下品系のおすすめ映画一覧

メリーに首ったけ(There’s Something About Mary)

メリーに首ったけ(There’s Something About Mary)

作家志望のテッド(ベン・テイラー)はとても内気で不器用な男。高校時代にメリー(キャメロン・ディアス)という女の子に恋をして以来13年間彼女の事を想い続けている。そんなテッドは高校時代に憧れのメリーから高校の卒業パーティに誘われデートをすることになった。テッドが知的障害のあるメリーの弟ウォーレンがいじめられていたところを助けたことがそのきっかけになった。

おすすめ度
4
テッド(Ted)

テッド(Ted)

1985年のアメリカ、ボストンの郊外。少年のジョン・ベネット(ブレトン・マンリー、マーク・ウォールバーグ)はなかなか友達が出来なかった。外で友達が遊んでいるのを見つけては声を掛けてみるのだが、なかなか仲間に入れてもらうことは出来なかった。 その年のクリスマス、ジョンはクリスマスにサンタさんからクマのぬいぐるみをもらったのだった。そして、ジョンはそのぬいぐるみに『テッド』というぬいぐるみのクマさんらしい名前を付けた。

おすすめ度
4
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

ダグ・ビリングス(ジャスティン・バーサ)には婚約者が居た。その婚約者との結婚式を2日後に控えたタグを友人で教師のフィル(ブラッドレイ・クーパー)、歯科医のスチュアート(エド・ヘルムズ)、が独身最後の夜、バチェラー・パーティーに連れ出す為にラスベガス旅行を計画。ダグの要望で、婚約者トレーシー(サーシャ・バレス)の弟のアラン(ザック・ガリフィアナキス)も一緒に誘うことになるのだが、アランはいわく付きの変わった性格の無愛想な男で、『お酒』と『ギャンブル』を禁止されていた。

おすすめ度
4.5