ビザンチウム(Byzantium)

ビザンチウム(Byzantium)
© Parallel Films (Byzantium) Limited / Number 9 Films (Byzantium) Limited 2012

彼女は愛するように殺す

おすすめ度
4
感動する度
4
心に残る度
4

映画ビザンチウム(Byzantium)の予告動画

映画ビザンチウム(Byzantium)のストーリー(あらすじ)

母は私に3つのことをした

1:私を生んだ日 命を救ってくれた
2:私の養育費を苦労して出してくれた
3:語れぬ物語を与えてくれた

ビザンチウム(Byzantium)
© Parallel Films (Byzantium) Limited / Number 9 Films (Byzantium) Limited 2012

舞台は現代のヨーロッパ。
エレノア(シアーシャ・ローナン)は誰にも言えない秘密を抱えていた。
そして”嘘を吐いて生きること”に嫌気が差していた。
誰にも理解はされない。
でもその秘密を誰かに話したいとずっと思っていた。

エレノアはその秘密を物語にした。
それは真実の物語だった。
言葉にすることが出来ない“自分”という存在を誰かに話したかったのだ。

ある時、エレノアはその物語を記したノートの切れ端をべランドから風に乗せて捨て去った。
するとそのノートの切れ端を通りがかりの老人が拾った。
エレノアは興味深くそのエレノアの記した物語を読んでいた老人の元に行って話をした。
そしてそのまま老人の家に足を運んだ。

老人は独りだった。
老人は古いアルバムを手に取りながらかつて自身が愛した兄の妻の話をエレノアにした。
そしてエレノアに言った。

老人『人生にはいつか秘密を語るべき時が来る。君には多くの秘密があるな。』

エレノア『…』

老人『子供の頃ある物語を聞いた。魂を失いなお存在する”不死なる者”たち。死者でも生者でもない。司祭が話してくれた。怖がらせるために。』

エレノア『私の名前はエレノア・ウェッブ。』

老人『エレノア・ウェブ。準備は出来ている。』

エレノア『本当に?』

老人『十分過ぎる歳月を生きた。信じてくれ。』

エレノアは自身の秘密を明かした。
しかし、それは彼女の口から出たものではなかった。
老人のしわくちゃの手首に爪を刺し、流れ出る血を吸い取った。
そして老人は息を引き取った。
老人はエレノアが何者なのか気付いていたのだった。

エレノアの時間は16歳から止まっていた。
その見た目は200年以上変わることはなかった。
刻まれない自身の時計と終わることのない闇の中を孤独に生きてきた。

エレノアには8つ年上の家族が居た。
名前はクララ(ジェマ・アータートン)

クララは誰もが息を呑むほどの美貌の持ち主の彼女は売春婦として生計を立てていた。
しかし、ある出来事がきっかけで二人はその街を放れることとなった。
もともと放浪生活をしていた二人は次に海辺のリゾート地に移り住んだ。

ビザンチウム(Byzantium)
© Parallel Films (Byzantium) Limited / Number 9 Films (Byzantium) Limited 2012

エレノアはピアノが上手だった。
200年という長い時間は彼女に才能以上のものをもたらしていた。

とあるホテルのラウンジでピアノを弾いたエレノアはそこでフランク(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)という若いウェイターと知り合う。
フランクはすぐにエレノアに好意を寄せるようになった。

ビザンチウム(Byzantium)
© Parallel Films (Byzantium) Limited / Number 9 Films (Byzantium) Limited 2012

そしてクララは売春の仕事中に客としてやって来た気の弱い青年、ノエル(ダニエル・メイズ)と知り合った。
ノエルは母を亡くしたばかりでひどく落ち込んでいた。
ノエルの母は生前古いホテルをゲストハウスにして経営していた。
それを知ったクララは言葉巧みにノエルを丸め込み、そのゲストハウス“ビザンチウム”を売春宿にして娼婦を雇って経営した。

ビザンチウム(Byzantium)
© Parallel Films (Byzantium) Limited / Number 9 Films (Byzantium) Limited 2012

クララもまた人には言えない秘密を抱えていた。
そしてエレノアと同じく200年以上の長い年月を生きていた。

ビザンチウム(Byzantium)
© Parallel Films (Byzantium) Limited / Number 9 Films (Byzantium) Limited 2012

そんな二人を”同盟”と呼ばれる集団が負っていたのだった…。

ビザンチウム(Byzantium)
© Parallel Films (Byzantium) Limited / Number 9 Films (Byzantium) Limited 2012

これは無限の闇を生きる哀しき少女の物語

映画ビザンチウム(Byzantium)を見た感想・レビュー

この映画『ビザンチウム』もおすすめ映画なので紹介します!
監督は何と“インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア”のニール・ジョーダン監督です!!
正直にいうとインタビュー・ウィズ・ヴァンパイアが好きすぎて今回のビザンチウムもかなり期待してました٩(๑`^´๑)۶
ただ、期待しすぎちゃった感は否めないです(´・ω・`)
でも面白かった٩(๑`^´๑)۶

ビザンチウム(Byzantium)
© Parallel Films (Byzantium) Limited / Number 9 Films (Byzantium) Limited 2012

ニール・ジョーダンが描くヴァンパイア映画はひどくドラマチックでよくあるアクションもののヴァンパイア映画とは全くの別物です(´・ω・`)
その他のヴァンパイアの設定であるように日光に弱いとか超人的な力があるとかニンニクや十字架に弱いみたいな様子は見受けられなかったのですが、招いてもらわないとその家に入れないような描写はありました!
個人的に好きなのは『ヴァンパイアかっけえ!強ぇ!!』っていう映画よりも『永遠の孤独』をテーマに人間と同じ見た目をした感情のもつその存在がどのように小さく生きていくのかといったところです。
だからこういう“特別な存在”が自らの生の上で描く人間味溢れる矛盾したドラマに惹かれます。

ビザンチウム(Byzantium)
© Parallel Films (Byzantium) Limited / Number 9 Films (Byzantium) Limited 2012

そういう意味ではこの『ビザンチウム』もいい映画だったと思います!
この映画に対して賛否両論あるのは確かですが、僕は楽しめました(*´∀`*)
もう何年も前から見たい映画の一つでした!
ようやく見ることが出来たんですけど、それまでの時間が期待を大きくしすぎてしまったかもしれません(´・ω・`)
それでも本当におすすめしたい名作映画なのは変わりありません!

耳を澄ませば聴こえてくる、エレノアとクララの200年という歳月を感じさせるどこか懐かしくもありメロディアスなピアノの旋律が印象的です(><)
時に優しく、時に悲しくも聞こえるその音は何故かずっと聴いていたくなるような不思議なメロディで、本当に自然に頭の中に入ってきました(´・ω・`)

もしまだ見たことがないという人は是非見てみてください!
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアとか好きな人にはおすすめの映画です(*´∀`*)
昔はNetflixで視聴出来たんですけど、最近見れなくなっちゃってました(´・ω・`)
U-NEXTを契約している人はそのまま視聴出来るので是非是非٩(๑`^´๑)۶

映画ビザンチウム(Byzantium)の見どころ

人間でなくなった存在が大切に残そうとする人間らしさを表現している役作り

映画ビザンチウム(Byzantium)の監督や出演俳優について

映画タイトル

ビザンチウム(Byzantium)

映画ビザンチウム(Byzantium)の製作国

  • イギリス
  • アイルランド

映画ビザンチウム(Byzantium)のジャンル

映画ビザンチウム(Byzantium)のキャッチコピー

これが本当の私ー

映画ビザンチウム(Byzantium)を一言で例えるなら

真珠は永遠に清らかだ。たとえ貝の身が腐っても…。

映画ビザンチウム(Byzantium)の公開年

2013年

映画ビザンチウム(Byzantium)の監督

ニール・ジョーダン

映画ビザンチウム(Byzantium)の主要キャスト

  • シアーシャ・ローナン(エレノア)
  • ジェマ・アータートン(クララ)
  • サム・ライリー(ダーヴェル)
  • ジョニー・リー・ミラー(ルヴェン)
  • ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(フランク)
  • ダニエル・メイズ(ノエル)

ビザンチウム(Byzantium)を閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください