シャイニング(The Shining)

シャイニング(The Shining)
©1980 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

働いてばかりで遊ばないとジャックはダメな子になる

おすすめ度
4
感動する度
3
心に残る度
4.5

映画シャイニング(The Shining)の予告動画

映画シャイニング(The Shining)のストーリー(あらすじ)

ウェンディ!ただいま!

シャイニング(The Shining)
©1980 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

舞台はアメリカ・コロラド州のロッキー山上にあるオーバールックホテル。
作家志望のジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)は本業の仕事とは別の仕事の打ち合わせに来ていた。
オーバールックホテルは冬場になると大雪の関係で身動きが取れずに閉鎖されてしまうホテルだった。
ジャックの請け負う仕事は誰も居なくなったホテルの管理人。

ホテルの支配人はアルマン(バリー・ネルソン)。
ジャックは管理人をするにあたって、アルマンよりある忠告を受けた。

それは
『このホテルではある事件が起きた。以前管理人をしていたグレイディという男があまりにも孤独な生活の末に気が狂ってしまい、自分の妻と二人の娘を斧で惨殺し、自身も銃で自殺した。』
というものだった。

ジャックはアルマンからの忠告を気にもとめず、妻のウエンディ(シェリー・デュヴァル)はそういう怖いものが好きだとアルマンに告げた。
結果的にジャックはこの管理人の仕事を引き受け、妻のウエンディと息子のダニー(ダニー・ロイド)と生活することになった。

息子のダニーには他の人には見えないものが見えるということで、ジャックとウエンディはそれを妄想と決め付け少し頭を悩ませていたのだった。
しかし、ダニーのそれは後に【シャイニング】という超能力なのだということが分かるのだった。
ダニーの中にはトニーという名のもう一人の人格が居て、トニーは今回のオーバールックホテルに行くことに難色を示していた。

シャイニング(The Shining)
©1980 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ホテル閉鎖の日、オーバールックホテルで料理人をしているハロラン(スキャットマン・クローザース)はトランス一家に話しかけた。
その後ハロランとダニーが二人っきりになることがあり、そこでダニーから何かを感じたハロランは自身もシャイニングの持ち主だということを告げ、ダニーに『このホテルには何かが存在する』と伝えるのだった。

ホテルが閉鎖されていよいよトランス一家3人だけの生活が始まった。
正午近くまでベッドで眠るジャック。
そして、そんなジャックに朝食を持っていき、その後息子のダニーとホテルの外へ探検に出かけるウエンディ。
最初のうちは穏やかな時間の中で楽しい生活だった。

しかし、次第にダニーはホテルの中で奇妙な体験をすることになり、それはダニーのみならずジャックやウエンディにも襲いかかることになるのだった。
果たしてダニーが見たものとは…。

シャイニング(The Shining)
©1980 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

映画シャイニング(The Shining)を見た感想・レビュー

この映画【シャイニング(The Shining)】もおすすめ映画なので紹介させていただきます!
映画【シャイニング】の原作はグリーンマイルアトランティスのこころスティーブン・キングです。
スティーブン・キングはどこかファンタジー要素を混ぜた作品が多いですが、それを時計じかけのオレンジや2001年宇宙の旅を手がけたスタンリー・キューブリックが映画としてひとつの映像作品に仕上げました。
映像ビジュアルや映画の雰囲気、そして音楽はスタンリー・キューブリック色が強いですね!笑
とにかく見終わったあとも印象の強い映画だったと思います。

実は映画【シャイニング(The Shining)】のジャケット・パッケージ写真はよく目にしていたのですが、この映画はこの間初めて見ました。
今が2018年なので、今から40年近く前の映画ですが、今でも色褪せることのないこの映画の強烈さに度肝を抜かれました(´・ω・`)

スティーブン・キングの原作とはエンディングが全然違うということで、スタンリー・キューブリックは原作の脚本を全然読まなかったと言われています。
そのことがあってかどうか、スティーブン・キング総指揮のもとアメリカでテレビドラマ化されました。

作品全体の雰囲気はスタンリー・キューブリックの色が強く、凹んでいる時や気分が落ち込んでる時はちょっと見づらいですね笑
でも全体的にテンポも早く、とにかくインパクトが強いです!
このインパクトの強さはスタンリー・キューブリックとジャック・ニコルソンがいたからこそ成り立ったのではないかと思います。
ジャック・ニコルソンといえばヴィンセントが教えてくれたことにも出演していましたが、それとは全然違うシリアスな演技が本当に良かったです(*^^*)

最後にこの映画の名言を一つ。

『ああ、酒が欲しい。魂を売っても一杯のビールを…。』

シャイニング(The Shining)
©1980 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

映画シャイニング(The Shining)の見どころ

主演のジャック・ニコルソンの鬼気迫る演技とスタンリー・キューブリックならではの映像演出技術

映画シャイニング(The Shining)の監督や出演俳優について

映画タイトル

シャイニング(The Shining)

映画シャイニング(The Shining)の製作国

  • アメリカ

映画シャイニング(The Shining)のジャンル

映画シャイニング(The Shining)のキャッチコピー

キューブリックの映像がとらえた 20世紀最大のモダン・ホラー最高傑作!

映画シャイニング(The Shining)を一言で例えるなら

人間の狂気

映画シャイニング(The Shining)の公開年

1980年

映画シャイニング(The Shining)の監督

スタンリー・キューブリック

映画シャイニング(The Shining)の主要キャスト

  • ジャック・ニコルソン(ジャック・トランス)
  • シェリー・デュヴァル(ウェンディ・トランス)
  • ダニー・ロイド(ダニー・トランス )
  • スキャットマン・クローザース(ディック・ハロラン)
  • バリー・ネルソン(スチュアート・アルマン)
  • フィリップ・ストーン(デルバート・グレイディ)
  • ジョー・ターケル(ロイド[バーテンダー])
  • トニー・バートン(ラリー)
  • アン・ジャクソン(医師)
  • リア・ベルダム(237号室の女)

シャイニング(The Shining)を閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント