ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)

ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)
© Kobal/PARAMOUNT/TheKobalCollection/WireImage.com

マンハッタンに星が流れた夜―不思議な愛のファンタジードラマは始まった…

おすすめ度
4.5
感動する度
4.5
心に残る度
4.5

映画ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)の予告動画

映画ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)のストーリー(あらすじ)

舞台はアメリカのニューヨーク。
そこで暮らすサム(パトリック・スウェイジ)は恋人のモリー(デミ・ムーア)と共同生活を始めることとなった。
サムはモリー優しく誠実な銀行員。
モリーは陶芸家。
二人は幸せな生活を送っていた。

そんなある日、モリーはサムにプロポーズをする。
サムはモリーが『結婚』というものをどこか避けているように思っていたので、その事に対して驚く。
しかし、そんな二人の幸せな時間は長くは続かなかった。

モリーがサムにプロポーズをした晩に二人を暴漢が襲う。
サムは必死にモリーを守ろうとするが暴漢が銃を発泡する。

そのまま逃げていく暴漢をサムは追いかけるが途中で諦めてモリーの元に戻ろうとした。
しかし、振り返るとモリーが血まみれのサムを抱きしめていた。
その光景に自分の目を疑ったサムだったが、暴漢が撃った弾丸はサムに命中し、サムは帰らぬ人となっていたのだった。

突然のことに現実を受け入れられないサム。
天国に行くことを拒んだサムはモリーを見守ることを選んだ。

©Kobal/PARAMOUNT/TheKobalCollection/WireImage.com

そして、その後モリーにも危険が迫っていることを知ることとなる…。

映画ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)を見た感想・レビュー

この映画『ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)』もおすすめ映画なので紹介させて頂きます!
とは言ってもかなりメジャーな映画なので、観た事がないという人はほとんど居ないのかもしれません。

それでもこのサイトを見て、
『ストーリーを思い出した!』
『もう一度観たい』
と思ってもらえると幸いです。

今からもう25年も前の映画となりますが、
この愛の形は色褪せる事なんてないですよね。
こんなに誰かを想うこと、こんなに誰かに想われることが出来たなら本当に幸せだろうなって思います。

『自分が一生経験することはないであろう事』
『今まで生きて来た中で感じたことのない気持ちや想い』

そういったものを疑似体験出来るみたいで、
そういうところが僕の思う映画の好きなところです!

明日自分に何が起きるかなんて誰にも分からない事だとは思いますが、
突然自分が死んでしまうなんて事想像した事ありますか?

映画ってその作品、作品の中のとあるシーンなどで色々と考えさせられたりしますよね。
突然自分が死んでしまった時。
サムのようにゴーストになって、出来る限り思い残すことのないようにしたいですね。
後悔したことがない何て人は一人も居ないだろうと思いますが、
とにかく悔いのないように生きていきたいですね。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
一日の終わりに『明日全力で生きてみよう』と思わせてくれるような素敵な映画だと思います。
この映画『ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)』も本当におすすめ映画です!!

映画ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)の見どころ

『ゴースト』という存在の描き方

映画ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)の監督や出演俳優について

映画タイトル

ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)

映画ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)の製作国

  • アメリカ

映画ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)のジャンル

映画ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)のキャッチコピー

マンハッタンに星が流れた夜―不思議な愛のファンタジードラマは始まった…

映画ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)を一言で例えるなら

色褪せることのない愛

映画ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)の公開年

1990年

映画ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)の監督

ジェリー・ザッカー

映画ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)の主要キャスト

  • パトリック・スウェイジ(サム・ウィート)
  • デミ・ムーア(モリー・ジェンセン)
  • ウーピー・ゴールドバーグ(オダ・メイ・ブラウン)
  • トニー・ゴールドウィン(カール・ブルーナー)
  • リック・アビレス(ウィリー・ロペス)
  • ヴィンセント・スキャヴェリ(地下鉄のゴースト)

ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)を閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント