ピンポン(PING PONG)

ピンポン(PING PONG)
© 2002「ピンポン」製作委員会

ヒーロー見参!

おすすめ度
5
感動する度
4
心に残る度
4.5

映画ピンポン(PING PONG)の予告動画

映画ピンポン(PING PONG)のストーリー(あらすじ)

舞台は現代の日本。
オカッパが伸びたような髪型をしたペコこと星野裕(窪塚洋介)は橋の手すりの上に立っていた。
そこに巡回中の警官がやって来てペコに声を掛けた。

巡査『少年!なんだかわかんないけど人生そんなに捨てたもんじゃないぞ。オジサンなんか、競馬で負けて今60円しか持ってないけど、頑張って生きてんだ…。キミが死んだらお父さんとお母さんどう思うかな?』

ペコ『死ぐ?』

巡査『シグ?ああ、そうさ。死ぐきになりゃ何だって出来るさ。』

ペコ『死がねーよ。空飛ぶんだ。月にタッチするなんてわけないよ。』

巡査『うんうん。その意気だ!』

ペコ『I can fly!』

巡査『Yes!You can fly!』

そしてペコは橋の上からそのまま川に飛び込んだ。
ペコは今までの自分を捨てて変わろうとしていた…。

舞台は変わり『親切なタムラ卓球場』
そこはオババ(夏木マリ)と呼ばれる女性が経営している卓球場だった。

オババは言葉が汚く、常にタバコを吸っているファンキーなおばちゃんで指導も厳しいが、選手思いの良い人だった。

ある日ペコはそんなオババが営むタムラ卓球場でとある大学生と賭け卓球を始めた。
ペコは高校でエースと呼ばれる程の腕前だったが、常に部活をサボっていた。

ペコ『ここじゃ俺ペコで通ってんだ。あんたも揃えていいよ、学生さん。』

大学生アッ君『ああ、ペコな。』

ペコ『そんかし、俺が勝ったらちゃんと”さん”くれろ。』

大学生アッ君の彼女『言っとくけど、アッ君大学のエースなんだよ!あんたみたいなガキ左手で倒せるんだから!』

そんな様子をスマイルこと月本誠(ARATA)は途中から見ていた。
スマイルはペコと同じ高校に通う高校生でペコと同じく卓球部に所属していた。
そして、スマイルは誰もが認めるカットマンだった。
ただ、スマイルには相手によってわざと手を抜いてしまう癖があった。

スマイルはペコと幼い頃からの仲だった。
幼い頃スマイルはいじめられっ子だった。
スマイルはどんな時も無表情で頭に来ることがあってもおかしなことがあってもその表情は変わることがなかった。
そんなスマイルを同級生たちはていじめていた。
そして、そんなスマイルを助けたのがペコだった。

ペコ『やめろお前ら!』

幼い頃、ペコに助けられたスマイルはペコにある質問をした。

スマイル『星野はどうして学校サボるの?』

ペコ『オレ忙しいんだ。』
そういうとランドセルから卓球のラケットを取り出した。
そして続けてスマイルに言った。
ペコ『卓球だよ。知らねえの?ついてこい、オレが教えてやるよ!』

スマイルはペコにタムラ卓球場へ連れていかれ、そこで卓球に出会った。
そして、スマイルにとってペコは『ヒーロー』だった。

大学生アッ君とペコの賭け試合の結果はペコの圧勝だった。
惨敗し、ペコに3,000円を支払うアッ君の姿を見て彼女は愛想をつかして出ていった。

試合後スマイルはペコに声を掛けた。

スマイル『部活来てよ。』

ペコ『なんで?』

スマイル『頼まれたから。いろいろ大変なんだよ、ペコ来ないと。』

ペコ『また大田に殴られたんか?』

スマイル『一応伝えた。』
そう言ってスマイルはそのままタムラ卓球場を出ていった。

ある日、部活を途中で抜け出したペコはスマイルを連れて辻堂学院高校に向かった。
理由は道場破りをする為だった。

そこには中国から来た留学生の孔文革(サム・リー)が居た。
孔文革は辻堂学院高校が卓球部の強化の為に迎えた優秀な中国の留学生で、ドラゴンこと風間(中村獅童)という日本最強の卓球高校生を倒す為に雇われた中国の高校生だった。

ペコが道場破りにやって来たその日、孔は屋上で練習をサボっていた。
そして、その屋上で『ラケットが卓球の球を叩く音』を聞き、その音を出している人物に興味を持った。
同時にその音を聞いて、その人物はわざと負けていると考えていた。
それを確かめる為に孔は体育館に向かった。

そこではペコとスマイルがラリーを行っていた。
ペコがスマッシュを決めて点を獲った時に孔が入って来て、スマイルに言った。

孔『そんなプレイを続けていたら癖になるぞ、メガネ。そのオカッパがスキだらけなのはお前のせいだぞ。台につけ、メガネ。』

中国語で何を言っているのか分からなかったペコは卓球台に向かった孔の前に立ち、迎え撃つ準備をした。
しかし、孔が指名したのはペコではなくスマイルだった。

スマイルは『いや、どうせ負けますから…。』と言ってペコを連れてその場を離れようとする。
そんなやり取りを見てペコは孔を挑発し、自身と勝負するように仕向けた。

ペコ『何だよチャイナ。オレが怖えのかよ?かかって来なさい、パンダ野郎。』

その後スコンクで負けたペコは電車の中で泣いていた。

ある日、練習中にスマイルを呼び出したコーチの小泉はスマイルにある忠告をした。

小泉『もう星野とは関わるな。タムラにも行くな。』

スマイル『理由が分かりません。』

小泉『星野が相手だったら手を抜いて打つでしょ?』

スマイル『抜いていません』

小泉『全く自覚がないのね。まあいいや。明日から朝5時にここに来なさい。インターハイに向けてミーの作ったスペシャルなメニューを…』

小泉の言葉を聞き終わる前にスマイルはその場を去っていった。
そして次の練習の日も『やる気がないので帰ります』と小泉に伝え、そのまま帰ってしまった。
その日はスマイルと共にペコも早退した。

スマイル『なんでついてくんの?ペコはチャイナ倒すんだろ?』

ペコ『あたぼうよ!』

スマイル『だったらサボってる暇ないだろう、部活。』

ペコ『あんな部活ポンコツばっかじゃんすか、ダンナ。』

スマイル『最近何だか疲れるんだ。』

ペコ『何が?』

スマイル『卓球も人間関係もどんどん複雑になってきてる。』

ペコ『オレは単純だけどよ…。この星の1等賞になりたいの卓球でオレは!そんだけ!だから勝たなきゃ意味ねえ、そう思わねえ?』

スマイル『思わない。勝つために誰かを引きずり落としたりとかそういうの好きじゃないんだよ。』

ペコ『それが面白えんじゃん!』

スマイル『卓球なんて死ぬまでのただの暇つぶしだよ。』

ペコ『オレとは違うな。』

スマイル『ペコはカッコいいからね。』

ピンポン(PING PONG)
© 2002「ピンポン」製作委員会

そして、『高校総体卓球球技県予選大会』の日がやって来た。
そこにはペコがライバル視するチャイナこと、孔の姿や海王のドラゴンや幼い頃にペコやスマイルと卓球をしていたアクマ(大倉孝二)の姿もあった。

ペコの対戦する相手の中にはアクマ、そしてスマイルの対戦することになる相手の中には孔がいた。
そして、この予選大会をきっかけにペコやスマイルアクマなどの今後の運命が大きく変わっていくのだった…。

映画ピンポン(PING PONG)を見た感想・レビュー

この映画『ピンポン(PING PONG)』も超おすすめ映画なので紹介します!
上映されてからもう15年以上経ってますが、全然色褪せることのない最高の映画です(^^)

窪塚洋介さんの役もそうですが、キャストの方一人ひとりの役の作り込み具合が半端じゃないっす٩(๑`^´๑)۶
そこに曽利文彦監督の独特な写し方が加わり、宮藤官九郎さんらしい脚本が乗って本当に最高の映画に仕上がっていると思います!

以前アニメの方の『ピンポン(PING PONG)』が話題になってからいつかまた映画の方のピンポンも見たいと思っていて、先日の休みの日に見たんですけど、何回見ても最高の映画でした(*´∀`*)

当時、映画のクオリティに驚かされました!
ペコが橋から飛び込むシーンとか、マジでドローンで撮ったんじゃないかっていうくらいすごかったし、卓球の試合とかラリーとかがマジでガチなんですよね(*´∀`*)
あとは濃いキャラクター達を演じきってるキャストの方達の演技はマジで半端ないっす!
一人でもキャストが違っていたらここまでの作品にならなかったんじゃないかなって思います!!
そういう様々なものが組み合わせったからこそ見入っちゃうし、このピンポン(PING PONG)の世界に自然と入り込めちゃいました(><)

この映画ピンポンを見たことがある人に感想を聞くと、どの人も『マジで良かった、面白い』って答えてくれます!
色んな人から本当に評判の良い最高の映画です(*^^*)

ストーリーも割と淡々と進んでいく割には実はすごく濃い内容のものだったり、ラリーのシーン一つをとってもその人達の心情が深々と刻まれています。

とにかくマジでおすすめな映画なので見たことがある人もない人も是非見て欲しい映画です٩(๑`^´๑)۶

映画ピンポン(PING PONG)の見どころ

全キャストのガチな演技・原作にも負けない脚本と画の写し方

映画ピンポン(PING PONG)の監督や出演俳優について

映画タイトル

ピンポン(PING PONG)

映画ピンポン(PING PONG)の主題歌

YUMEGIWA LAST BOY - スーパーカー

映画ピンポン(PING PONG)の製作国

  • 日本

映画ピンポン(PING PONG)のジャンル

映画ピンポン(PING PONG)のキャッチコピー

この星の1等賞になる!!

映画ピンポン(PING PONG)を一言で例えるなら

I can fly!

映画ピンポン(PING PONG)の公開年

2002年

映画ピンポン(PING PONG)の監督

曽利文彦

映画ピンポン(PING PONG)の主要キャスト

  • 窪塚洋介(ペコ)
  • ARATA(スマイル)
  • 大倉孝二(アクマ)
  • 中村獅童(ドラゴン)
  • 夏木マリ(オババ)
  • サム・リー(孔文革)
  • 竹中直人(小泉丈)
  • 荒川良々(太田)
  • 近藤公園(多胡)
  • 平野貴大(五味)
  • 翁華栄(孔のコーチ)
  • 松尾スズキ(警官)

ピンポン(PING PONG)を閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください