うさぎドロップ

うさぎドロップ
©2011「うさぎドロップ」製作委員会

亡くなったおじいちゃんの隠し子を引き取った、独身男の運命は!?

おすすめ度
4
感動する度
3
心に残る度
3

映画うさぎドロップの予告動画

映画うさぎドロップのストーリー(あらすじ)

舞台は現代の日本。
ある日、河地大吉(松山ケンイチ)の元に母親の幸子(風吹ジュン)から連絡が入った。
大吉の祖父である鹿賀宋一(平井雅士)が亡くなったということだった。
大吉は喪服を着て祖父の実家に向かった。
家の玄関を開けて中に入ると、親戚達立て続けに驚いた顔で大吉を見詰めた。
大吉は亡くなった祖父の宋一と瓜二つだった。

大吉がふと庭を見つめると5〜6歳ほどの小さな女の子が居た。
母に尋ねたところ、それは亡くなった祖父の隠し子だった。
つまり、大吉の母の妹であり、27歳の大吉よりも随分と年下の叔母であった。
そうこうしている間に大吉の妹のカズミ(桐谷美玲)もやって来た。

葬儀が進み、お別れの儀のときがやって来た。
祖父の眠る棺桶の中へ、皆涙ながらに花を入れていた。
すると祖父の隠し子は庭に行ってリンドウの花を摘んできた。

うさぎドロップ
©2011「うさぎドロップ」製作委員会

それは無彩色の喪服に似つかわしくない鮮やかな青色で、どこか悲しげで、何よりも祖父の宋一が大好きだった花だった。
その女の子は死後硬直で硬くなってしまった宋一の手に何とかリンドウの花を握らせようとしていた。
女の子は宋一が亡くなったということ、”死”というものを理解できずにいたのだった。

女の子『もう起きないの?』

大吉『もう起きない。』

リンドウの花はその手に握られることなく、力なく胸の上に倒れ込んだ。

祖父の葬儀が無事終わり、その後隠し子の話題になった。

親戚A『まずい…これは非常にまずいぞ!』

親戚B『あの年で子供作るなんてね…。』

親戚C『本当に信じられないわよ。』

親戚D『で、相手は誰なんだよ?』

親戚A『そんなことはどうだっていい!』

親戚C『良くないわよ!6歳よ!?6歳!!』

親戚A『非常にまずいな…。こんないい加減な話、自治会の耳に入ってでもみろ。自治会長を務めるわしの立場は…』

結局女の子は母親が誰なのかは分からないままだった。

大吉の父『今後のことは追って考えるとしてさ、当面誰があの子の面倒を見るかだけど…』

親戚B『うちは無理よ。お店忙しいし。』

親戚D『もうちょっとちゃんとした子なら、うちで見てあげられるけどね。』

親戚E『ちょっと変わった子だしな。』

親戚C『せめてもう少しね、可愛げがあれば…。』

大吉『母ちゃんはさ、うちに居るわけだし、しばらく預かってやれないの?』

大吉の母『無理に決まってるでしょう!私は暇じゃないんだから!大体子ども1人育てるのがどれだけ大変か分かってるの?今まで私がどれだけ自分を犠牲にしてきたか!!何も知らないくせに!!』

カズミ『半端なことしたって可愛そうよ。』

女の子を施設に入れるという話に発展した時、大吉は立ち上がって女の子の方へ歩いていった。

大吉『こんなろくでもねえところ、子供のいるところじゃねえぞ?俺んち来るか?』

その言葉を聞いて女の子は大吉の顔を見上げて、そしてスーツの袖を掴んだ。

大吉のその言葉に家族は猛反対した。

その日から大吉の家に家族が増えた。
女の子の名前はりん。
祖父の名字をとって“鹿賀りん(芦田愛菜)”

うさぎドロップ
©2011「うさぎドロップ」製作委員会

大吉は広い一軒家に一人で住んでいた。
一人子どもが増えても全く困ることのないほどの広さだった。
そして、朝目覚めて女の子の存在を再認識したとき、大吉は我に返った。

大吉『バカだ俺、かっこつけちゃったよ…。何であんなこと言っちゃったんだよ…。はあ…。』

食事を済ませ、大吉はりんを連れてショッピングセンターに向かった。
りんの持ち物はほとんどなかった。
なので、りんの服を選んでいた。

大吉『ずぼんばっかだな。』

りん『保育園ではスカートダメだから。』

大吉『そうなの。へー、、、保育園!?』

子育ての経験のない大吉にとって”6歳の女の子との生活”は未知なものだった。

うさぎドロップ
©2011「うさぎドロップ」製作委員会

大吉が文字通り頭を抱えて悩んでいると、妹のカズミから電話が入った。

大吉『はい?』

カズミ『ばっかじゃないの、かっこつけちゃって。』

大吉『あ?』

カズミ『何、どうしたの?大変なんでしょ?今どこよ?』

大吉『うるせえな、何か用かよ?』

カズミ『お兄ちゃん困ってるんでしょ?』

大吉『困ってなんかねえよ。』

カズミ『あっそ。』

大吉『おお、カズミ。保育園ってどうやって入れるんだ?』

カズミ『ほら、やっぱ困ってんじゃん。』

大吉『お前んとこの幼稚園は?』

カズミ『お兄ちゃん家から何時間かかると思ってんの?』

そういうと電話は切れた。

うさぎドロップ
©2011「うさぎドロップ」製作委員会

家に戻ってから大吉はパソコンを使って保育園について調べていた。
しばらくすると再び妹のカズミから電話が掛かって来た。
カズミは大吉に保育園の情報だけ伝えるとそのまま電話を切った。

うさぎドロップ
©2011「うさぎドロップ」製作委員会

そして、大吉とりんとの本当の意味での“生活”が始まった。
大吉は会社へ行く前にりんを保育園へ連れて行った。
満員電車にりんと一緒に乗り、駅を出てからは走って保育園へと向かった。

うさぎドロップ
©2011「うさぎドロップ」製作委員会

りんを保育園へと届け終えた後、時計を見て大吉は再び駅へ走ろうとしていた。
ふとりんの顔を見ると、りんは悲しそうな顔をしていた。
りんはまた誰も居なくなってしまうことに不安になっていたのだった。
大吉はりんの不安を払拭するために『必ず帰って来る』と言って指切りをした。

うさぎドロップ
©2011「うさぎドロップ」製作委員会

仕事が終わるとまた走って保育園へと向かった。
『早く行ってやらねえと。』
保育園に着くとりん以外の園児はもういなかった。
他の親は子どもをもっと早く迎えに来るのだった。
それでもりんは大吉の顔を見て笑顔になった。

大吉は悩んだ末に仕事の配属先を変えてもらうことにした。

上司『お前、本当に言ってんのか?』

大吉『残業の無い課に異動させてください。よろしくお願いします!』

残業のない課に異動してからも大吉は相変わらず忙しい毎日を送っていた。
しかし、そのお陰でりんを早く迎えにいくことが出来るようになった。

そんな中、保育園でりんに初めての友達が出来た。
名前は二谷コウキ。
コウキの家庭はシングルマザーだった。
同じような境遇だということもあり、大吉はコウキの母、二谷ゆかり(香里奈)とも打ち解けるようになる。

うさぎドロップ
©2011「うさぎドロップ」製作委員会

大吉にりんが来て初めてのことだらけの生活だった。
そして、ある時事件が起きるのだった…。

映画うさぎドロップを見た感想・レビュー

この映画『うさぎドロップ』もおすすめ映画なので紹介します!
この映画を見て松山ケンイチの演技の幅に改めて驚かされました(><)

うさぎドロップ
©2011「うさぎドロップ」製作委員会

僕が松山ケンイチという俳優を知ったのはデスノートでLを演じている時でした!
当時ちょっと漫画も読んだことがあったのですが、本当にちょっと程度でして、僕の中のデスノートは完全に映画版のデスノートです٩(๑`^´๑)۶
あの時の松山ケンイチのLがマジでヤバイと思いました( ゚д゚)!
正直漫画原作の映画で当たりの映画って本当に少ないなって思うんですけど、デスノートは間違いなく当たりの映画です!!

正直に言うと、うさぎドロップは原作の漫画の方が良かったですw
というか原作の漫画が好きだったんですよね(´・ω・`)
主にりんちゃんが小学生の頃までは…。
原作が好きだったのでどうしても映画化されて原作と異なる部分とか見ちゃったり、自分の中の固まったイメージが揺らいじゃう部分もあったりで(><)
でも実写版のうさぎドロップもこれはこれで良かったと思います(*^^*)

あの漫画はあの漫画で色んな意味で話題になった漫画でしたが、りんちゃん小学生編まではすごく良かったです!
そう思うと、アニメの終わり方って良かったように思えます٩(๑`^´๑)۶

あとは自身に子どもが居ないからこそそう思ってしまうのかもしれませんが、うさぎドロップを見ているととてつもなく子どもが欲しくなって来ます(´・ω・`)
それほど芦田愛菜ちゃんが可愛いです٩(๑`^´๑)۶

NetflixやPrimeビデオを契約している人はそのまま見れちゃうので是非見てみてください!
Huluを契約している方はアニメ版の『うさぎドロップ』を視聴出来るので是非見てみてください!!
アニメ版のうさぎドロップはマジで神アニメです٩(๑`^´๑)۶

映画うさぎドロップの見どころ

日常的な非日常の中で奮闘する大吉の姿とそれを見守るりんの笑顔(*^^*)

映画うさぎドロップの監督や出演俳優について

映画タイトル

うさぎドロップ

映画うさぎドロップの主題歌

SWEET DROPS

映画うさぎドロップの製作国

  • 日本

映画うさぎドロップのジャンル

映画うさぎドロップのキャッチコピー

突然、一つ屋根の下−。

映画うさぎドロップを一言で例えるなら

子供が欲しくなる(´・ω・`)

映画うさぎドロップの公開年

2011年

映画うさぎドロップの監督

SABU

映画うさぎドロップの主要キャスト

  • 松山ケンイチ(河地大吉)
  • 芦田愛菜(鹿賀りん)
  • 佐藤瑠生亮(二谷コウキ)
  • 平井雅士(鹿賀宋一)
  • キタキマユ(吉井正子)
  • 香里奈(二谷ゆかり)
  • 中村梅雀(河地健二)
  • 風吹ジュン(河地幸子)
  • 桐谷美玲(河地カズミ)

うさぎドロップを閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください