と佑司を横目に

『澪が死んだのは無理をして佑司を産んだせいだ。』

『佑司を産む前は元気だった。』

『巧はあんなんだけど、大丈夫なのか?』

などと心無い言葉を発した。

佑司『ねえ、死んだ人達はみんなどこに居るの?』

ある日、幼い佑司は巧に訪ねた。

巧『アーカイブ星に居るんだ。ママが書いた本にそうあっただろ?』

佑司『ねえ、本当にママもアーカイブ星にいるの?』

巧『そうじゃないかな…。ママはウソを吐かないでしょ?』

佑司『うん…じゃあ雨の季節になったらママは帰って来るんだね。本当だよね?』

澪が亡くなって1年、佑司がまだ小学生だった頃料理は全て巧がしていた。
巧はある出来事をきっかけに他の人のように要領よく物事をこなせなくなってしまう障害を負ってしまった。
そんな巧の作る料理はお世辞にも美味しいと言えるものではなかった。
それでも巧は男手一人で佑司を育てあげていた。

ある時、巧が務める司法書士事務所ではテレビが梅雨入りを告げていた。
それを聞いて巧は喜んだ。
澪が亡くなって初めて訪れる“雨の季節”だった。
それと同時にもうすぐ祭りの季節でもあった。

小学校では佑司の同級生たちが祭りに行くという話で盛り上がっていた。
母親を亡くし障害を抱える父を持つ佑司には縁のない話だった。

佑司『うちはお父さんが、人がいっぱいいるところはダメなんだ…。』

巧はいつもの定期検診で病院に向かった。
その病院の野口先生は唯一、巧の歩幅に合わせて診察をしてくれる優しい先生だった。
そんな先生に巧は言った。

巧『もっと普通の親みたいにいろんなことしてやれたら良いのに…。』

野口『澪さんが亡くなられて、もう1年ですね。』

巧『最近、澪のことで思い出せないことが増えてきています。ビデオや写真の中でしか澪を感じることが出来ない。』

野口『そう…。』

巧『でも、澪は戻って来るんですよ。もうすぐ…。』

野口『雨の季節にって話ですか?』

巧『ええ…。』

野口『雨の季節に戻って来ると言い残されたんですよね?』

巧『はい。』

野口『佑司くんの絵本にもそう書いて。信じているんですか?』

巧『佑司は信じています。あり得ないと思います?やっぱり??』

野口『まあ、科学的には…。一応医者なんで。』

巧『やっぱりそうですよね。』

野口『秋穂くん、君も澪さんに戻って来て欲しい?』

巧『はい。僕は澪を幸せにしてやれなかったから、全然…。僕がこんなだから澪に負担ばかりかけてしまって…最初から最後まで。一度で良いから僕と一緒に生きて良かったって思ってもらいたかった。だからもし戻って来たらそんな想いをさせてやりたいなって思うんです。普通の夫婦みたいに一緒に電車に乗って旅行に行ったりとか…。』

ある時、巧は佑司にある提案をした。

巧『今度の土曜日、お祭りに行かないか?ほら、前もさママと一緒に行ったじゃない。楽しかったって言ってただろ?』

佑司『でも…たっくん、大丈夫なの?』

巧『大丈夫だよ!行きたいもんな?』

佑司『うん!』

祭の当日、巧は佑司を連れて近くの祭に出かけた。
佑司はそこで会った学校の友達に連れられて他の場所に移った時に巧みとはぐれてしまった。
巧にとってその祭、人混みはとても辛いものだった。

巧とはぐれたことに気付いた佑司だったが、いくら探しても巧は見付からなかった。
そうこうしていると巧の職場の女性、永瀬みどり(市川実日子)が佑司に気付き一緒に巧を探した。
ようやく見つかった巧はお祭り会場の救護室で横になっていた。
そして巧は何度も佑司に謝った。
佑司は巧までも自分の前から居なくなってしまうのではないかととても不安になった。

お祭りの帰り道、佑司は巧にある想いを伝えた。

佑司『ママは僕のせいで死んじゃったんでしょ?』

巧『ええ?佑司、どうしてそんなこと…』

佑司『だって、親戚の人がそう言ってたんだもん。』

巧『違うよ。ママは佑司のせいで死んだんじゃない。それにパパは絶対にいなくならない。』

佑司『ママに会いたいな…。』

帰宅して巧は澪の映るビデオを眺めていた。
そしてしばらくすると外から雨音が聞こえて来た。
それは雨の季節の始まりを告げる優しい音だった。
巧と佑司は二人で窓の外を見上げた。

そんな雨の季節のある日、巧は佑司を連れてある場所へと向かった。
そこは澪が佑司と一緒にタイムカプセルを埋めた場所だった。

優しい雨音を耳に感じ、心の中で澪を想いながら巧はそっと目を閉じた。
佑司が急に立ち止まり『ママ…。』とつぶやいた。
佑司の見るその方向に目をやった巧は信じられないものを目にした。
そこには最愛の人である”澪”が変わらない姿で地面に腰を下ろしていた。

巧『澪っ…』

佑司『ママー!!』

二人は思わず澪の元に駆け寄った。

巧『澪…本当に澪なの?』

澪『みお?それ…私の名前?』

澪と同じ声、同じ姿をした女性は記憶を失くしてしまっていた。

そして、その日から三人にとって奇跡の6週間が始まった。
それは一生忘れることの出来ない大切な日々となるのだった…。

映画いま、会いにゆきますを見た感想・レビュー

この映画『いま、会いにゆきます』も超おすすめ映画なので紹介します!
もうね、何回見ても号泣する(´・ω・`)
セカチュウの前にこの映画を見てたら僕の中の泣ける映画ランキングが変わってたかもしれないっす(´・ω・`)
そんくらい良いストーリーだし、やっぱり泣ける(´・ω・`)

そして、中村獅童さんの控えめな感じの役柄の演技がいい!
気付いたら感情移入させられちゃって”変わらない想い”の重さを再認識させられました(´・ω・`)

僕の中の中村獅童さんはピンポンとかアイデン&ティティとかみたいに”雄”を強く感じさせる一面を持っている俳優さんでしたが、この映画『いま、会いにゆきます』を見て、こういう演技も出来る中村獅童さんの演技に感動しました!!

あとは竹内結子さんが可愛いです(´・ω・`)
絶叫したくなるほど可愛いです(´・ω・`)
不思議と映画の中では”母親”っていう感じの雰囲気がもろに出ていて、そこがまたすごかったです!!
当時はまだ年齢も20代前半で結婚も出産もまだだったと思うのですが、それでもこの映画の中では“母親オーラ”がやばかったです!
本当に自然な感じで、不思議と優しい母親のオーラに包まれてました(><)

そんな二人が出演した映画だったからこそ自然に感情移入も出来たし、すごく引き寄せられるものがありました!!
ドラマ版の『いま、会いにゆきます』も良かったけど、個人的にはこの映画版の方が断然良かったです!!

あと、当時ORANGE RANGEもすごく人気で、この映画のエンディングテーマ『花』も超ヒットしたけど、この曲はズルすぎる!!

こんな映画見てあんな歌を聞いたら誰でも号泣するやんけ٩(๑`^´๑)۶

当時泣きすぎて顔が変わるかと思ったわ٩(๑`^´๑)۶

アギャー٩(๑`^´๑)۶

って友人に言ったら
『お前の涙腺がゆるいだけ。』
とあしらわれました(´・ω・`)
でも個人的には10人に7人は号泣する映画だと思ってます(´・ω・`)

ストーリーもさることながら本当に色んなものの組み合わせで本当に最高にいい映画になったんじゃないかって思います٩(๑`^´๑)۶
マジで何度見ても泣けます٩(๑`^´๑)۶

そういえば今年の春に『Be With You〜いま、会いにゆきます』っていうタイトルで韓流リメイクされるらしいっす(><)
前評判とかキャストとか全然分からないですけど、日本国内だけじゃなくて海外でも評価されてたのかと思うとマジで納得っす٩(๑`^´๑)۶

個人的に僕の中の『いま、会いにゆきます』はこの映画で完結しているので韓国版を見ることはないかもしれませんが、もし見たら号泣しながらまたレビュー書きます٩(๑`^´๑)۶

日本版の映画のいま、会いにゆきますはNetflixやU-NEXT、Primeビデオで視聴出来るので、もしまだ見たことがないという人やもう一回見てみたいと思った人は是非見てみてください!
きっと今見ても号泣します٩(๑`^´๑)۶

映画いま、会いにゆきますの見どころ

二度と見ることの出来ない男と女の笑顔

映画いま、会いにゆきますの監督や出演俳優について

映画タイトル

いま、会いにゆきます

映画いま、会いにゆきますの主題歌

ORANGE RANGE - 花

映画いま、会いにゆきますの製作国

  • 日本

映画いま、会いにゆきますのジャンル

映画いま、会いにゆきますのキャッチコピー

雨とともに訪れた6週間の奇蹟

映画いま、会いにゆきますを一言で例えるなら

変わらぬ想いに繰り返し恋をする

映画いま、会いにゆきますの公開年

2004年

映画いま、会いにゆきますの監督

土井裕泰

映画いま、会いにゆきますの主要キャスト

  • 竹内結子(秋穂澪)
  • 中村獅童(秋穂巧)
  • 武井証(秋穂佑司)
  • 市川実日子(永瀬みどり)
  • YOU(浜中晶子)
  • 松尾スズキ(ケーキ屋の店長)
  • 小日向文世(野口医師)
  • 中村嘉葎雄(司法書士事務所所長)

いま、会いにゆきますを閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください