カリスマ系のおすすめ映画一覧

パブリック・エネミーズ(Public Enemies)

パブリック・エネミーズ(Public Enemies)

舞台は1933年、大恐慌時代のアメリカ。犯罪者でありながら世間からスターのようにもてはやされる銀行強盗がいた。その男の名前はジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)。当時の警察をあざ笑うかのような大胆な手口で銀行から金を奪い、何度捕まろうとも、どんな不可能な状況からでも脱獄を繰り返す男だった。銀行を襲うのにかかる時間は1分40秒。そして、そんな銀行強盗ジョン・デリンジャーにも強盗、男としての美学があった。それは利益を独り占めする銀行を襲っても弱者からは決してお金を奪わないということだった。アメリカ大恐慌代の真っ只中、そんなデリンジャーが人々に与えた印象は今までの【銀行強盗】とは違い、カッコイイ男というイメージのものだった。そんなデリンジャーを司法省捜査局(BOI)の長官であるJ・エドガーは越境犯罪を繰り返すデリンジャーを『公共の敵筆頭(Public Enemy No.1)』として指名手配した。そして、そんなデリンジャーを捕まえるためにシカゴ支局へ当時義賊的なやり方で銀行強盗を繰り返していたプリティ・ボーイ・フロイドを射殺したメルヴィン・パーヴィス捜査官を赴任させることとなった。

おすすめ度
4
デスノート(DEATH NOTE) the Last name

デスノート(DEATH NOTE) the Last name

キラ事件の捜査本部にはインターポールから派遣されたどんな難事件でも解決へと導いて来た天才の名探偵である『L(松山ケンイチ)』がいた。Lは『夜神月こそキラである』という推理の元、独自な視点で捜査を行っていた。そんなLの存在を夜神月は疎み、互いに互いに腹を探り合いを行うことに。そんな中、夜神月の前に弥海砂(戸田恵梨香)が現れた。弥海砂は人気アイドルという表の姿、そして夜神月と同じように死神と契約した死神の力を持つ少女だった

おすすめ度
4
デスノート(DEATH NOTE) – 前編

デスノート(DEATH NOTE) – 前編

舞台は現代の日本。八神月(藤原竜也)は頭脳明晰で容姿端麗、運動神経抜群な上に巧みな話術をもつスペックの高い完璧な大学生。 警察庁幹部の父(鹿賀丈史)をもち、母親の幸子(五大路子)と妹の粧裕(満島ひかり)の四人で幸せな生活を送っていた。しかし、そんな八神月の中にも闇があった。ある日、八神月は一冊の黒いノートを拾う。そのノートは『デスノート(DEATH NOTE)』と書かれたもので、その名前にノートが書かれたものは何らかの形で命を落とす事となる死神のリュークが落としたノートだった。

おすすめ度
4
羊たちの沈黙(The Silence of the Lambs)

羊たちの沈黙(The Silence of the Lambs)

アメリカ各地で若い女性が殺され、体の皮を剥ぎ、その死体を川に流すという猟奇殺人が発生した。その手口から犯人は『バッファロー・ビル』と呼ばれていた。FBIアカデミーの訓練実習生クラリス・スターリング(ジョディ・フォスター)は…

おすすめ度
4
ハンニバル(Hannibal)

ハンニバル(Hannibal)

アメリカで発生した猟奇的殺人事件、『バッファロー・ビル事件』から10年。バッファロー・ビル事件で犯人を逮捕したクラリス(ジュリアン・ムーア)はFBIの中でもベテランの捜査官になっていた。しかし、そんなクラリスだがある事件で…

おすすめ度
4
L change the WorLd(エル チェンジ ザ ワールド)

L change the WorLd(エル チェンジ ザ ワールド)

タイのとある村では新種ウイルスによるバイオテロが発生していた。新種ウイルスの威力は凄まじいもので、インフルエンザとエボラの特性を掛け合わせたようなもので、タイのとある村は感染したものが皆死亡し壊滅状態となった。そんな時、Lのもとに『BOY』という幼い少年がやって来た。

おすすめ度
4