デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)

デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)
©2008「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会

この恨みはらさでおくべきか

おすすめ度
4.5
感動する度
3.5
心に残る度
4

映画デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)の予告動画

映画デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)のストーリー(あらすじ)

僕はオシャレなミュージシャンになりたい。
でも今僕がやっているバンドは…
僕らは悪魔系メタルバンド”DMC”ことデトロイト・メタル・シティ。
気がついたらこのバンドをやらされていたんだ。
僕がしたかったのは…こんなバンドじゃない!!

デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)
©2008「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会

舞台は現代の日本。
根岸崇一(松山ケンイチ)は故郷の大分県犬飼を出て、東京の大学に進学した。
根岸には夢があった。
それは東京でオシャレな部屋に住んで、オシャレな生活をして、小沢健二やコーネリアスのようなオシャレなミュージシャンになることだった。

根岸にとって東京は新鮮な街だった。
見るもの、見る人全てが根岸には”オシャレ”に映った。

大学ではポップミュージック研究会に所属した。
そして所属するメンバーの前で宣言した。
根岸『大げさかもしれないけど僕音楽で、世界中の誰かに夢を与えたいんだ。つまり、NO MUSIC , NO DREAMみたいな。』
そんな根岸に同じくポップミュージック研究会のメンバーだった相川由利(加藤ローサ)『根岸くんならきっとプロになれるよ。』と優しく言った。

ある日、根岸は『NO MUSIC , NO DREAM』を実現させるためにある音楽レーベルに足を運んだ。
その音楽レーベルは“デスレコード”という名前だった。
根岸と同じ『NO MUSIC , NO DREAM』というキャッチコピーの元、新人ミュージシャンを募集していた。

■応募資格
音楽ジャンル・年齢・活動スタイル不問

しかし、そのレーベルとの出会いがきっかけとなり根岸の音楽人生は180度変わってしまうこととなるのだった…。
自身の本心に反して根岸はデスメタルバンドをやらされていた。

根岸のバンドは悪魔系デスメタルバンドだった。
メンバーは
ギター・ボーカルの『ヨハネ・クラウザーII世』。
ベース・ボーカルの『アレキサンダー・ジャギ』。
ドラムの『カミュ』
名前は”DMC”ことデトロイト・メタル・シティ。
DMCにはバンドのフロントマンである『ヨハネ・クラウザーII世』を崇拝するコアなファン達が多くいた。
そして、そのフロントマンであるヨハネ・クラウザーII世こそ根岸崇一だったのだ。

デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)
©2008「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会
デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)
©2008「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会
デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)
©2008「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会

白塗りの派手なメイク、金髪の長髪、おでこには“殺”という文字、過激な衣装。
ヨハネ・クラウザーII世になりきった根岸はライブで過激なパフォーマンスを繰り広げた。
そんな根岸の行うパフォーマンス、ライブを見て熱狂的なファンは毎回大きな歓声を上げた。

その様子にデスレコーズの社長(松雪泰子)は熱狂した。

デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)
©2008「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会

だからこそ根岸がポップ・ミュージックをやりたいというと、デスレコードの社長に激怒され、ぶっ飛ばされた。
デスレコード社長の目標はDMCをデス・メタル界の頂点に君臨させることだった。

ある日、根岸はタワーレコードで大学の同級生でずっと気になっていた存在である相川由利に再会した。
大学を卒業して以来の久しぶりの再会だった。

デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)
©2008「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会

相川由利は現在音楽系の雑誌の出版会社で編集者の仕事をしていた。
久しぶりの再会に話が盛り上がりかけていたところ、根岸の携帯が鳴った。
その日はDMCのセカンドシングルを発売を記念したインストアイベントの日だった。
根岸は相川に『バイトが1時間ほどある。』と伝えた。
すると相川は『それだったら待ってるよ。』と言って、一人カフェに向かい根岸のバイトが終わるのを待っていた。

根岸は急いでイベント会場へ向かい、衣装に着替えた後にインストアイベントに参加した。
とにかくインストアイベントを終わらせて相川の元へ急いで戻ろうという計画だった。
しかし、トークに熱中してしまい気付けば相川との待ち合わせの時間になっていた。
途中でイベント会場を抜け出し、相川の元に向かう根岸だったが、窓の外でイベントスタッフが根岸を探す姿が見え、急いでトーク会場に戻った。

その後もタイミングを見計らってイベント会場を抜け出して相川に会いに行った根岸だったが、それを繰り返す内にどっちが根岸でどっちがクラウザーなのか分からなくなっていった。
その後ライブイベントでDMCをのヨハネ・クラウザーII世としてライブを行っていた根岸だったが、その会場にはまさかの相川がいた。

正体がバレたとショックを受けていた根岸だったが、その後相川から電話があり、その会話で正体がバレてないことを知った。
今度2人で代官山のショップに遊びに行く約束をした。

そして、相川との代官山デートの当日。
オシャレなショップで相川とお茶を楽しんでいた根岸だったが、そこに東京のオシャレ四天王のデザイナーのアサトヒデタカ(鈴木一真)が現れた。
相川とアサトは知り合いだった。
相川はアサトに根岸をミュージシャンということで紹介した。
そして、アサトの提案で店内のステージでライブをすることとなった。

デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)
©2008「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会

結果からいうとそのライブは大失敗だった。
アサトからは『お遊戯的なことなら外でやってくんない?』と言われた。

家に帰って凹んでいると、突然デスレコーズ社長が根岸の自宅にやって来た。
デスレコーズ社長『私生活をデスメタルに変えてやる。』
社長はそういうと根岸の家の家具を破壊し始めた。
服もダサいとし、おもむろに根岸に馬乗りになって根岸が着ていた服を破いた。
その時、相川が根岸の家を尋ねて来て、根岸に馬乗りになるデスレコーズ社長と半裸になった根岸の姿を見て『最低ッ!』と言って帰っていってしまった。

その悔しさから根岸の中のヨハネ・クラウザーII世が暴走し、DMCの新曲“恨みはらさでおくべきか”が出来上がった。
それを皮切りにDMCはどんどん世間に注目されるようになっていった。
国内の音楽ランキングでも上位に食い込むようになり、ライブのチケットは完売するようになっていった。
そして、インディーズの戦国時代が始まった。

根岸はデスメタルをやめて大好きなポップスを出来るようになるのか?
相川へ自分の気持ちを伝えることが出来るのか?

自身の思惑とは反対にDMCは様々な形で注目を浴びるモンスターバンドになっていくのだった…。

デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)
©2008「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会

映画デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)を見た感想・レビュー

この映画『デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)』も超おすすめ映画なので紹介します!
原作はヤングアニマルに掲載されていた漫画の『デトロイト・メタル・シティ』です。
原作のあのシュールな笑いが好きで映画化も期待してたんですけど、個人的には結構良かったです!

デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)
©2008「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会

ただ、原作同様放送禁止用語連発なので、そういうのを受け付けないっていう人にはあまりおすすめ出来ないかもですw
この映画『デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)』は一度地上波で放送されたこともあるのですが、
その際は放送禁止用語の出てくるセリフの際に『パオーン!』といったゾウの鳴き声や『ワン!ワン!』といった動物の声に上書きされていてマジで爆笑しました٩(๑`^´๑)۶

その他にもところどころでマシンガンの連射する音や爆発する音に差し替えられていました。
よくテレビで放送禁止用語が飛び出すときはいわゆる『ピー』で処理してたりされるのですが、オリジナリティのある形で伏せられていたこれはこれは面白かったです!
多分『ピー』で伏せられるだけなら映画の評価を下げてしまいかねない詰まらない表現になっていたと思います。

漫画原作の映画ってどうしてもオリジナルのストーリーだったり、表現の難しさからシーンによっては微妙になってしまうところもあり、原作が好きな人からしたらガッカリさせてしまうものばかりだったりすると思うのですが、この映画『デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)』は映画化されても面白い作品に仕上がってるんじゃないかなと思いました٩(๑`^´๑)۶

デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)
©2008「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会

特に俳優さん達のセリフは際どいところまでストレートに表現されていて、そこが良かったと思うポイントの1つです!
原作ほどではないかもしれませんが、シュールな笑いは顕在してます!

本当に幅広い役を演じられる松山ケンイチさんがクラウザーさんを演じてるっていうのもすごく良かったんですけど、改めて見るとキャストも割と豪華だったなと思います。

©2008「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会

もしまだ見たことがないという人は是非見てみてください!
特に見たい映画がないときや、頭を空っぽにして何かを見たいっていう人にはマジでおすすめの映画です٩(๑`^´๑)۶

映画デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)の見どころ

全体を通して出てくるシュールな笑い

映画デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)の監督や出演俳優について

映画タイトル

デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)

映画デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)の主題歌

SATSUGAI/甘い恋人

映画デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)の製作国

  • 日本

映画デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)のジャンル

映画デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)のキャッチコピー

僕がしたかったのは…こんなバンドじゃない!!

映画デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)を一言で例えるなら

ノーミュージック・ノードリーム

映画デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)の公開年

2008年

映画デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)の監督

李闘士男

映画デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)の主要キャスト

  • 松山ケンイチ(根岸崇一 | ヨハネ・クラウザーII世)
  • 加藤ローサ(相川由利)
  • 秋山竜次(西田照道 | カミュ)
  • 細田よしひこ(和田真幸 | アレキサンダー・ジャギ)
  • 大倉孝二(ファンA)
  • 岡田義徳(ファンB)
  • 鈴木一真(アサトヒデタカ)
  • 高橋一生(佐治くん)
  • 美波(ニナ)
  • 大地洋輔(MC鬼刃)
  • 大谷ノブ彦(DJライカ)
  • 加藤諒(根岸俊彦)
  • 池澤あやか(根岸朋子)
  • 菅原大吉(根岸一則)
  • 宮崎美子(お母さん)
  • 松雪泰子(デスレコーズ社長)

デトロイト・メタル・シティ(Detroit Metal City)を閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください