映画『ラッカは静かに虐殺されている』が東京大学にて先行上映されました!

映画『ラッカは静かに虐殺されている』が東京大学にて先行上映されました!

こんにちは、おすすめ映画の紹介サイトの管理人です(^^)/
3月26日に東京大学の本郷キャンパス東洋文化研究所にて映画『ラッカは静かに虐殺されている』が先行上映されたとのことで、今回はその紹介をさせていただきます。

映画『ラッカは静かに虐殺されている』とは?

©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

映画『ラッカは静かに虐殺されている』はアカデミー賞にもノミネートされたマシュー・ハイネマン監督の映画で、戦闘が激化し混迷を極めるシリア内戦で秘密裡に結成された市民ジャーナリストたちと「イスラム国」(IS)とのSNS を駆使した情報戦、ニュータイプの戦争と言われる闘いを、現実の出来事とは思えない壮絶な緊迫感で捉えたドキュメンタリー映画です。

東京大学で開催された『ラッカは静かに虐殺されている』の先行上映シンポジウム

  • 日程 : 2018 年3 月26 日(月)
  • 会場 : 東京大学 本郷キャンパス東洋文化研究所3 階大会議室
  • 登壇者  :  山田一竹(東京大学)、白川優子(国境なき医師団)、黒木英充(東京外語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・教授)、李美淑(東京大学総合文化研究 科・特任助教)、マシュー・ハイネマン(本作監督) Skype 生出演

2018 年3 月26 日(月)に東京大学本郷キャンパスにて開催されたシンポジウムでは、 映画『ラッカは静かに虐殺されている』の上映後、4名のシリアや市民ジャーナリズムを専門とする有識者らによる「シリア内戦での市民ジャーナリズムを考える」をテーマにした座談会が行われた。

さらに本作の監督マシュー・ハイネマン氏がスカイプ出演し、登壇者や会場に集まった観客からの質問に答える形で、製作の動機や本作への思いを語った。

スカイプを通じて、現在新作を編集中のマシュー・ハイネマン監督へ会場から質問を投げかけた。
本作を製作したきっかけを問われた監督は「IS についての記事を貪るように読む中で、RBSS の存在を知った。
彼らの多くは学生で、最年少は18 歳だった。僕はこれを世界中に伝えなくてはならないと思いました。若者たちがメディアを武器にIS と闘っていると伝えたかったんだ」と答え、「シリア内戦はアサド政権とIS だけの問題ではなく、イラン、ロシア、アメリカなど、国際関係のせめぎあいである。この国際関係のせめぎあいについて、作品の中で描かれていないのはなぜか。」という質問に対しては「私は政治的なことではなく、日常的な生活、そして彼らの人間としてのことを深く描きたかった。人間としての側面を国際社会に理解してもらいたかったんだ」と答えた。

次に「常に命を狙われている彼らを撮影するということは、監督にも危険が迫ったのではないか?」との問いに
「彼らは常に非常に危険な状態にあるんです。しかし彼らはこれ以上隠れたくないと言いました。自分たちはラッカ出身の実在の人物であると世界に示したかったんです。わが身を危険に晒しながらも自分たちが何者か公表した。ですから、この映画を撮るにあたっての私の危険よりも、彼らのことを知ってほしい。彼らがそのリスクをあえて背負い込んでまで伝えたかったことが何なのかを」

また、「本作を観た我々は、RBSS からの発信にどう応答していくべきか」という問いには
「それは観客のみなさんが答えるべき質問。わたしたちは皆スマートフォンを持っている。スマートフォンはRBSS のメンバーたちが声をあげるために使っているツールと同じだ。ジャーナリストとしての訓練を受けていない一般人でも、彼らと同じように声にあげることができるんだと世界中の人たちを励ましたかった。この映画を観て心動かされるものがあったならば、それぞれの方法でそれを伝えてほしい。私たちは”声”を伝えなくてはいけない。 この映画を作った目的の一つは、世界中の人々に映画を通してシリア内戦について知ってもらう事。この内戦の被害者は既に500 万人を超えている。この映画を鑑賞した後、戦争について、またRBSS について友人や家族に伝えてほしい」と観客へメッセージを送った。

本シンポジウムに参加した 4 名のパネリストは、本作について次のような感想を述べた。
日本におけるシリア危機に対する関心の向上と意識変革を主たるミッションに掲げる任意団体“Stand with Syria Japan”の代表を務める東京大学大学院生の山田一竹氏は、本作の感想を
「内戦のリアリティではなく、人間のリアリティを描いた作品。彼らは超人ではなく、僕らと何ら変わらない人間です。これは、自由と尊厳を求めて虐殺と恐怖に立ち向かい続けた、決して沈黙に逃げ込まなかった人間の物語。彼らの”人間らしく死にたい”という言葉が胸に突き刺さった。シリアあるいはシリアから亡命した人はそういった事が叶わない状況に生かされている」
と述べた。

国境なき医師団・手術看護師として活動されている白川優子氏は
「 私が初めてシリアに行った2012 年、シリアの人は誰も戦争が始まるなんて思っていなかった。私自身、日本は戦争放棄した平和な国だと思っていたが、最近の動きを見ていると、”平和は努力して保っていかなくてはいけない”と考えるようになった。現在の平和をどのように維持していくか、また次の戦争を生み出さないためにどうするか、と考えていくことがこの映画に対する一つの応答の方法である」
と自身の体験を交えながら語った。

中東地域研究を専門とする東京外語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・教授の黒木英充氏は
「この映画はいままでのドキュメンタリーと違い、RBSS とIS、アサド政権との内戦に一つの形で参加していると言える作品。これは恐らく21 世紀のメディアと戦争のあり方を示す、これまでのドキュメンタリーとは違う作品
と研究者の立場から本作を評価し、
「ラッカは二重三重四重に虐殺されている。また、IS の教育を受けた、あるいは残虐なシーンをみてきた子供たちへの再教育やリハビリにどう我々は貢献していくか。全世界が責任をもって取り組んでいかねばならない」
とシリア内戦へ国際社会が負う責任について言及した。

メディアと社会運動の研究に取り組んできた李美淑氏(東京大学総合文化研究科・特任助教)は、
「IS はRBSS を恐れたわけですよね。それは、ラッカの中にいるRBSS のメンバーが映像や肉声をラッカの外にいるRBSS のメンバーへ発信し、それらを受けて世界に発信する。情報をひとつの武器として、IS と戦えることを証明しているのではないか」
と語り、続けて
「遠い他者の苦痛に、距離を置くのではなく、同じ人間として考え、更に構造的な責任性についても考える必要があり、それをマスメディアがいかに伝えることができるのかを考えたい」
と一つの応答の形を提示した。

映画『ラッカは静かに虐殺されている』の上映情報

4 月14 日(土)、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野 ほか全国順次公開。

公式Webサイト

このコラムへのコメント