ファンタジー系のおすすめ映画一覧

ヒア アフター(Hereafter)

ヒア アフター(Hereafter)

マリー・ルレ(セシル・ドゥ・フランス)はフランスでジャーナリストの仕事をしている女性だ。恋人のディディエと東南アジアに旅行で訪れていた。マリーはホテルのチェックアウトを済まし、街の市場でお土産物をあさっていた。そして、そこで津波に襲われてしまった。その場に居た小さな子どもを連れて津波から逃げるマリーだったが、そのまま津波に飲み込まれてしまいどんどん流されていってしまう。どうにか津波の流れから逃れようと必死で何かに捕まろうとするが、津波によって流されて来た大きな鉄の塊が後頭部にぶつかり、そのまま海の中へと沈んでしまう。そんな中、マリーは不思議な体験をする。いわゆる臨死体験というものだった。

おすすめ度
4.5
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(The Curious Case of Benjamin Button)

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(The Curious Case of Benjamin Button)

舞台は現代のアメリカ。病院のベッドの上で老婆が見舞いに来た自分の娘にある男の話を始める。その老婆の名前はデイジー・フューラー(ケイト・ブランシェット)。そして、老婆の口から登場する男の名前はベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。ベンジャミン・バトンは人と違う、数奇な人生を送ったのだった。ベンジャミンは第一次世界大戦が終了してすぐの1918年にニューオーリンズで生まれた。彼は生まれた時から老いていた。見た目は80歳のおじいちゃん。

おすすめ度
5
グリーンマイル(The Green Mile)

グリーンマイル(The Green Mile)

108歳の『ポール(トム・ハンクス)』は老人ホームで暮らしていた。老人ホームの娯楽室で『トップ・ハット』を観たことで60年前の出来事を思い出す。1932年アメリカの刑務所で看守主任として勤めていたポール。愛する妻がいて、一人を除き部下にも恵まれていた。あえて悩みを挙げるとすれば、ずっと苦しんでいる尿道の病気だ。

おすすめ度
4.5
魔女の宅急便

魔女の宅急便

舞台は第二次世界大戦のなかったヨーロッパにあるとある田舎町。13歳になった魔女の娘の『キキ(高山みなみ)』は古くからある仕来りに従い、一人前の魔女になる為に修行の旅に出ることとなった。その仕来りとは【魔女として生きることを決意したものは13歳の満月の夜に魔女のいない町に行き、そこで修行をする】という内容のものだった。

おすすめ度
4.5
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(Interview with the Vampire)

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(Interview with the Vampire)

舞台はサンフランシスコ。マスコミという業界で何とかのし上がろうと野心に燃えていたクリス。ある日、クリスは美しい青年のルイ(ブラッド・ピット)を見付け、インタビューをするというところからこの物語は始まる。ルイは怪しい雰囲気を持つ氷のような空気をまとった綺麗な青年であった。そんなルイをインタビューすればすごい話が聞けるのではないか…。

おすすめ度
5
オーロラの彼方へ(Frequency)

オーロラの彼方へ(Frequency)

舞台は1999年、世紀末のアメリカのニューヨーク。その年ニューヨークでは『オーロラ』が観測されていた。刑事のジョン・サリバン(ジェームズ・カヴィーゼル)は結婚を約束した女性と同棲していたのだが、意見の相違から恋人と別れることとなってしまった。ジョンはやるせない気持ちとなり、野球場でビールを飲み、オーロラを眺めながら30年前に殉職した父の事を思い出していた。

おすすめ度
4.5