侍系のおすすめ映画一覧

たそがれ清兵衛

たそがれ清兵衛

『悲しませたくない人が、いますか?』『誰を、幸せにしたいですか?』『たたかうお父さんがほんとうに好きですか?』『誰といると、心が素直になれますか?』『たそがれ時、誰と会いたくなりますか?』『愛することより大切なことって、なんですか?』

おすすめ度
5
柘榴坂の仇討ち

柘榴坂の仇討ち

この物語の始まりは江戸時代、幕末の彦根藩。彦根藩の下級武士だった志村金吾(中井貴一)は藩の中で認められる程の剣の達人だった。その腕をかわれ金吾は彦根藩の藩主であった井伊直弼(中村吉右衛門)のお籠周り御駕篭回りの近習という大役を務める事となる。井伊直弼は『安政の大獄』の事もあり、外の人間からは恐れられ疎まれ、反感を買うような存在であったが、そういったものとは正反対な穏やかな一面を持ち合わせており、金吾はそんな井伊直弼に惚れ込んでいた。

おすすめ度
4
るろうに剣心

るろうに剣心

時代は幕末の動乱。伝説の人斬りとして有名な一人の男が居た。その男の名前は『緋村剣心(佐藤健)』は凄腕の剣客でその独特な剣術や剣の腕からか『人斬り抜刀斎』という通り名があった。江戸から明治に掛けて幕末の動乱で人斬り抜刀斎は『誰もが幸せでいられる新時代』を作るために幕府の要人や佐幕派の武士達を斬り続け、その名を轟かせた。

おすすめ度
4
武士の一分

武士の一分

舞台は幕末の海坂藩(藤沢周平作品の中で出てくる架空の藩)。海坂藩で毒見役として務める武士、三村新之丞(木村拓哉)。剣の腕前は周囲に『秀才』と呼ばれるレベルの使い手であった。禄高が30石しかない、下級武士であったが妻である加世(檀れい)と共に幸せな生活を送っていた。そんなある日、事件は起きた。いつものように藩主の元に出される料理をまず毒見役達が味見をする事となっていたのだが、

おすすめ度
4