死ぬまでに見たい映画系のおすすめ映画一覧

エターナル・サンシャイン(Eternal Sunshine of the Spotless Mind)

エターナル・サンシャイン(Eternal Sunshine of the Spotless Mind)

舞台は現代のアメリカ。ヴァレンタイン目前に恋人のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)と大喧嘩をしてしまった平凡男のジョエル(ジム・キャリー)。ジョエルは何とかクレメンタインと仲直りしようとプレゼントを持って彼女の働く本屋に足を運んだ。しかし、そこに居た彼女はジョエルの知っているクレメンタインではなかった。まるで自分のことを知らないかのように接するクレメンタイン。そしてジョエルの知らない男とイチャイチャし始めるのだった。その様子を目の当たりにして酷くショックを受けるジョエル。そんなジョエルの元に不思議な手紙が届いた。その手紙の中には『クレメンタインはジョエルとの記憶を全部消してしまった』と書かれていた。失恋の記憶消します。

おすすめ度
4.5
マイ・ボディガード(Man on Fire)

マイ・ボディガード(Man on Fire)

舞台は現代のメキシコ。治安の悪いメキシコでは誘拐が立派なビジネスとして成立する程だった。結果、多少経済的に余裕のある家庭は必ずボディーガードを雇うようにし、誘拐保険に加入していた。ジョン・W・クリーシーは16年もの長い間米軍の対テロ暗殺部隊に所属していた。長い間そんな生活を続けたせいか、除隊後クリーシーはアルコール中毒になってしまっていた。そんなクリーシーに友人のレイバーン(クリストファー・ウォーケン)はある少女のボディーガードをするという仕事を紹介した。

おすすめ度
5
落下の王国(THE FALL)

落下の王国(THE FALL)

舞台は1915年のアメリカ、ロサンゼルス。映画のスタントマンとして働いていた『ロイ・ウォーカー(リー・ペイス)』は撮影中の事故で橋から落下し両足を骨折するという大怪我を負い病院に入院していた。ロイの不運はそれだけにとどまらず、恋人を映画の主演俳優に奪われるといったことなどもあり自暴自棄に陥っていた。

おすすめ度
4.5
100歳の少年と12通の手紙(Oscar et la Dame rose)

100歳の少年と12通の手紙(Oscar et la Dame rose)

物語の舞台は様々な難病を患った子供たちが多く入院しているフランスのとある病院。そこにオスカーも入院していた。オスカーも難病を患った子供の一人だったのだ。白血病のオスカーは大人に対して不信感を抱いていた。白血病のオスカーを腫れ物を触るように接する大人たちに嫌気がさし、本当の気持ちを言えずにいたのだった。

おすすめ度
5
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(The Curious Case of Benjamin Button)

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(The Curious Case of Benjamin Button)

舞台は現代のアメリカ。病院のベッドの上で老婆が見舞いに来た自分の娘にある男の話を始める。その老婆の名前はデイジー・フューラー(ケイト・ブランシェット)。そして、老婆の口から登場する男の名前はベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。ベンジャミン・バトンは人と違う、数奇な人生を送ったのだった。ベンジャミンは第一次世界大戦が終了してすぐの1918年にニューオーリンズで生まれた。彼は生まれた時から老いていた。見た目は80歳のおじいちゃん。

おすすめ度
5
サンドロット – 僕らがいた夏 -(THE SANDLOT)

サンドロット – 僕らがいた夏 -(THE SANDLOT)

舞台は1962年のアメリカ。前年の1961年に野球の神様と言われたベイブ・ルースがアメリカ野球殿堂を果たした。当時少年達の間で流行っていたものは『野球』。話題であり、もっとも熱いスポーツであった。そして、ベイブ・ルースは当時アメリカの少年達にとっての偉人であり、憧れの存在であった。スコッティ(トム・グイリー)はその年の夏ある町に引っ越して来た。野球についての知識がほとんどなかったスコッティはなかなか友達が出来ずにいた。スコッティは母に「友達を作りなさい」と言われ草野球チームに入ることを決心する。

おすすめ度
4.5
ハッピーエンドの選び方(THE FAREWELL PARTY)

ハッピーエンドの選び方(THE FAREWELL PARTY)

エルサレムのある老人ホームで暮らすヨヘスケル(ゼーブ・リバッシュ)は発明が趣味だった。彼のユニークなアイデアから生まれる発明品の数々はみんなの生活を少しだけ楽にするようなものだった。ヨヘスケルはある日、親友のマックスから発明の依頼を受ける。マックスは望まぬ延命治療で苦しんでいた。そんなマックスはヨヘスケルに『安らかに死ねる発明品を作って欲しい』とお願いをするのだった。しかし、ヨヘスケルの妻のレバーナ(レバーナ・フィンケルシュタイン)は猛反対した。それでもお人よしのヨヘスケルは親友の最後の願い、そしてマックスを"助けたい"という一心から、ある発明をするのだった。

おすすめ度
4.5
灼熱の魂(Incendies)

灼熱の魂(Incendies)

物語はジャンヌ(メリッサ・デゾルモー=プーラン)とシモン(マクシム・ゴーデット)の母、ナワル・マルワンの死、そして彼女の遺言からはじまる。舞台は現代のカナダのケベック州。それはジャンヌとナワルが訪れたプールで起きた突然の出来事だった。ジャンヌには何が起きたのか理解できなかった。プールサイドに居た母が原因不明の放心状態になってしまたのだった。ジャンヌが幾らナワルに声を掛けても返事はない。

おすすめ度
5
秒速5センチメートル

秒速5センチメートル

東京のとある小学校に通う遠野貴樹(水橋研二)と篠原明里(近藤好美)。二人は親の仕事の都合で転勤が多く、二人が出会ったその小学校でも二人は転校生だった。引っ込み思案な性格も体が小さく病気がちで、外で大勢で遊ぶというよりも図書館で本を読むのが好きだった二人。そんな二人を同級生がはやし立てられることも…。

おすすめ度
4
サイモン・バーチ(Simon Birch)

サイモン・バーチ(Simon Birch)

舞台はアメリカ、メイン州にあるグレイブズタウンという田舎町。1952年、そこでか細くも大きな産声を上げたサイモン・バーチ(イアン・マイケル・スミス)。サイモンは通常の赤ん坊と異なり、体も心臓などの主要な臓器も小さかった為、サイモンを取り上げた医師は、サイモンの両親に『この子は長くは生きられない。一晩もたないかもしれない…。』と告げた。それでもサイモンは1週間、1年と必死に生き続け、まわりの人間はそれを奇跡と呼んだ。

おすすめ度
4
スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)

スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)

作家のゴードンは『弁護士のクリストファー・チェンパーズが刺殺される』という新聞を見て、子供時代を思い出す事となる。クリストファーはゴードンが少年時代を共に過ごした親友だ。ゴードンにとっては自分が『強くなる』きっかけになった出来事がある。

おすすめ度
4.5
グラン・ブルー 完全版(Le Grand Bleu)

グラン・ブルー 完全版(Le Grand Bleu)

舞台はイタリア。シチリアでフリーダイバーをしているエンゾ(ジャン・レノ)。ある日そんなエンゾの元に『難破船の解体作業中にダイバーが船内に閉じ込められた』という知らせが届いた。エンゾは弟のロベルト(マルク・デュレ)と共に事故現場に向かった。現場責任者と話し合い、エンゾは閉じ込められたダイバーを救出することに。

おすすめ度
4.5
マイ・フレンド・メモリー(The Mighty)

マイ・フレンド・メモリー(The Mighty)

体格に恵まれたマックス(エルデン・ヘンソン)は同い年の子供たちよりもはるかに体が大きい。マックスは祖母と祖父との3人暮らしで、母親は居らず、父親は服役中だった。しかし、そんなマックスにも『学習障害』という欠点があり、そのせいか屈強な体格を持つにも関わらず周りの同級生達にはいつもいじめられていた。ある日、マックスの家の横に同い年くらいの少年『ケヴィン(キーラン・カルキン)』が引っ越してくる事となる。ケヴィンは非常に頭が良く、かしこく、何に対しても前向きな少年だったが、その反面難病を抱え、余命わずかな体だった。

おすすめ度
4.5