戦争映画系のおすすめ映画一覧

【アメリカン・スナイパー】見ないと絶対後悔する映画だから死ぬ前に見とけ!

【アメリカン・スナイパー】見ないと絶対後悔する映画だから死ぬ前に見とけ!

舞台はアメリカ。クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)はテキサス州に生まれた。クリスは弟のジェフと共にキリスト教徒である厳格な父に育てられた。父はクリスに狩猟を教え、強い男に育てようとしていた。父は言った。『人間には3種類ある。"羊" , "番犬" , "狼"だ。"悪など存在しない"と思う連中は悪が訪れた時、自身を守れない。彼らは"羊"だ。そして捕食者は弱者を暴力で餌食にする。彼らは"狼"だ。そして、群れを守るため圧倒的な力を駆使する者。狼と戦う類まれな者、彼らは"番犬"だ。父さんは"羊"は育てない。"狼"は厳しく罰する。だが家族は守る。弟が誰かに襲われいじめられたらやっつける許可を与える。お前は番犬だ。』

おすすめ度
5
【縞模様のパジャマの少年】子供を中心に戦時中のドイツを描いたおすすめ映画

【縞模様のパジャマの少年】子供を中心に戦時中のドイツを描いたおすすめ映画

舞台は第二次世界大戦下のドイツ。ブルーノとその家族はベルリンで生活していた。ナチス将校の父ラルフ(デヴィッド・シューリス)と専業主婦の母エルラ(ヴェラ・ファーミガ)、そして12歳の姉マリア(カーラ・ホーガン)、そして末っ子で8歳のブルーノ(エイサ・バターフィールド)。軍人である父の昇進によりベルリンから遠く離れた見知らぬ土地へ引っ越しをすることとなった。新しい家は庭付きの広い家ではあったが、友達とも離れ離れになり、退屈な日々を送っていた。新しい土地では遊び相手も居ず退屈な毎日を過ごしていたブルーノだったが、ある日、家の窓から見える場所に農場のような場所を見付けた。そこに居る大人も子供もどこか様子が変だった。大人は作業着の下に、子供はそのまま縞模様のパジャマを着ていたのだ。それもお昼の時間帯だった。

おすすめ度
4
ラッカは静かに虐殺されている(CITY OF GHOSTS)

ラッカは静かに虐殺されている(CITY OF GHOSTS)

戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。2014年6月、その内戦において過激思想と武力で勢力を拡大する「イスラム国」(IS)がシリア北部の街ラッカを制圧した。かつて「ユーフラテス川の花嫁」と呼ばれるほど美しかった街はISの首都とされ一変する。爆撃で廃墟と化した街では残忍な公開処刑が繰り返され、市民は常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていた。海外メディアも報じることができない惨状を国際社会に伝えるため、市民ジャーナリスト集団“RBSS”(Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)が秘密裡に結成された。

おすすめ度
5
ラジオ・コバニ(Radio Kobani)

ラジオ・コバニ(Radio Kobani)

ISとの戦闘で瓦礫と化したシリア北部の街で、大学生のディロバンは手作りのラジオ局をはじめる トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014年9月から過激派組織「イスラム国」(IS)の占領下となるも、クルド人民防衛隊(YPG)に…

おすすめ度
5
【戦場のピアニスト(The Pianist) 】音楽だけが生きる糧だった

【戦場のピアニスト(The Pianist) 】音楽だけが生きる糧だった

舞台は1939年のポーランド。ナチスドイツ軍が進行中。ユダヤ人のウワディスワフ・シュピルマン(エイドリアン・ブロディ)の職業はピアニスト。ワルシャワのラジオ局でピアノを弾いていた。ウワディスワフ・シュピルマンが仕事をしていたラジオ局もドイツ軍の爆撃を受けて崩壊してしまう。

おすすめ度
4
【プライベートライアン(Saving Private Ryan)】一生心に焼き付く戦争映画

【プライベートライアン(Saving Private Ryan)】一生心に焼き付く戦争映画

舞台は1944年、第2次世界大戦中真っ只中。フランス・ノルマンディに上陸した米英連合軍。そこで待ち受けていたドイツ軍の攻撃を受け、多くの兵士が命を落とす事となる。無事に戦場を制圧し、その場を生き残ったミラー大尉(トム・ハンクス)に軍の上層部より緊急の命令が下る。

おすすめ度
4.5