美しい映画系のおすすめ映画一覧

【グラディエーター】間違いなくベスト映画ランキングトップ3に入る映画!!

【グラディエーター】間違いなくベスト映画ランキングトップ3に入る映画!!

舞台は西暦180年、賢帝『マルクス・アウレリウス(リチャード・ハリス)』の統治する古代ローマ。平民出身ながら将軍にまで上り詰めたマキシマス・デシムス・メレディウス(ラッセル・クロウ)は、遠征先のゲルマニアの地で、今まさに蛮族を相手に決戦を行おうとしていた。戦を避けるためにローマ軍から蛮族へと送られた使者は蛮族の手によって首を切り落とされ、それと同時にローマ軍と蛮族との戦が始まることとなった。そしてそれはゲルマニアとローマの12年にも及ぶ長い戦いに終止符を打つものだった。

おすすめ度
5
【ヒア アフター】”超名作映画” 文字通り生きてる間に見て欲しい名作映画

【ヒア アフター】”超名作映画” 文字通り生きてる間に見て欲しい名作映画

マリー・ルレ(セシル・ドゥ・フランス)はフランスでジャーナリストの仕事をしている女性だ。恋人のディディエと東南アジアに旅行で訪れていた。マリーはホテルのチェックアウトを済まし、街の市場でお土産物をあさっていた。そして、そこで津波に襲われてしまった。その場に居た小さな子どもを連れて津波から逃げるマリーだったが、そのまま津波に飲み込まれてしまいどんどん流されていってしまう。どうにか津波の流れから逃れようと必死で何かに捕まろうとするが、津波によって流されて来た大きな鉄の塊が後頭部にぶつかり、そのまま海の中へと沈んでしまう。そんな中、マリーは不思議な体験をする。いわゆる臨死体験というものだった。

おすすめ度
4.5
【落下の王国(THE FALL)】”超おすすめ映画” 世界にたったひとつの作り話

【落下の王国(THE FALL)】”超おすすめ映画” 世界にたったひとつの作り話

舞台は1915年のアメリカ、ロサンゼルス。映画のスタントマンとして働いていた『ロイ・ウォーカー(リー・ペイス)』は撮影中の事故で橋から落下し両足を骨折するという大怪我を負い病院に入院していた。ロイの不運はそれだけにとどまらず、恋人を映画の主演俳優に奪われるといったことなどもあり自暴自棄に陥っていた。

おすすめ度
4.5
【ツリー・オブ・ライフ】父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだった

【ツリー・オブ・ライフ】父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだった

舞台は現代のアメリカ。実業家として成功を収めたジャック・オブライエン(ショーン・ペン)。そんなジャックだったが人生の岐路に立たされ、深い喪失感に襲われてしまう。そんな時に思い出したのが少年時代の思い出、兄弟と両親の事だった。ジャックは母親を蔑み、兄弟へ不器用な愛を向け、父親を憎んでいた。

おすすめ度
4
【秒速5センチメートル】心の距離―魂の彷徨…

【秒速5センチメートル】心の距離―魂の彷徨…

東京のとある小学校に通う遠野貴樹(水橋研二)と篠原明里(近藤好美)。二人は親の仕事の都合で転勤が多く、二人が出会ったその小学校でも二人は転校生だった。引っ込み思案な性格も体が小さく病気がちで、外で大勢で遊ぶというよりも図書館で本を読むのが好きだった二人。そんな二人を同級生がはやし立てられることも…。

おすすめ度
4
【グラン・ブルー 完全版】感動のラスト – 海が好きになるおすすめ名作映画

【グラン・ブルー 完全版】感動のラスト – 海が好きになるおすすめ名作映画

舞台はイタリア。シチリアでフリーダイバーをしているエンゾ(ジャン・レノ)。ある日そんなエンゾの元に『難破船の解体作業中にダイバーが船内に閉じ込められた』という知らせが届いた。エンゾは弟のロベルト(マルク・デュレ)と共に事故現場に向かった。現場責任者と話し合い、エンゾは閉じ込められたダイバーを救出することに。

おすすめ度
4.5
【奇跡のシンフォニー】 音の奇跡 – 感動のおすすめ映画

【奇跡のシンフォニー】 音の奇跡 – 感動のおすすめ映画

舞台はアメリカ。ニューヨークの孤児院で暮らすエヴァン(フレディ・ハイモア)は両親の顔も名前も知らなかった。それでもいつか自分を迎えに来てくれると信じ、孤児院で待ち続けるエヴァン。しかし、その願いはエヴァンが11歳になっても叶うことはなかったのだった。いつまでも両親のことを信じ続けるエヴァンを同じ施設の子供達はいつしかいじめるようになっていた。

おすすめ度
4
【セブン・イヤーズ・イン・チベット】心が洗われる超名作映画

【セブン・イヤーズ・イン・チベット】心が洗われる超名作映画

舞台は1939年、ナチスの統制下のオーストラリア。その年の秋、登山家として有名だったハインリッヒ・ハラー(ブラッド・ピット)は妻のイングリッド(インゲボルガ・ダプクナイテ)と妻のお腹の中に宿った幼い命を残しヒマラヤ山脈を目指した。それは彼の登山家としての使命、そして自らの子供の"存在"から逃げる為でもあった。

おすすめ度
4.5