笑って泣ける系のおすすめ映画一覧

【最強のふたり】爆笑して泣いて最後には心が澄み渡る最高の映画だった!

【最強のふたり】爆笑して泣いて最後には心が澄み渡る最高の映画だった!

真っ直ぐな目をした黒人の青年は静かに車のハンドルを握っていた。そして助手席には顔色は良くないが黒人の青年と同じくらい真っ直ぐな目をした初老の男が静かに座っていた。黒人の青年は車の速度を上げ、どんどんと他の車を追い抜いていった。気付けば安全運転とは言えない黒人の青年が運転するその車をパトカーが追跡するようになっていた。黒人青年『"逃げ切る"に100ユーロ。』初老の男性『乗った。』黒人の青年『行くぜ。』

おすすめ度
5
【東京タワー オカンとボクと、時々、オトン】何度見てもやっぱり泣ける

【東京タワー オカンとボクと、時々、オトン】何度見てもやっぱり泣ける

『この話は東京に弾き飛ばされ故郷に戻っていったオトンと、同じようにやって来て帰るところを失ってしまったボクと、そして一度もそんな幻想を抱いたこともなかったのに東京に連れてこられて戻ることも、帰ることも出来ず、東京タワーのふもとで眠りについた…

おすすめ度
5
【チチを撮りに】ブラマヨの吉田さんも絶賛の笑って泣けるおすすめ映画

【チチを撮りに】ブラマヨの吉田さんも絶賛の笑って泣けるおすすめ映画

舞台は現代の日本。東村家は長女の葉月(柳英里紗)と次女の呼春(松原菜野花)と母の佐和(渡辺真起子)の3人家族だ。父の正高(二階堂智)は14年前に別の女性と出ていってしまった。20歳でフリーターの葉月は昼キャバのバイトをしながら一人暮らしを夢見ていた。17歳で女子高生の呼春は留年しない程度に学校をサボりながらのんびりとした毎日を過ごしていた。金融関係のエリートである母の佐和は働きながら二人の娘を養っていた。ある日、母の佐和は二人の娘に『大事な話がある』と言い、自宅に集合をかけた。大量のお寿司を持って帰宅した母からはきっと良い話が聞けると期待した二人だったが、佐和の口から出た言葉は意外なものだった。佐和「お父さん死ぬんだって…。」

おすすめ度
4
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

予測不能「ぶっとび妻」×超フツー「冷静夫」結婚3年目、凸凹夫婦のちょっと変わった日常を描く、新しい愛のカタチ サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。

おすすめ度
5
【サニー 永遠の仲間たち】マジで号泣する韓流映画!!

【サニー 永遠の仲間たち】マジで号泣する韓流映画!!

舞台は現在の韓国、ソウル。イム・ナミ(ユ・ホジョン)は毎日で仕事で忙しい夫と思春期の娘を持つ42歳の専業主婦だ。毎日の慌ただしい生活の中でも慌ただしくも幸せな生活を送っていた。ある日、母の入院先を訪れたイム・ナミ。夫からもらったお金で母にCHANELのバッグを購入し、プレゼントした。母の病室から出て帰ろうとする途中で患者の呻き声を聞いたナミ。そこをそっと覗くと入院患者がとても苦しそうにしていた。ふと入院者の表札に目をやるとその人物が【ハ・チュナ】という女性だと分かった。そこでナミの中に引っかかるものがあった。ナミには【ハ・チュナ】という名前に覚えがあったのだ。帰宅して卒業アルバムを手に取るナミ。アルバムの中からハ・チュナを探した。後日母の入院する病院を訪ねた際にナミは【ハ・チュナ】が入院する病院を訪れた。そこにはナミと同じ年頃の女性が居た。チュナはナミの高校時代の大親友だった。 二人は病室で25年ぶりに再開した。チュナもナミの母と同じ病院に入院しており、ガンを患っていた。病状も申告で医者からは余命2ヶ月と宣告されていたのだった。そこで二人の会話を遮るようにナミの携帯が鳴った。電話は夫からで明日から出張で2ヶ月離れることになるとのことだった。 2ヶ月はチュナの余命と同じだ。

おすすめ度
4.5
【ヴィンセントが教えてくれたこと】不良ジジイの笑って泣けるおすすめ映画

【ヴィンセントが教えてくれたこと】不良ジジイの笑って泣けるおすすめ映画

ギャンブルが大好きでアルコールに溺れるちょい悪親父のヴィンセント(ビル・マーレイ)。ヴィンセントは口が悪く、偏屈な老人で周りの人間からは疎まれる存在だった。そんなヴィンセントが唯一こころを許すのはペットの猫のフィリックスだけだった。ある日、そんなヴィンセントのお隣にある一家が引っ越して来る。ヴィンセントの隣に引っ越して来たのはシングルマザーのマギー(メリッサ・マッカーシー)、そして息子のオリバー(ジェイデン・リーバハー)だった。オリバーは見るからにひ弱そうな小学生でいじめられっ子の少年だった。しかし、幼い頃に両親が離婚したせいか、どこか大人びている一面もあった。シングルマザーであるマギーは女手ひとつでオリバーを育てていて、仕事の都合で帰りが遅くなることも…。

おすすめ度
4
【ハッピーエンドの選び方】いつか迎える最期をコミカルに描いた感動映画

【ハッピーエンドの選び方】いつか迎える最期をコミカルに描いた感動映画

エルサレムのある老人ホームで暮らすヨヘスケル(ゼーブ・リバッシュ)は発明が趣味だった。彼のユニークなアイデアから生まれる発明品の数々はみんなの生活を少しだけ楽にするようなものだった。ヨヘスケルはある日、親友のマックスから発明の依頼を受ける。マックスは望まぬ延命治療で苦しんでいた。そんなマックスはヨヘスケルに『安らかに死ねる発明品を作って欲しい』とお願いをするのだった。しかし、ヨヘスケルの妻のレバーナ(レバーナ・フィンケルシュタイン)は猛反対した。それでもお人よしのヨヘスケルは親友の最後の願い、そしてマックスを"助けたい"という一心から、ある発明をするのだった。

おすすめ度
4.5