ヒア アフター(Hereafter)

ヒア アフター(Hereafter)
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

人は死んだら―どうなるのだろう
死んでしまった人とは―もう会えないのか

おすすめ度
4.5
感動する度
4.5
心に残る度
4.5

映画ヒア アフター(Hereafter)の予告動画

映画ヒア アフター(Hereafter)のストーリー(あらすじ)

人は死んだらどうなるの?

ヒア・アフター(Hereafter)
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

マリー・ルレ(セシル・ドゥ・フランス)はフランスでジャーナリストの仕事をしている女性だ。
恋人のディディエと東南アジアに旅行で訪れていた。
マリーはホテルのチェックアウトを済まし、街の市場でお土産物をあさっていた。
そして、そこで津波に襲われてしまった。

ヒア・アフター(Hereafter)
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

その場に居た小さな子どもを連れて津波から逃げるマリーだったが、そのまま津波に飲み込まれてしまいどんどん流されていってしまう。
どうにか津波の流れから逃れようと必死で何かに捕まろうとするが、津波によって流されて来た大きな鉄の塊が後頭部にぶつかり、そのまま海の中へと沈んでしまう。

そんな中、マリーは不思議な体験をする。
いわゆる臨死体験というものだった。

呼吸が止まり、もう駄目かと思われたマリーだったが、何とか息を吹き返した。

恋人のディディエは津波によって何もかも流されてしまった街の中を呆然と歩いていた。
しかし、その目だけはマリーを探していた。

ヒア・アフター(Hereafter)
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

直前まで生死をさまよっていたマリーも疲れ果てた体で何もかもが流された街をただひたすら歩いていた。
そしてマリーはディディエを見付け、それに気付いたディディエも走ってマリーのもとへ駆け寄った。

ヒア・アフター(Hereafter)
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

フランスへ帰国後仕事に復帰したマリーだったが、生死をさまよった末に見た不思議な世界、体験を忘れることが出来ず、仕事が手につかなくなってしまう。
その結果しばらく休暇を取ることになったマリーだが、自分が見たものが何だったのか、それを調べるために一人で調査を開始するのだった。
マリーは自身の探す謎を解くことが出来るのか?

ヒア・アフター(Hereafter)
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

舞台は変わりアメリカのサンフランシスコ。
以前霊能者として仕事をしていたジョージ・ロネガン(マット・デイモン)『死者と対話する人生』に嫌気が差し、現在は工場で月給2000ドルの仕事をしていた。
本格的に霊能者の仕事をしていた時は事務所を構え、Webサイトを持ち、新聞に広告を出して集客をする程の人気のある人物だった。

ヒア・アフター(Hereafter)
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

ある日、兄のビリー・ロネガン(ジェイ・モーア)の頼みである男性を霊視することに。
霊視することを酷く嫌がったビリーだったが、兄からの『これで最後』という約束のもと仕方なく霊視することに。
依頼主は長年連れ添った病気で他界した妻の『声』をもう一度聞きたかったのだ。
亡くなった妻からある許しをもらおうとしていた。
そして、妻もそれを望んでいたのだった。

ヒア・アフター(Hereafter)
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

ジョージの霊視の方法は相手の手を握る。
すると霊界と交信することが出来、そこに居るその人に深く関わりのあった人物と話をし、その話を依頼主に『はい』か『いいえ』で答えさせるという内容のものだった。

ジョージは霊と交信することで依頼主のある『秘密』を当ててしまう。
そして、ジョージからの言葉を聞いた依頼主は胸のしこりが取れたように晴れ晴れした顔で感謝をし、去っていく。

依頼主『彼の能力は本物だよ。もったいない。』
ビリー(ジョージの兄)『前はオフィスを構えWebサイトもあったが、辞めたんだ。』
依頼主『なぜ?』
ビリー『疲れて。』

死者との対話に疲れ切ってしまったジョージは自身の過去を隠しながら工場で働いていた。
そんなジョージの趣味はデレク・ジャコビによる朗読を聴くこと。
その中でもディケンズ作品が好きだった。

せっかくの才能を無駄に…。
―才能?むしろ呪いだ。

ある日、ジョージは自分の人生を変えるために料理教室に通い始める。
そして、そこで出会ったメラニー(ブライス・ダラス・ハワード)という女性に好意を寄せるようになるのだった。
料理教室でジョージは何かを得て、自身の人生を変えられるのだろうか?

ヒア・アフター(Hereafter)
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

舞台は変わりイギリスのロンドン。
マーカスは12秒早く生まれた双子の兄ジェイソンと精神を病み、薬物中毒でアルコール中毒になってしまった母親と3人で生活していた。
おしゃべりで活発な性格のジェイソンとは裏腹にどちらかというと物静かなタイプのマーカス。
アルコール中毒で育児放棄してしまった母を持つマーカスとジェイソンはどこに行くのも何をするのもいつも一緒だった。

ヒア・アフター(Hereafter)
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

ある日、マーカス達3人が暮らすアパートに福祉局の大人がやって来た。
薬物中毒でアルコール中毒の母親から双子を保護する為だった。
しかし、マーカスとジェイソンはそれを望んでいなかった。
母親はダメな人間だったが、それでも自分たちを愛してくれるたった一人の母親だった。

何とか酔いつぶれた母親をお越し、着替えさせて、あたかも買い物から帰って来たように装わせ、何とか難を避けることが出来たのだ。

その後ジェイソンは母親からあるお遣いを頼まれた。
それは薬局に行って紙に書かれた薬を買ってくることだった。
それが何の薬なのか気になったジェイソンはマーカスにインターネットでその薬を調べさせた。
結果分かったことは母親が手に入れようとした薬は『ヘロインやアヘンの効果を妨げるもの』だった。
やっと薬をやめる決心をした母親に感心する二人。

その帰り道ジェイソンは街の不良たちに絡まれてしまう。
そして不良達に母親から頼まれた薬を取り上げられそうになってしまう。
薬を待つ母のもとに何としても薬を届けるため、必死に不良達から逃げるジェイソンだったが、不良達から逃れるために道路に飛び出してしまい、車に跳ねられそのまま息を引き取ってしまう。
電話口からジェイソンの異変に気付いたマーカスは家を飛び出した。

そしてマーカスは変わり果てたジェイソンと対面することになってしまった。
ジェイソンは耳から血を流し動かなくなってしまった…。

『ジェイス、行かないで。置いていかないで。ひとりはやだ。お願いだ、会いたいよ。行かないで…。戻ってきて…。すごく寂しいよ。』

ヒア・アフター(Hereafter)
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 死者と話すだけの人生に嫌気が指し、自分を変えたい青年
  • 旅行で行った東南アジアで津波に襲われ臨死体験をし、自分が体験したものの正体を知りたいとあがき続ける女性
  • もう一度兄と話したい。不慮の事故で双子の兄を亡くしてしまった少年
ヒア・アフター(Hereafter)
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
ヒア・アフター(Hereafter)
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
ヒア・アフター(Hereafter)
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

運命のいたずらか、別々の国で別々の体験をし、別々の道を歩んでいた三人が、その魂に引き寄せられるように出会い、その運命は絡み合い、そして進んでいく。
これは世界を感動に包む、<希望>と<再生>の物語

『君が独りだと思っているなら―それは違う。独りじゃない。』

映画ヒア アフター(Hereafter)を見た感想・レビュー

この映画『ヒア アフター(Hereafter)』も超おすすめ映画です!
2011年に日本で公開されたクリント・イーストウッド監督の映画ですが、やっぱりクリント・イーストウッド作品はハズレがないです!!

ただ、個人的には大好きな映画で何度見ても『やっぱり良いな(*^^*)』って思える映画なんですけど、世間的にはあまり評価が高い映画ではありません(´・ω・`)
まだ見たことがないという人はマジで騙されたと思って見て欲しいです!!
きっと後悔はしないと思います(><)
僕にとっては文字通り『死ぬまでに見て欲しい映画』です!
色んな意味でw

映画自体は誰もが一度は考えたことのある『死』『死後の世界』『死者』をテーマにしています。
テーマ自体は身近なものでかつ重たいものですが、それをとても人間味溢れるドラマティックな形で表現でされています。
『死後の世界が存在したらいいな』って思わせてくれる、そんな映画でした。

ヒア・アフター(Hereafter)
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

もう何度も見てますが、何度見てもやっぱり号泣しちゃいます(´・ω・`)
クリント・イーストウッド監督の作品はストーリーがマジでヤバイです。
これまで彼が監督した映画を幾つか見て来ましたが、他の映画にはない、何か魂に訴えかけて来るようなものが溢れています。
そして見終わるのと同時に様々なことについて考えさせられるような、宿題を与えられた気分にさせられます。
それはきっとどこにでも溢れているような問題なんだと思いますが、改めて時間をかけて考えたくなるようなものです。

正直なぜ世間の評価が低いのかが気になりますが、個人的には『おすすめのヒューマンドラマは何?』と問われたらこの映画『ヒア アフター』をおすすめしたいです(^^)/
きっと適切な言い方ではないかもしれませんが、何も考えずに見てもすぐにその世界観に吸い込まれ、感情移入をしながら見れる、そんな映画だと思います!!

ヒア・アフター(Hereafter)
ヒア・アフター(Hereafter)ヒア・アフター(Hereafter)

まだ見たことがないという人はHuluU-NEXTでも視聴出来るので是非見てみてください!
そして、可能なら面白いか・面白くないか。面白くない理由などコメントして欲しいです(><)
個人的にこの映画『ヒア アフター』は超おすすめ映画なので(*´∀`*)

映画ヒア アフター(Hereafter)の見どころ

何かに吸い寄せられるように3人の運命が交差し生まれるヒューマンドラマ

映画ヒア アフター(Hereafter)の監督や出演俳優について

映画タイトル

ヒア・アフター(Hereafter)

映画ヒア アフター(Hereafter)の製作国

  • アメリカ

映画ヒア アフター(Hereafter)のジャンル

映画ヒア アフター(Hereafter)のキャッチコピー

死に触れて、前を向く。

映画ヒア アフター(Hereafter)を一言で例えるなら

希望と再生

映画ヒア アフター(Hereafter)の公開年

2011年

映画ヒア アフター(Hereafter)の監督

クリント・イーストウッド

映画ヒア アフター(Hereafter)の主要キャスト

  • マット・デイモン(ジョージ・ロネガン)
  • セシル・ドゥ・フランス(マリー・ルレ)
  • フランキー・マクラレン(マーカス)
  • ジョージ・マクラレン(ジェイソン)
  • ジェイ・モーア(ビリー・ロネガン)
  • ブライス・ダラス・ハワード(メラニー)
  • マルト・ケラー(ルソー博士)
  • ティエリー・ヌーヴィック(ディディエ)

ヒア アフター(Hereafter)を閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント