ヴァンパイア系のおすすめ映画一覧

【ぼくのエリ 200歳の少女】12歳の初恋がこれまでのヴァンパイア映画の流れを変えた!

【ぼくのエリ 200歳の少女】12歳の初恋がこれまでのヴァンパイア映画の流れを変えた!

舞台は現代のスウェーデン、ストックホルムの郊外。12歳のオスカー(カーレ・ヘーデブラント)は母親と二人で暮らしていた。オスカーには友達が居らず、学校でもいじめられていた。学校から帰宅するとオスカーはナイフで自宅の外に生えている木を刺したりして鬱憤を晴らしていた。ある雪の積もった日、オスカーの住むアパートの隣に父親と娘の二人家族が引っ越して来た。その頃オスカーの住む地域では猟奇的な殺人事件が起きていた。犯人は被害者を殺害後その遺体から血を抜き取っていた。

おすすめ度
5
ビザンチウム(Byzantium)

ビザンチウム(Byzantium)

舞台は現代のヨーロッパ。 エレノア(シアーシャ・ローナン)は誰にも言えない秘密を抱えていた。 そして"嘘を吐いて生きること"に嫌気が差していた。 誰にも理解はされない。 でもその秘密を誰かに話したいとずっと思っていた。 エレノアはその秘密を物語にした。 それは真実の物語だった。 言葉にすることが出来ない"自分"という存在を誰かに話したかったのだ。

おすすめ度
4
【モールス】儚さと切なさと美しさが交差する最高のヴァンパイア映画

【モールス】儚さと切なさと美しさが交差する最高のヴァンパイア映画

舞台はアメリカのニューメキシコ州にある雪に閉ざされたとある田舎町。1983年3月、ロス・アラモスで50代半ばの男性が全身に大やけどを負った状態で救急車に搬送されていた。火傷は高濃度の酸を浴びたことによるものだった。顔面は原型を留めておらず、身元の分かるものはなかった。

おすすめ度
4.5
【MOON CHILD(ムーンチャイルド)】hydeとGacktが出演する隠れた名作映画

【MOON CHILD(ムーンチャイルド)】hydeとGacktが出演する隠れた名作映画

経済破綻の結果崩壊した日本。結果沢山の日本国民は海外に移住する事になった。アジアの片隅にある『マレッパ』には沢山の移民が集まった。そんなマレッパは人種間の抗争をはじめ、殺人、犯罪が絶えない国となった。その結果沢山のストリートチルドレンが生まれる。

おすすめ度
3.5
【インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア】永遠を生きる孤独を描いたおすすめ映画

【インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア】永遠を生きる孤独を描いたおすすめ映画

舞台はサンフランシスコ。マスコミという業界で何とかのし上がろうと野心に燃えていたクリス。ある日、クリスは美しい青年のルイ(ブラッド・ピット)を見付け、インタビューをするというところからこの物語は始まる。ルイは怪しい雰囲気を持つ氷のような空気をまとった綺麗な青年であった。そんなルイをインタビューすればすごい話が聞けるのではないか…。

おすすめ度
5
【ブレイド(BLADE)】おすすめの新感覚ヴァンパイア アクション映画

【ブレイド(BLADE)】おすすめの新感覚ヴァンパイア アクション映画

ブレイド(ウェズリー・スナイプス)はヴァンパイアと人間との間に生まれた混血で、人間を脅かすヴァンパイアを狩るヴァンパイア・ハンター。ブレイドが混血として生まれた背景にはある出来事があった。ブレイドは母親の胎内に居る時に母親がヴァンパイアに襲われ、その結果『人間』と『ヴァンパイア』の混血として生を受けた。人間とヴァンパイアとの混血であるブレイドは純潔のヴァンパイアとは違い太陽の下を平気で歩く事が出来るのだった。そんなブレイドを純潔のヴァンパイア達は『Day Walker』と呼んで恐れた。

おすすめ度
4