宮﨑あおいの映画

【宮﨑あおい】が出演するおすすめ映画を管理人が厳選して紹介します!

宮﨑あおい出演のおすすめ映画一覧

【舟を編む】言葉の大切さを改めて考えさせられる超おすすめ映画

【舟を編む】言葉の大切さを改めて考えさせられる超おすすめ映画

舞台は1990年代の日本。玄武書房で38年辞書一筋だった編集者の荒木公平(小林薫)が定年を迎えようとしていた。辞書監修者でもある松本朋佑教授(加藤剛)は荒木の仕事ぶりに惚れ込んでいた。それが故に荒木の定年退職を引き留めようとしていた。松本『どうしても辞めるつもりですか?』 荒木『はあ…』松本『荒木くんが居なければ私は辞書を作れません。』

おすすめ度
4.5
【ソラニン】20代の時に大切にしていたものは何ですか?おすすめの青春映画

【ソラニン】20代の時に大切にしていたものは何ですか?おすすめの青春映画

大学を卒業してOLとして働く芽衣子(宮崎あおい)は職場での人間関係、大人に対する不満。そして将来の事など、様々な不安や不満を抱えていた。そして、社会人2年目にして会社を辞めてしまう。そんな芽衣子と同棲している種田(高良健吾)は自分の夢を諦め切れずフリーターをしながら大学時代の友人の加藤(近藤洋一)とビリー(桐谷健太)とバンド活動をしていた。

おすすめ度
4
純愛を描いた映画【ただ、君を愛してる】を見ると一眼レフが欲しくなる

純愛を描いた映画【ただ、君を愛してる】を見ると一眼レフが欲しくなる

誠人(玉木宏)は何も告げずに自分の前から居なくなってしまった静流(宮﨑あおい)に会う為にアメリカのニューヨークに来ていた。静流が誠人の前から姿を消したのは3年前だ。二人の出会いは6年前、大学1年生の入学式の日。誠人は人ごみが苦手という理由で入学式に出席せず、会場の外で校長の式辞を聞いた後、外をウロウロしていた。

おすすめ度
4