アイアンマン(Iron Man)

アイアンマン(Iron Man)
© 2008 MVLFFLLC. TM & © 2008 Marvel Entertainment. All Rights Reserved.

装着せよー強き自分

おすすめ度
4.5
感動する度
3
心に残る度
3.5

映画アイアンマン(Iron Man)のストーリー(あらすじ)

トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)はアメリカの天才発明家で巨大な軍事企業『スターク・インダストリーズ』のCEOである。
トニーは自身が作り出した新型兵器、クラスター型ミサイルの『ジェリコ』を
アフガニスタンに居るアメリカ空軍にプレゼンする為に
親友で政府とのパイプ役を担う軍人ローディ(テレンス・ハワード)と共にアフガニスタンに向かう。

アフガニスタンでのプレゼンは無事成功し、帰ろうとしたトニーだがアフガニスタンの武装テロ集団に襲撃される。
トニーに同行した兵士が次々に殺される中、必死に逃げ惑うトニー。
そんな中トニーに向けられて小型ミサイルが発射され、その爆風でトニーを気を失ってしまう。
気を失う直前にトニーが見たものはミサイルに刻印されている『スターク・インダストリーズ』のロゴであった。

目が覚めるとトニーは武装テロ集団に拉致され、洞窟の中で監禁されていた。
胸には電磁石の入った人工心臓が取り付けられていた。

同じく監禁されていた医師のインセン(ショーン・トーブ)がトニーに人工心臓を移植した。
そうしなければトニーは残り1週間の命となっていた。

そして、生かされたトミーは解放の条件にクラスター型ミサイルの『ジェリコ』を作る事を命じられる。
その組織のアジトにはスターク・インダストリーズのロゴの入った兵器が並べられていた。
トニーの作った武器はテロに使用されていたのだ。
その事を知ったトニーはショックを受ける。

トニーはジェリコを作るふりをしながら、その傍らで別のあるものを作り始める。
それは小型のアーク・リアクター(熱プラズマ反応炉)だ。
そして、インセンの協力を得ながら天才のトニーはこのアーク・リアクターを完成させる。
アーク・リアクターを胸に埋め込む事によりトニーは更に生命維持を可能にさせる。

それからトニーはアーク・リアクターと連動する身に付けるパワードスーツの『マーク1』を完成させる事にも成功する。
その『マーク1』は様々な武器を備え、飛行も可能なパワードスーツだ。

マーク1を着用したトニーは武装テロ集団を退けるのだが、その後全開してしまう。
その後帰国したトニーは『マーク2』、『マーク3』を作り上げ、ヒーロー『アイアンマン』が誕生する。

映画アイアンマン(Iron Man)を見た感想・レビュー

この作品、『アイアンマン』も超おすすめ映画です!
普段はアクション映画をあまり観る事がないのですが、この映画は本当に面白かったです!
アメコミ映画では僕の中のNo.1で、アクション映画というジャンルでも
僕の中では5本の指に入る名作だと断言出来ます。

CGもすごいですが、とにかく話しが面白く、終始ワクワクしながらこの映画『アイアンマン』を観ていました。
男性はこういうの好きかもしれません。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。

映画アイアンマン(Iron Man)の見どころ

リアルなCGアクション

映画アイアンマン(Iron Man)の監督や出演俳優について

映画タイトル

アイアンマン(Iron Man)

映画アイアンマン(Iron Man)の製作国

  • アメリカ

映画アイアンマン(Iron Man)のジャンル

映画アイアンマン(Iron Man)のキャッチコピー

装着せよー強き自分

映画アイアンマン(Iron Man)を一言で例えるなら

天才

映画アイアンマン(Iron Man)の公開年

2008年

映画アイアンマン(Iron Man)の監督

ジョン・ファヴロー

映画アイアンマン(Iron Man)の主要キャスト

  • ロバート・ダウニー・Jr(アイアンマン | トニー・スターク)
  • テレンス・ハワード(ジェームズ・"ローディ"・ローズ)
  • ジェフ・ブリッジス(オバディア・ステイン)
  • グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)
  • レスリー・ビブ(クリスティン・エヴァーハート)
  • ショーン・トーブ(インセン)
  • ファラン・タヒール(ラザ)
  • クラーク・グレッグ(フィル・コールソン)

アイアンマン(Iron Man)を閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント