落下の王国(THE FALL)

落下の王国(THE FALL)
© 2006 Googly Films, LLC. All Rights Reserved.

『13の世界遺産 24ヵ国以上にロケーション!目も眩む勇者たちの旅の<ものがたり>が、生きる力をくれた』

おすすめ度
4.5
感動する度
4
心に残る度
4.5

    映画落下の王国(THE FALL)の予告動画

    映画落下の王国(THE FALL)のストーリー(あらすじ)

    生きる気力を失くした青年は思いつきのおとぎ話を語り始める。 少女を操る為に…。

    © 2006 GOOGLY Films, LLC. All Rights Reserved.

    舞台は1915年のアメリカ、ロサンゼルス。 映画のスタントマンとして働いていた『ロイ・ウォーカー(リー・ペイス)』は撮影中の事故で橋から落下し両足を骨折するという大怪我を負い病院に入院していた。
    ロイの不運はそれだけにとどまらず、恋人を映画の主演俳優に奪われるといったことなどもあり自暴自棄に陥っていた。

    そんな時、ロイの入院する病院にある女の子が現れた。 その女の子の名前は『アレクサンドリア(カティンカ・アンタルー)』。
    オレンジの収穫中に木から落ちて腕を骨折してロイと同じ病院に入院していた。
    アレクサンドリアは受信無垢で後期心旺盛な5歳の少女だった。

    そんなアレクサンドリアにロイは『アレキサンダー大王』おとぎ話をする。

    © 2006 GOOGLY Films, LLC. All Rights Reserved.

    ロイの話に夢中になる純粋無垢なアレクサンドリアにロイはまた次の日も来るように告げる。
    自暴自棄に陥っていたロイはそんなアレクサンドリアを使って自殺する計画を立てていた。

    © 2006 GOOGLY Films, LLC. All Rights Reserved.

    ロイの描く作り話でアレクサンドリアを誘導し、病院内から薬を持ち出すように告げる。
    素敵なおとぎ話の続きを聞きたいアレクサンドリアはロイのいうことを聞くことに。 そんな中、事件は起きるのだった…。

    © 2006 GOOGLY Films, LLC. All Rights Reserved.

    映画落下の王国(THE FALL)を見た感想・レビュー

    この映画『落下の王国(THE FALL)』も超おすすめ映画なので紹介させていただきます!

    『落下の王国(THE FALL)』はインドやイギリス、そしてアメリカの合作映画です。

    本当に規模の大きな映画だったようで この映画『落下の王国(THE FALL)』の構想に26年の月日を掛け、24ヵ国もの国で撮影され、13の世界遺産を使い、 撮影には4年という歳月が掛かったようです

    それだけに『落下の王国(THE FALL)』という映画の世界に引きずり込まれそうな程の映像美、そして世界観でした。

    確か僕が20代前半の時にGEOでレンタルした映画だったと思います。
    実はこの映画『4回』レンタルしているのですが、 何度借りてもきちんと見る事が出来ませんでした。
    ディスクに入っていた大きなキズのせいか、途中で再生がストップしその度にGEOに返却し、ディスクのクリーニングをお願いしました。 そしてその都度別のディスクを借りたのですが、 『誰の嫌がらせだ!!』って思う程見事に全部のディスクにキズが入っており、最後まで見る事が出来ませんでした。
    半ば意地にはなっていたのですが、その後一旦間を空けて次にレンタルしたのはそれから半年くらい経った頃だったと思います。 途中で『もういいや』という気持ちにさせられたのですが、 その気持ち以上にこの映画の世界観、映像美に目を奪われてしまい見ることを諦めるということを諦められませんでした。

    初めは楽しい雰囲気で始まるストーリーも徐々に暗い感じになってきて、途中目を塞ぎたくなってしまう程胸が痛くなることもありました。

    ただの作り話』 それでもそこから希望が生まれ、夢が生まれ、絶望が生まれ、そしてまた希望に変わっていく…。 そんな素晴らしいドラマが詰まった本当に面白い、良い映画だったと思います。

    もしかすると好き嫌いのある独特な世界観の映画なのかもしれませんが、 個人的には超おすすめ映画です!!

    • 絶望の中から抜け出ることの出来なくなったスタントマンの『ロイ』
    • ロイの『作り話』を楽しみに日々を過ごす好奇心旺盛で純粋無垢な少女の『アレクサンドリア』

    そんな二人を中心に繰り広げられるヒューマンドラマ、そして絶望と希望の入り混じるロイの『作り話』。
    そしてこの映画の見所であるロイの作り話を表現する映像美。
    様々な素敵なものが詰まった本当に素晴らしい映画です!

    世界にたったひとつの『希望』という名の作り話。
    生きる勇気と優しさをくれる輝きのオデッセイ。
    汝、落下を畏れるなかれ この美しき世界を仰ぎ見よ

    観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
    『落下の王国(THE FALL)』の映像美に目を奪われること間違いなしです!!
    そしてこの映画を見終わった後、ほっこりとした優しい気持ちにさせられます。
    この映画『落下の王国(THE FALL)』も本当におすすめ映画です!!

    映画落下の王国(THE FALL)の見どころ

    映像美、希望へと変わっていくものがたり

    映画落下の王国(THE FALL)の監督や出演俳優について

    映画タイトル

    落下の王国(THE FALL)

    映画落下の王国(THE FALL)の製作国

    • インド
    • イギリス
    • アメリカ

    映画落下の王国(THE FALL)のジャンル

    映画落下の王国(THE FALL)のキャッチコピー

    君にささげる、世界にたったひとつの作り話。

    映画落下の王国(THE FALL)を一言で例えるなら

    絶望から生まれた世界にたったひとつの作り話

    映画落下の王国(THE FALL)の公開年

    2008年

    映画落下の王国(THE FALL)の監督

    ターセム・シン

    映画落下の王国(THE FALL)の主要キャスト

    • カティンカ・アンタルー(アレクサンドリア)
    • リー・ペイス(ロイ・ウォーカー)
    • ロビン・スミス(ルイジ)
    • マーカス・ウェズリー(オッタ・ベンガ)
    • ジートゥー・ヴァーマ(インド人)
    • レオ・ビル(ダーウィン)
    • ジュリアン・ブリーチ(霊者)
    • ジャスティン・ワデル(エヴリン看護師)
    • ダニエル・カルタジローン(シンクレア)
    • キム・ウィレンブローク(医者)
    • エイダン・リスゴー(メッセンジャー)
    • ショーン・ギルダー(ウォルト)
    • エミール・ホスティナ(アレクサンドリアの父親)
    • グラント・ブレット・スワンピー(オーガスティン司祭)
    • ロナルド・フランス(オットー)
    • ニコ・ソウタルスキ(ホラス)

    落下の王国(THE FALL)を閲覧できる動画サービス

    • Netflix
    • Prime Video
    • hulu
    • U-NEXT

    この映画へのコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください