時代劇映画

時代劇

このページでは明治維新以前の時代の日本を舞台にしたおすすめ時代劇映画を紹介します。第二次世界大戦でアメリカに破れた日本は、GHQにより時代劇映画の制作を禁止されておりました。しかし、1951年の講和条約以降は日本国内で再び時代劇映画を自由に作成出来るようになりました。このページでは名作と言われる時代劇映画はもちろんのこと、見た人が日本人に生まれて良かったと思えるようなおすすめの時代劇映画を紹介します。

おすすめ時代劇一覧

壬生義士伝(When the Last Sword Is Drawn)

壬生義士伝(When the Last Sword Is Drawn)

舞台は維新後の明治。元新選組三番隊組長だった斎藤一(佐藤浩市)はある夜、熱を出した孫の実(みのる)をおんぶしてとある町医者の元を訪ねた。 夜分遅い時間ではあったが、その病院は斎藤達を快く迎え入れてくれた。その病院を営む夫婦は翌日の引っ越しに備えて片付けをしている途中だった。斎藤が足を運んだ病院は少し変わった病院で、代金をもらう代わりに酒で患者のことを診てくれるという変わった院長が居る病院だった。院長の名前は大野千明(村田雄浩)。中年の男性だ。病院について孫の実(みのる)はすぐに注射器を見付けてしまう。『ちくちく嫌!ちくちく嫌!』と言って逃げ出そうとし、そのまま机にぶつかった実は机の上の写真たてを床に落としてしまう。

おすすめ度
5
たそがれ清兵衛

たそがれ清兵衛

『悲しませたくない人が、いますか?』『誰を、幸せにしたいですか?』『たたかうお父さんがほんとうに好きですか?』『誰といると、心が素直になれますか?』『たそがれ時、誰と会いたくなりますか?』『愛することより大切なことって、なんですか?』

おすすめ度
5
柘榴坂の仇討ち

柘榴坂の仇討ち

この物語の始まりは江戸時代、幕末の彦根藩。彦根藩の下級武士だった志村金吾(中井貴一)は藩の中で認められる程の剣の達人だった。その腕をかわれ金吾は彦根藩の藩主であった井伊直弼(中村吉右衛門)のお籠周り御駕篭回りの近習という大役を務める事となる。井伊直弼は『安政の大獄』の事もあり、外の人間からは恐れられ疎まれ、反感を買うような存在であったが、そういったものとは正反対な穏やかな一面を持ち合わせており、金吾はそんな井伊直弼に惚れ込んでいた。

おすすめ度
4
武士の一分

武士の一分

舞台は幕末の海坂藩(藤沢周平作品の中で出てくる架空の藩)。海坂藩で毒見役として務める武士、三村新之丞(木村拓哉)。剣の腕前は周囲に『秀才』と呼ばれるレベルの使い手であった。禄高が30石しかない、下級武士であったが妻である加世(檀れい)と共に幸せな生活を送っていた。そんなある日、事件は起きた。いつものように藩主の元に出される料理をまず毒見役達が味見をする事となっていたのだが、

おすすめ度
4