切ない系のおすすめ映画一覧

ビザンチウム(Byzantium)

ビザンチウム(Byzantium)

舞台は現代のヨーロッパ。 エレノア(シアーシャ・ローナン)は誰にも言えない秘密を抱えていた。 そして"嘘を吐いて生きること"に嫌気が差していた。 誰にも理解はされない。 でもその秘密を誰かに話したいとずっと思っていた。 エレノアはその秘密を物語にした。 それは真実の物語だった。 言葉にすることが出来ない"自分"という存在を誰かに話したかったのだ。

おすすめ度
4
【あん】優しい明日を願いたくなる樹木希林最後の主演映画!これだけは絶対に見ろ!

【あん】優しい明日を願いたくなる樹木希林最後の主演映画!これだけは絶対に見ろ!

舞台は現代の日本。 千太郎(永瀬正敏)はどら焼きやの『どら春』の雇われ店長として働いていた。 従業員は千太郎だけで、一人で切り盛りしていた。 どら春のどら焼きはそこまで評判は良くなく、人気店といわれるようなお店ではなかった。 それでも頻繁に食べに来る常連の学生達が居た。

おすすめ度
5
【ニュー・シネマ・パラダイス】何度でも大切な何かを思い出させてくれる名作映画

【ニュー・シネマ・パラダイス】何度でも大切な何かを思い出させてくれる名作映画

舞台は戦後のイタリア。サルヴァトーレ・カシオ(ジャック・ペラン)の母を名乗る女性は息子がいるであろう場所に電話を掛け続けていた。息子のサルヴァトーレは30年前に故郷のシチリアを離れて一度も帰って来ていなかった。サルヴァトーレはローマ在住の映画監督だ。ある晩、ローマの自宅に帰宅したサルヴァトーレは母から電話が掛かって来たことを妻から聞いた。そして、アルフレード(フィリップ・ノワレ)が亡くなったことも聞いた。その晩サルヴァトーレはベッドの上で幼い頃の日々を思い出していた。

おすすめ度
5
【愛のむきだし】この映画やべぇ٩(๑`^´๑)۶237分の長い映画だがすげぇ良かった

【愛のむきだし】この映画やべぇ٩(๑`^´๑)۶237分の長い映画だがすげぇ良かった

舞台は現代の日本。 ユウこと本田悠(西島隆弘)はクリスチャンの家庭に生まれ育った。 ユウが幼い頃、母は言った。 ユウの母『お母さん旅に出るかも。このマリア様みたいなお嫁さんを見つけるのよ。そうしたら私に紹介して。』 その時に母にもらったマリア像がユウの宝物になった。 そしてその後すぐに母は病院のベッドを出て永い旅に出た。

おすすめ度
4.5
【モールス】儚さと切なさと美しさが交差する最高のヴァンパイア映画

【モールス】儚さと切なさと美しさが交差する最高のヴァンパイア映画

舞台はアメリカのニューメキシコ州にある雪に閉ざされたとある田舎町。1983年3月、ロス・アラモスで50代半ばの男性が全身に大やけどを負った状態で救急車に搬送されていた。火傷は高濃度の酸を浴びたことによるものだった。顔面は原型を留めておらず、身元の分かるものはなかった。

おすすめ度
4.5
【ディパーテッド】間違いなく神映画だから見たことないやつはこの後見ろ!!

【ディパーテッド】間違いなく神映画だから見たことないやつはこの後見ろ!!

舞台は現代のアメリカのマサチューセッツ州ボストン。マサチューセッツ州の州警察に2人の男が入署した。 一人はコリン・サリバン(マット・デイモン)。コリンはボストン南部で育った。ある時、とある商店で食事中にボストンの暗黒街のボスであるフランク・コステロ(ジャック・ニコルソン)と出会った。コステロはコリンの父親を知っていた。コリンはコステロの助力もありきちんとした教育を受けることができ、そのまま警察学校に入りエリート私服警官になる。そしてコリンは着実に階級を上げていき、ついには特別捜査班に入った。 特別捜査班の大きな目的は暗黒街のボスであるコステロを逮捕することだった。そして、コリンを州警察に入れたコステロの狙いは、敵である州警察の内部に内通者を作ることだった。

おすすめ度
5
【レジェンド・オブ・フォール】マジで神映画!こんなに濃いドラマは他にない!!

【レジェンド・オブ・フォール】マジで神映画!こんなに濃いドラマは他にない!!

トリスタン・ラドロー(ブラッド・ピット)は落ち葉の月に生まれた。それは先住民とアメリカ移民との間で戦争が起き、先住民が迫害を受けた悲しい年だった。トリスタンの母イザベルはトリスタンの出産で死にかけた。父ウィリアム(アンソニー・ホプキンス)にとって三人の息子の中でもトリスタンが一番のお気に入りだった。軍の大佐だったウィリアムは先住民を救おうとしたが、無駄だった。そしてウィリアムは軍隊から身を引き、不条理な戦争から離れて自然に囲まれたモンタナの地で静かに暮らし始めた。トリスタンには兄のアルフレッド(エイダン・クイン)と弟のサミュエル(ヘンリー・トーマス)という兄弟がいた。末っ子のサミュエルは長男のアルフレッド、そして次男のトリスタンにとって宝物のような存在だった。

おすすめ度
5
【僕だけがいない街】原作が最高だった(>

【僕だけがいない街】原作が最高だった(><)

舞台は2006年の東京。売れない漫画家として活動する一方、アルバイトで生計を立てていた藤沼悟(藤原竜也)。悟は何度も時間が巻き戻る、自身がリバイバルと呼ぶ特殊な能力を持っていた。それは直後に発生する事件や事故などの悪い出来事の原因が取り除かれるまで、それが発生する直前の場面に何度でもタイムリープするというものだった。その日はピザ屋のバイトで配達に出ているときだった。突然"それ"はやって来た。またか… 配達用のバイクで走行中だった悟は周りを見渡してリバイバルの原因、"違和感"を探る。そして、対向車線のトラックの運転手の様子がおかしいことに気付いた。リバイバル後、悟はトラックが事故を起こす横断歩道で信号待ちをしていた小学生に『悪いんだけど、今日は別のところから渡ってくれるかな?』と声を掛け、まずは小学生の危機を回避した。

おすすめ度
4
【最強のふたり】爆笑して泣いて最後には心が澄み渡る最高の映画だった!

【最強のふたり】爆笑して泣いて最後には心が澄み渡る最高の映画だった!

真っ直ぐな目をした黒人の青年は静かに車のハンドルを握っていた。そして助手席には顔色は良くないが黒人の青年と同じくらい真っ直ぐな目をした初老の男が静かに座っていた。黒人の青年は車の速度を上げ、どんどんと他の車を追い抜いていった。気付けば安全運転とは言えない黒人の青年が運転するその車をパトカーが追跡するようになっていた。黒人青年『"逃げ切る"に100ユーロ。』初老の男性『乗った。』黒人の青年『行くぜ。』

おすすめ度
5
【STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ】今作であの謎が解き明かされるぞ…

【STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ】今作であの謎が解き明かされるぞ…

舞台は2011年の東京。岡部倫太郎達がCERNをハッキングし、タイムリープマシンを完成させ、シュタインズ・ゲート世界線にたどり着き1年が経過しようとしていた。岡部倫太郎がシュタインズ・ゲート世界戦にたどり着くまでに様々な出来事があった。永遠にも感じられる時間を過ごし、様々な人の想い無に帰してきた。それでも、ようやく辿り着いたシュタインズ・ゲート世界戦は椎名まゆりも生存し、牧瀬紅莉栖も生存し、前の世界線では敵対関係であった天王寺(Mr.ブラウン)や桐生萌郁とも良好な関係を築け、第三次世界大戦も起こらない唯一無二の世界戦だった。タイムマシンや裏組織などと以前のような非凡な体験をすることはなくなったが、それでも平穏で幸せな日々を満喫できていた。ある日、牧瀬紅莉栖がアメリカから秋葉原に1年ぶりに帰って来た。空港に到着した紅莉栖をまゆりと漆原るかが迎えに行った。岡部は天王寺のお遣いで秋葉原に出かけていた。

おすすめ度
4
【アメリカン・スナイパー】見ないと絶対後悔する映画だから死ぬ前に見とけ!

【アメリカン・スナイパー】見ないと絶対後悔する映画だから死ぬ前に見とけ!

舞台はアメリカ。クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)はテキサス州に生まれた。クリスは弟のジェフと共にキリスト教徒である厳格な父に育てられた。父はクリスに狩猟を教え、強い男に育てようとしていた。父は言った。『人間には3種類ある。"羊" , "番犬" , "狼"だ。"悪など存在しない"と思う連中は悪が訪れた時、自身を守れない。彼らは"羊"だ。そして捕食者は弱者を暴力で餌食にする。彼らは"狼"だ。そして、群れを守るため圧倒的な力を駆使する者。狼と戦う類まれな者、彼らは"番犬"だ。父さんは"羊"は育てない。"狼"は厳しく罰する。だが家族は守る。弟が誰かに襲われいじめられたらやっつける許可を与える。お前は番犬だ。』

おすすめ度
5
【永い言い訳】簡単に言葉に出来ないけど絶対に見るべきおすすめ映画

【永い言い訳】簡単に言葉に出来ないけど絶対に見るべきおすすめ映画

この映画『永い言い訳』も超おすすめ映画なので紹介します!久しぶりに最近のヒューマンドラマ系の邦画を探していた時に見付けた映画で、とりあえず映画のタイトル『永い言い訳』っていうのが気になって見ました(^^)その時の気分的には『何も考えずに見れる映画が見たい』って感じだったんですけど、内容的にはちょっとだけ重かったです。見ている途中で、以前紹介した映画『恋人たち』を連想させるものがありました(´・ω・`) あそこまで重たい内容ではなかったんですけど、永い言い訳の最初の幸夫と夏子の夫婦のやり取りが見ていて何だかブルーな気持ちになりました(´・ω・`)

おすすめ度
4.5
【つみきのいえ】マジで泣ける(´・ω・’) 見る人を優しい気持ちに…

【つみきのいえ】マジで泣ける(´・ω・’) 見る人を優しい気持ちに…

思い出と共に壁一面に飾られた数多くの写真達。自宅の窓を開ければ周り一面が海。海に沈んでしまった町で孤独に暮らす背中の曲がったおじいさん。床のハッチを開ければ下の階に繋がる。そして下の階(部屋)は全て海に沈んでしまっている。そこに釣り糸を垂らし、釣れた魚がおじいさんのご飯となる。見もしないテレビを点けて、飲み物をグラスに注ぎ孤独な食事をする。日に日に水面は増していき、朝起きた時には海水が床にまで来ていることも…。その度におじいさんは積み木を重ねるようにどんどん上へ上へと階(部屋)を増築していく。ある日おじいさんは普段から愛用していたパイプを下の階(海中)に落としてしまう。大切なパイプを拾いに行くためにおじいさんは潜水服を着て海の中へ…

おすすめ度
5
【壬生義士伝】死ぬまでに一度は見ろ!こんなに号泣した映画は初めて

【壬生義士伝】死ぬまでに一度は見ろ!こんなに号泣した映画は初めて

舞台は維新後の明治。元新選組三番隊組長だった斎藤一(佐藤浩市)はある夜、熱を出した孫の実(みのる)をおんぶしてとある町医者の元を訪ねた。 夜分遅い時間ではあったが、その病院は斎藤達を快く迎え入れてくれた。その病院を営む夫婦は翌日の引っ越しに備えて片付けをしている途中だった。斎藤が足を運んだ病院は少し変わった病院で、代金をもらう代わりに酒で患者のことを診てくれるという変わった院長が居る病院だった。院長の名前は大野千明(村田雄浩)。中年の男性だ。病院について孫の実(みのる)はすぐに注射器を見付けてしまう。『ちくちく嫌!ちくちく嫌!』と言って逃げ出そうとし、そのまま机にぶつかった実は机の上の写真たてを床に落としてしまう。

おすすめ度
5
【グラディエーター】間違いなくベスト映画ランキングトップ3に入る映画!!

【グラディエーター】間違いなくベスト映画ランキングトップ3に入る映画!!

舞台は西暦180年、賢帝『マルクス・アウレリウス(リチャード・ハリス)』の統治する古代ローマ。平民出身ながら将軍にまで上り詰めたマキシマス・デシムス・メレディウス(ラッセル・クロウ)は、遠征先のゲルマニアの地で、今まさに蛮族を相手に決戦を行おうとしていた。戦を避けるためにローマ軍から蛮族へと送られた使者は蛮族の手によって首を切り落とされ、それと同時にローマ軍と蛮族との戦が始まることとなった。そしてそれはゲルマニアとローマの12年にも及ぶ長い戦いに終止符を打つものだった。

おすすめ度
5
【ヒア アフター】”超名作映画” 文字通り生きてる間に見て欲しい名作映画

【ヒア アフター】”超名作映画” 文字通り生きてる間に見て欲しい名作映画

マリー・ルレ(セシル・ドゥ・フランス)はフランスでジャーナリストの仕事をしている女性だ。恋人のディディエと東南アジアに旅行で訪れていた。マリーはホテルのチェックアウトを済まし、街の市場でお土産物をあさっていた。そして、そこで津波に襲われてしまった。その場に居た小さな子どもを連れて津波から逃げるマリーだったが、そのまま津波に飲み込まれてしまいどんどん流されていってしまう。どうにか津波の流れから逃れようと必死で何かに捕まろうとするが、津波によって流されて来た大きな鉄の塊が後頭部にぶつかり、そのまま海の中へと沈んでしまう。そんな中、マリーは不思議な体験をする。いわゆる臨死体験というものだった。

おすすめ度
4.5
【聲の形】人としての大切なものを思い出させてくれる最高の映画!

【聲の形】人としての大切なものを思い出させてくれる最高の映画!

将也はある目標を見据え、ある時からカレンダーに意味深な☓印を付けていた。これまで続けていたアルバイトを辞め、また自分の部屋にあった家具や敷布団を含めて業者に売り、これまでアルバイトなどで貯めたお金を銀行口座から引き出し、それを母が眠る枕元に置いて家を出たのだった。将也が置いたお金は170万近くある程の大金だった。

おすすめ度
4.5
【チチを撮りに】ブラマヨの吉田さんも絶賛の笑って泣けるおすすめ映画

【チチを撮りに】ブラマヨの吉田さんも絶賛の笑って泣けるおすすめ映画

舞台は現代の日本。東村家は長女の葉月(柳英里紗)と次女の呼春(松原菜野花)と母の佐和(渡辺真起子)の3人家族だ。父の正高(二階堂智)は14年前に別の女性と出ていってしまった。20歳でフリーターの葉月は昼キャバのバイトをしながら一人暮らしを夢見ていた。17歳で女子高生の呼春は留年しない程度に学校をサボりながらのんびりとした毎日を過ごしていた。金融関係のエリートである母の佐和は働きながら二人の娘を養っていた。ある日、母の佐和は二人の娘に『大事な話がある』と言い、自宅に集合をかけた。大量のお寿司を持って帰宅した母からはきっと良い話が聞けると期待した二人だったが、佐和の口から出た言葉は意外なものだった。佐和「お父さん死ぬんだって…。」

おすすめ度
4
【ミリオンダラー・ベイビー】この映画は死ぬまでに観ないと後悔する!!

【ミリオンダラー・ベイビー】この映画は死ぬまでに観ないと後悔する!!

家族からすらも愛情を受けた事のない孤独な女性と、家族にすら愛情を見せた事のない不器用な老年の男性の間に芽生えながらも、非情な結末を迎える愛の物語である。舞台は現代のアメリカ・ロサンゼルス。フランキーは歳こそ老いてはいるが文字通りの名トレーナーだった。一人暮らしで自宅に家族はおらず、唯一家族と呼べる娘のケイティとは離れて暮らし、音信不通だった。毎週娘のケイティに宛てた手紙も受取拒否という形でフランキーのもとに戻って来た。

おすすめ度
5
  1. 1
  2. 2