青春ドラマ映画

青春ドラマ

映画ジャンル【青春ドラマ】の中のおすすめ映画を紹介します。これまで見て来て感動した映画、印象深かった映画を中心に管理人のおすすめ映画として紹介していきます。

おすすめ青春ドラマ一覧

【もらとりあむタマ子】明日を頑張る元気をもらえる超おすすめ映画!

舞台は現代の日本。坂井タマ子(前田敦子)、23歳。タマ子は大学を卒業後就職もせず父親が一人で暮らす実家に戻り、ぐうたら毎日を過ごしていた。タマ子は父親と2人で暮らしていた。たまこの父、坂井善次(康すおん)はスポーツショップを営んでいた。タマ子は早起きが苦手で、父親が店に立ち始めたころに起きてきて朝食を食べた。食事をしながらテレビを点け、テレビは点けっ放しのまま今度は漫画を読み始め。タマ子が朝食で使った食器の片付けはもちろん、家事全般を父親が行っていた。

おすすめ度
4.5
【ピンポン(PING PONG)】いつ見ても何度見ても褪せることのない最高の映画

舞台は現代の日本。オカッパが伸びたような髪型をしたペコこと星野裕(窪塚洋介)は橋の手すりの上に立っていた。そこに巡回中の警官がやって来てペコに声を掛けた。巡査『少年!なんだかわかんないけど人生そんなに捨てたもんじゃないぞ。オジサンなんか、競馬で負けて今60円しか持ってないけど、頑張って生きてんだ…。キミが死んだらお父さんとお母さんどう思うかな?』ペコ『死ぐ?』巡査『シグ?ああ、そうさ。死ぐきになりゃ何だって出来るさ。』ペコ『死がねーよ。空飛ぶんだ。月にタッチするなんてわけないよ。』巡査『うんうん。その意気だ!』ペコ『I can fly!』巡査『Yes!You can fly!』

おすすめ度
5
【凶気の桜】”真っ白な怒り”窪塚洋介主演の伝説の社会派映画

東京都渋谷で生まれ育ったナショナリストの山口(窪塚洋介)。戦後アメリカに侵略され日に日に日本らしさを失っていく自分の国に対して不満を持っていた。仲間の小菅(須藤元気)と市川(RIKIYA)の三人で『ネオ・トージョー』というナショナリストグループを作り、中途半端に悪いことをする不良を相手に…

おすすめ度
4
【ソラニン】20代の時に大切にしていたものは何ですか?おすすめの青春映画

大学を卒業してOLとして働く芽衣子(宮崎あおい)は職場での人間関係、大人に対する不満。そして将来の事など、様々な不安や不満を抱えていた。そして、社会人2年目にして会社を辞めてしまう。そんな芽衣子と同棲している種田(高良健吾)は自分の夢を諦め切れずフリーターをしながら大学時代の友人の加藤(近藤洋一)とビリー(桐谷健太)とバンド活動をしていた。

おすすめ度
4
【ロッカーズ(ROCKERS) 】バンドやってるならこれだけは見ろ

ボーカルのジン(中村俊介)、ギターのこーちゃん(塚本高史)、ドラムのモモちゃん(岡田義徳)、ベースのガクちゃん(佐藤隆太)の4人で活動中のロックバンド『ロッカーズ』。最初はジンがギターを弾きながらボーカルも行っていたのですが、バンド活動を反対する父親にジンはギターを燃やされてしまう。

おすすめ度
4.5