映像美系のおすすめ映画一覧

GANTZ : O(ガンツ : オー)

GANTZ : O(ガンツ : オー)

舞台は現代の日本。東京で通り魔事件が発生しており、まだ犯人は捕まっていなかった。加藤勝は東京で暮らす普通の高校生。父親と母親は既に他界しており、弟と二人で暮らしていた。その日は家で待つ弟の為に誕生日ケーキを買って帰宅する途中だった。一方、大阪では非常事態宣言が出ていた。それは人々に少し前に渋谷で起きたバケモノ騒動を連想させた。サプライズのケーキを片手に自宅に居る弟に電話をし、駅で電車を待つ加藤。そんな加藤を不運が襲った。突然鳴り響いた人々の悲鳴と同時に加藤の居る駅のホームに通り魔が現れたのだった。襲われた男性を助けるために倒れた男性の元へ駆け寄る加藤。そこに再び刃物を持った通り魔が現れ、加藤は素手で応戦するが、通り魔に何度も刺されてそのまま息を引き取ってしまう。そして、目が覚めると加藤はマンションの一室に居た。『俺…生きてるのか?』そこには加藤以外に中年男性の鈴木、高校生の女子レイカ、中学生の西、そしてヤクザ風のが居た。

おすすめ度
4.5
落下の王国(THE FALL)

落下の王国(THE FALL)

舞台は1915年のアメリカ、ロサンゼルス。映画のスタントマンとして働いていた『ロイ・ウォーカー(リー・ペイス)』は撮影中の事故で橋から落下し両足を骨折するという大怪我を負い病院に入院していた。ロイの不運はそれだけにとどまらず、恋人を映画の主演俳優に奪われるといったことなどもあり自暴自棄に陥っていた。

おすすめ度
4.5
秒速5センチメートル

秒速5センチメートル

東京のとある小学校に通う遠野貴樹(水橋研二)と篠原明里(近藤好美)。二人は親の仕事の都合で転勤が多く、二人が出会ったその小学校でも二人は転校生だった。引っ込み思案な性格も体が小さく病気がちで、外で大勢で遊ぶというよりも図書館で本を読むのが好きだった二人。そんな二人を同級生がはやし立てられることも…。

おすすめ度
4