切ない系のおすすめ映画一覧

つみきのいえ(La maison en petits cubes)

つみきのいえ(La maison en petits cubes)

思い出と共に壁一面に飾られた数多くの写真達。自宅の窓を開ければ周り一面が海。海に沈んでしまった町で孤独に暮らす背中の曲がったおじいさん。床のハッチを開ければ下の階に繋がる。そして下の階(部屋)は全て海に沈んでしまっている。そこに釣り糸を垂らし、釣れた魚がおじいさんのご飯となる。見もしないテレビを点けて、飲み物をグラスに注ぎ孤独な食事をする。日に日に水面は増していき、朝起きた時には海水が床にまで来ていることも…。その度におじいさんは積み木を重ねるようにどんどん上へ上へと階(部屋)を増築していく。ある日おじいさんは普段から愛用していたパイプを下の階(海中)に落としてしまう。大切なパイプを拾いに行くためにおじいさんは潜水服を着て海の中へ…

おすすめ度
5
壬生義士伝(When the Last Sword Is Drawn)

壬生義士伝(When the Last Sword Is Drawn)

舞台は維新後の明治。元新選組三番隊組長だった斎藤一(佐藤浩市)はある夜、熱を出した孫の実(みのる)をおんぶしてとある町医者の元を訪ねた。 夜分遅い時間ではあったが、その病院は斎藤達を快く迎え入れてくれた。その病院を営む夫婦は翌日の引っ越しに備えて片付けをしている途中だった。斎藤が足を運んだ病院は少し変わった病院で、代金をもらう代わりに酒で患者のことを診てくれるという変わった院長が居る病院だった。院長の名前は大野千明(村田雄浩)。中年の男性だ。病院について孫の実(みのる)はすぐに注射器を見付けてしまう。『ちくちく嫌!ちくちく嫌!』と言って逃げ出そうとし、そのまま机にぶつかった実は机の上の写真たてを床に落としてしまう。

おすすめ度
5
グラディエーター(Gladiator)

グラディエーター(Gladiator)

舞台は西暦180年、賢帝『マルクス・アウレリウス(リチャード・ハリス)』の統治する古代ローマ。平民出身ながら将軍にまで上り詰めたマキシマス・デシムス・メレディウス(ラッセル・クロウ)は、遠征先のゲルマニアの地で、今まさに蛮族を相手に決戦を行おうとしていた。戦を避けるためにローマ軍から蛮族へと送られた使者は蛮族の手によって首を切り落とされ、それと同時にローマ軍と蛮族との戦が始まることとなった。そしてそれはゲルマニアとローマの12年にも及ぶ長い戦いに終止符を打つものだった。

おすすめ度
5
ヒア アフター(Hereafter)

ヒア アフター(Hereafter)

マリー・ルレ(セシル・ドゥ・フランス)はフランスでジャーナリストの仕事をしている女性だ。恋人のディディエと東南アジアに旅行で訪れていた。マリーはホテルのチェックアウトを済まし、街の市場でお土産物をあさっていた。そして、そこで津波に襲われてしまった。その場に居た小さな子どもを連れて津波から逃げるマリーだったが、そのまま津波に飲み込まれてしまいどんどん流されていってしまう。どうにか津波の流れから逃れようと必死で何かに捕まろうとするが、津波によって流されて来た大きな鉄の塊が後頭部にぶつかり、そのまま海の中へと沈んでしまう。そんな中、マリーは不思議な体験をする。いわゆる臨死体験というものだった。

おすすめ度
4.5
映画 聲の形(こえのかたち) – The Shape of Voice –

映画 聲の形(こえのかたち) – The Shape of Voice –

将也はある目標を見据え、ある時からカレンダーに意味深な☓印を付けていた。これまで続けていたアルバイトを辞め、また自分の部屋にあった家具や敷布団を含めて業者に売り、これまでアルバイトなどで貯めたお金を銀行口座から引き出し、それを母が眠る枕元に置いて家を出たのだった。将也が置いたお金は170万近くある程の大金だった。

おすすめ度
4.5
チチを撮りに(Capturing Dad)

チチを撮りに(Capturing Dad)

舞台は現代の日本。東村家は長女の葉月(柳英里紗)と次女の呼春(松原菜野花)と母の佐和(渡辺真起子)の3人家族だ。父の正高(二階堂智)は14年前に別の女性と出ていってしまった。20歳でフリーターの葉月は昼キャバのバイトをしながら一人暮らしを夢見ていた。17歳で女子高生の呼春は留年しない程度に学校をサボりながらのんびりとした毎日を過ごしていた。金融関係のエリートである母の佐和は働きながら二人の娘を養っていた。ある日、母の佐和は二人の娘に『大事な話がある』と言い、自宅に集合をかけた。大量のお寿司を持って帰宅した母からはきっと良い話が聞けると期待した二人だったが、佐和の口から出た言葉は意外なものだった。佐和「お父さん死ぬんだって…。」

おすすめ度
4
ミリオンダラー・ベイビー(Million Dollar Baby)

ミリオンダラー・ベイビー(Million Dollar Baby)

家族からすらも愛情を受けた事のない孤独な女性と、家族にすら愛情を見せた事のない不器用な老年の男性の間に芽生えながらも、非情な結末を迎える愛の物語である。舞台は現代のアメリカ・ロサンゼルス。フランキーは歳こそ老いてはいるが文字通りの名トレーナーだった。一人暮らしで自宅に家族はおらず、唯一家族と呼べる娘のケイティとは離れて暮らし、音信不通だった。毎週娘のケイティに宛てた手紙も受取拒否という形でフランキーのもとに戻って来た。

おすすめ度
5
万引き家族

万引き家族

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。

おすすめ度
5
縞模様のパジャマの少年(The Boy in the Striped Pyjamas)

縞模様のパジャマの少年(The Boy in the Striped Pyjamas)

舞台は第二次世界大戦下のドイツ。ブルーノとその家族はベルリンで生活していた。ナチス将校の父ラルフ(デヴィッド・シューリス)と専業主婦の母エルラ(ヴェラ・ファーミガ)、そして12歳の姉マリア(カーラ・ホーガン)、そして末っ子で8歳のブルーノ(エイサ・バターフィールド)。軍人である父の昇進によりベルリンから遠く離れた見知らぬ土地へ引っ越しをすることとなった。新しい家は庭付きの広い家ではあったが、友達とも離れ離れになり、退屈な日々を送っていた。新しい土地では遊び相手も居ず退屈な毎日を過ごしていたブルーノだったが、ある日、家の窓から見える場所に農場のような場所を見付けた。そこに居る大人も子供もどこか様子が変だった。大人は作業着の下に、子供はそのまま縞模様のパジャマを着ていたのだ。それもお昼の時間帯だった。

おすすめ度
4
横道世之介(A Story of Yonosuke)

横道世之介(A Story of Yonosuke)

舞台は1987年の東京。長崎の港町で生まれた横道世之介(高良健吾)は大学進学の為に上京した。東京には従兄の清志(黒田大輔)と同郷の友人の小沢(柄本佑)がいた。大学の説明会ではすぐに倉持一平(池松壮亮)、阿久津唯(朝倉あき)という友人が出来た。お人好しで人からの頼みを断れない世之介はサークルの勧誘でサンバに誘われ、そのまま流されるままにサンバサークルに入ることになった。ある日、同郷の友人である小沢と喫茶店で待ち合わせした世之介。そこで年上の妖艶な魅力を持つ千春(伊藤歩)と知り合う。世之介は千春からアルバイトをしないかと持ちかけられちょっとした仕事を引き受けることに。別れ際に千春は世之介に『私が惚れるくらいのいい男になりなさい』と伝え、それを聞いた世之介はその日から千春にゾッコンとなる。

おすすめ度
4.5
ワンダーストラック(Wonderstruck)

ワンダーストラック(Wonderstruck)

1977年、ミネソタ州ガンフリント。12歳のベン(オークス・フェグリー)は、母エイレン(ミシェル・ウィリアムズ)を交通事故で亡くし、伯母の家で暮らしている。父とは一度も会ったことがなく、母は「いつか話すから」と言いながら、なぜか父の名前すら教えてくれなかった。ある嵐の夜、母の家に密かに戻ったベンは、「ワンダーストラック」というニューヨークの自然史博物館の本を見つける。中にはキンケイド書店のしおりが挟まれていて、「愛を込めて、ダニー」と記されていた。きっと父親だと直感して書店にかけようとした電話に、雷が落ちてしまう。病院で意識を取り戻したベンは耳が聞こえなくなっていたが、父親を探しためにニューヨークへと旅立つ。何とかキンケイド書店を見つけるが、店は閉店していた。途方にくれたベンは、声をかけてきた少年ジェイミー(ジェイデン・マイケル)のあとをついて生き、自然史博物館に辿り着く。

おすすめ度
5
恋人たち

恋人たち

アツシ(篠原篤)の仕事は橋梁点検。東京都心部の到るところにある高速道路の下で橋梁のコンクリートに耳をくっつけ、ハンマーで叩いてその音を聞きながら破損場所を探す。アツシは耳が良く、機械よりも正確に破損箇所を探し当てることが出来る。そんなアツシだったが、実は健康保険も払えない程の貧しい生活を送っている。理由は精神疾患によるもので、毎日仕事に通えているわけではなかったのだ。アツシが心を病んでしまったのはある事件が原因だった。アツシは寸年前に愛する妻を通り魔殺人事件で失っていた。事件の犯人は精神鑑定の末に措置入院となってしまった。その怒り、悲しみをどこにぶつけたら良いのか、やるせない気持ちになってしまうアツシ。それからというものアツシは精神を病んでしまい、無気力になり、どこか社会を憎んでいた。そして、それと同時に犯人を"殺したい"という願いをもっていた。ある日、健康保険の件で役所に行ったアツシ。しかし、役所はそんなアツシを取り合ってくれなかった。

おすすめ度
4.5
エターナル・サンシャイン(Eternal Sunshine of the Spotless Mind)

エターナル・サンシャイン(Eternal Sunshine of the Spotless Mind)

舞台は現代のアメリカ。ヴァレンタイン目前に恋人のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)と大喧嘩をしてしまった平凡男のジョエル(ジム・キャリー)。ジョエルは何とかクレメンタインと仲直りしようとプレゼントを持って彼女の働く本屋に足を運んだ。しかし、そこに居た彼女はジョエルの知っているクレメンタインではなかった。まるで自分のことを知らないかのように接するクレメンタイン。そしてジョエルの知らない男とイチャイチャし始めるのだった。その様子を目の当たりにして酷くショックを受けるジョエル。そんなジョエルの元に不思議な手紙が届いた。その手紙の中には『クレメンタインはジョエルとの記憶を全部消してしまった』と書かれていた。失恋の記憶消します。

おすすめ度
4.5
少年と自転車(Le gamin au vélo)

少年と自転車(Le gamin au vélo)

シリルはもうすぐ12歳になる施設暮らしの少年。孤独からか周りの大人に対して反抗的な態度を取ってしまうようになっていた。そんなシリルのたった一つの願いは自分を捨てた父を見つけ出し、もう一度一緒に住むことだった。まだ幼いシリルは自分が捨てられたということを受け入れることが出来ず、どんなことがあっても父親を信じ、決して父親の悪口を口にしたりしなかった。既に父親の携帯電話は解約されており、どれだけ電話をしても決して繋がることはなかったのだった。どれだけ先生がその事実を伝えようともシリルは父親以外の大人を信用していなかった。ある日学校へ行くふりをし、施設を抜け出したシリル。以前住んでいた団地へと真っ直ぐ向かい、父親が住んで居るであろうアパートの呼び鈴を何度も鳴らした。しかし、どれだけ鳴らしても父親は出てこない。やがて呼び鈴の音に気付いた隣人が出てきて、そこに誰も住んでいないという事実をシリルに伝えた。ただ、その言葉を信じられないシリルは何度も何度も呼び鈴を鳴らし、隣人からは出ていくように言われる。

おすすめ度
4
hide 50th anniversary FILM 「JUNK STORY」

hide 50th anniversary FILM 「JUNK STORY」

1998年5月2日、世界中に衝撃が走った。X JAPANのギターリストでhide with spread beaverのヴォーカリストであるhideが不慮の事故により亡くなった。hideは当時、若者を始め様々な世代の人間から絶大な人気を誇るカリスマミュージシャンだった。そんな彼の死は大きなニュースとなり、テレビではhideを追悼する特別番組なども放送された。告別式は東京都中央区築地の築地本願寺で行われた。告別式には著名人史上最高の5万人という多くのファンが集まり、隅田川沿いに3キロ程のファンの列が出来た。この5万人という数は戦後最大規模で、あの美空ひばりや尾崎豊の告別式よりも多かったといわれている。『優しいロッカー』と言われていたhideは本当に多くのファンに愛されていたのだった。告別式にはX JAPANのメンバーが揃い、X JAPANのForever Loveが演奏された。その後15:40にhideの遺体は築地本願寺から出棺し、そのままhideは永遠の旅に出た。

おすすめ度
4.5
  1. 1
  2. 2