日常系のおすすめ映画一覧

【永い言い訳】簡単に言葉に出来ないけど絶対に見るべきおすすめ映画

【永い言い訳】簡単に言葉に出来ないけど絶対に見るべきおすすめ映画

この映画『永い言い訳』も超おすすめ映画なので紹介します!久しぶりに最近のヒューマンドラマ系の邦画を探していた時に見付けた映画で、とりあえず映画のタイトル『永い言い訳』っていうのが気になって見ました(^^)その時の気分的には『何も考えずに見れる映画が見たい』って感じだったんですけど、内容的にはちょっとだけ重かったです。見ている途中で、以前紹介した映画『恋人たち』を連想させるものがありました(´・ω・`) あそこまで重たい内容ではなかったんですけど、永い言い訳の最初の幸夫と夏子の夫婦のやり取りが見ていて何だかブルーな気持ちになりました(´・ω・`)

おすすめ度
4.5
【チチを撮りに】ブラマヨの吉田さんも絶賛の笑って泣けるおすすめ映画

【チチを撮りに】ブラマヨの吉田さんも絶賛の笑って泣けるおすすめ映画

舞台は現代の日本。東村家は長女の葉月(柳英里紗)と次女の呼春(松原菜野花)と母の佐和(渡辺真起子)の3人家族だ。父の正高(二階堂智)は14年前に別の女性と出ていってしまった。20歳でフリーターの葉月は昼キャバのバイトをしながら一人暮らしを夢見ていた。17歳で女子高生の呼春は留年しない程度に学校をサボりながらのんびりとした毎日を過ごしていた。金融関係のエリートである母の佐和は働きながら二人の娘を養っていた。ある日、母の佐和は二人の娘に『大事な話がある』と言い、自宅に集合をかけた。大量のお寿司を持って帰宅した母からはきっと良い話が聞けると期待した二人だったが、佐和の口から出た言葉は意外なものだった。佐和「お父さん死ぬんだって…。」

おすすめ度
4
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

予測不能「ぶっとび妻」×超フツー「冷静夫」結婚3年目、凸凹夫婦のちょっと変わった日常を描く、新しい愛のカタチ サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。

おすすめ度
5
【横道世之介(A Story of Yonosuke)】温かい涙を流したい貴方へおすすめの映画

【横道世之介(A Story of Yonosuke)】温かい涙を流したい貴方へおすすめの映画

舞台は1987年の東京。長崎の港町で生まれた横道世之介(高良健吾)は大学進学の為に上京した。東京には従兄の清志(黒田大輔)と同郷の友人の小沢(柄本佑)がいた。大学の説明会ではすぐに倉持一平(池松壮亮)、阿久津唯(朝倉あき)という友人が出来た。お人好しで人からの頼みを断れない世之介はサークルの勧誘でサンバに誘われ、そのまま流されるままにサンバサークルに入ることになった。ある日、同郷の友人である小沢と喫茶店で待ち合わせした世之介。そこで年上の妖艶な魅力を持つ千春(伊藤歩)と知り合う。世之介は千春からアルバイトをしないかと持ちかけられちょっとした仕事を引き受けることに。別れ際に千春は世之介に『私が惚れるくらいのいい男になりなさい』と伝え、それを聞いた世之介はその日から千春にゾッコンとなる。

おすすめ度
4.5
【幸せの教室(Larry Crowne)】トム・ハンクス主演のほっこりおすすめ映画

【幸せの教室(Larry Crowne)】トム・ハンクス主演のほっこりおすすめ映画

舞台はアメリカ。海軍の退役軍人のラリー・クラウン(トム・ハンクス)。退役後はスーパーで長い間働いていたラリーだったが、大卒でないという理由で長い間勤めていたスーパーをリストラされてしまう。ラリーはバツイチで一軒家に一人暮らし。急な事で再就職の宛てもなく自宅立ち退きの可能性も出て来て落ち込んでいた。そんなラリーを見て隣人のラマー(セドリック・ジ・エンターテイナー)はこの先のラリーの可能性を広げる為に短期大学に通うことを勧める。

おすすめ度
4
【映画 深夜食堂】食堂を舞台にほっこりな日常を描いたドラマ映画

【映画 深夜食堂】食堂を舞台にほっこりな日常を描いたドラマ映画

舞台は新宿・花園界隈の路地裏にある『めしや』という名の飲食店。マスターが一人で切り盛りしている、カウンターだけの小さな飯屋である。営業時間は深夜0時から朝の7時頃まで。深夜にしか営業しないことから、常連からは『深夜食堂』と呼ばれている。

おすすめ度
4