ダークナイト(The Dark Knight)

ダークナイト(The Dark Knight)
© TM &DC Comics.2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

お前がわたしを殺すか。わたしがお前を殺すか。

おすすめ度
5
感動する度
3.5
心に残る度
5

映画ダークナイト(The Dark Knight)の予告動画

映画ダークナイト(The Dark Knight)のストーリー(あらすじ)

ダークナイト(The Dark Knight)
© TM &DC Comics.2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

舞台はアメリカにある架空の都市、ゴッサム・シティ。
犯罪こそ耐えない街だったが、そこには富豪のブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)扮するゴッサム・シティの裏のヒーロー、バットマンが居て、夜の闇に紛れながら犯罪者達を捕まえていった。

ある日ゴッサム・シティ銀行をピエロのマスクをかぶった集団が襲った。
その集団は金を奪った後に裏切り合い、そして味方同士で殺し合った。
そして、その最後に残った男はジョーカーだった。

ダークナイト(The Dark Knight)
© TM &DC Comics.2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ブルースはいつものようにバットマンのコスチュームに身を包み、闇の中身紛れ犯罪者を逮捕しようと動いていた。
しかし、誰よりも早く現場に駆けつけたのは偽物のバットマンだった。
立派なバットマンマスクをかぶり、ホッケー用の防具を身に着け犯罪集団に襲いかかっていた。

平気で銃を使い、犯人を殺しかねない勢いのその偽物バットマンをブルースは制圧した。
その後車で逃走した犯罪集団を捕まえたブルースは偽物のバットマンと共に拘束し、その場を去った。

その頃ゴッサム・シティではある組織によるマネー・ロンダリングが横行していた。
そのことを知ったブルースはゴッサム市警で信頼できる刑事のゴードン(ゲイリー・オールドマン)にその組織を捕まえようと提案するが、ゴードンは同時にジョーカーの存在も気になっていた。

ダークナイト(The Dark Knight)
© TM &DC Comics.2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ゴッサムシティで裏のヒーローであるバットマンの他に表のヒーローが新しく誕生しようとしていた。
そのヒーローの名前はハービー・デント(アーロン・エッカート)、地方検事だ。

そんなハービーの情報を聞きつけたブルースは密かにハービーに接触した。
そしてハービーと話している内に彼の考え方に感銘を受け、検事という立場で表舞台で悪と戦うハービーこそヒーローだと考えるようになっていった。
そして、それと同時にバットマンをやめることも考えていた。

ある日マフィア達がある場所に集結した。
それはマネー・ロンダリングを行っているマフィア達の集会だった。
そして、TVモニター越しにロウという会計士も参加していた。
そのロウはブルースの所有する会社と提携ことになるかもしれない会社の人間だった。

ロウはマネー・ロンダリングで自身に危険が及ぶのを察知して、マフィア達のお金を持って香港に逃げていた。
それは香港に飛べばゴッサムシティの司法の手が届かないと考えたからだった。

ダークナイト(The Dark Knight)
© TM &DC Comics.2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

しかし、その会議の場にある男が乱入してロウに助言をした。
『バットマンは法律に妨げられない』
その男はジョーカーだった。

そしてジョーカーはマフィア達にある提案をした。
『お前達の資金を半分よこせば俺がバットマンを消してやる。』

そんな態度のジョーカーに腹を立てたマフィアの一人、『ギャンボル』はジョーカーに懸賞金を掛けた。
しかし、ギャンボルはすぐにジョーカーに殺害され、彼の組織はジョーカーが引き継ぐ形となってしまった。

その後ジョーカーは宣言通りバットマンを殺害するために動き出した。
そして、ジョーカーの行動によりゴッサム・シティでは多くの死傷者が出た。

ダークナイト(The Dark Knight)
© TM &DC Comics.2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

バットマンはジョーカーとの因縁に決着をつけることが出来るのか?
ハービーはバットマンに変わる表のヒーローになることが出来るのか?

ダークナイト(The Dark Knight)
© TM &DC Comics.2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

映画ダークナイト(The Dark Knight)を見た感想・レビュー

この映画『ダークナイト(The Dark Knight)』も超おすすめ映画なので紹介します!

ダークナイト(The Dark Knight)
© TM &DC Comics.2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

久しぶりに見たけど、完成度が高すぎる!!
映像美、俳優の演技、ストーリー・脚本、演出、BGM
どれをとってもクオリティが高すぎる!!

その中でも公開当時から話題になっていた、ダークナイト(The Dark Knight)でジョーカーを演じたヒース・レジャーの演技がマジで神がかってた( ゚д゚)
マジでヒース・レジャーがジョーカーをやらなかったらここまでの評価は得られなかったんじゃないかってくらい、ヒース・レジャーがマジでヤバかった!!

バットマンビギンズに次ぐ「ダークナイト・トリロジー(Dark Knight Trilogy)」の第2作目ということなんですが、普通は『バットマンかっけえ٩(๑`^´๑)۶』ってなると思うんですけど、今作では完全に悪役のジョーカー、ヒース・レジャーに喰われちゃってる感がありますね(><)

もちろんバットマン役のクリスチャン・ベールの演技もすごいし、バットマンとしての動作一つ一つとってもヤバイなって思う程のものがあったんですけど、それでもヒース・レジャーの神がかった演技と独特なオーラには喰われちゃってる感が否めないです(´・ω・`)
良いとか悪いとかじゃなくて、ただ単純に今作のヒース・レジャーがマジで神がかってたって感じですね(><)
正直他のバットマン作品のジョーカーを軽く超えちゃってます(><)

ダークナイトではトゥーフェイスも重要な役として登場するんですけど、とにかくヒース・レジャーのジョーカーの存在感がヤバすぎて…。

ダークナイト(The Dark Knight)
© TM &DC Comics.2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ヒース・レジャーは『ダークナイト(The Dark Knight)』の撮影前、一ヶ月間ロンドンのホテルにひとりきりで閉じこもり、癖のあるキャラクターであるジョーカー独特の声や笑い方を自身の中で完成させて撮影に臨んだそうです(><)
マジで役者の鑑ですね(><)
そして、そんな努力があったからか『ダークナイト(The Dark Knight)』でのヒース・レジャーの演技は様々な批評家から高評価を得られました!!

ダークナイト(The Dark Knight)
© TM &DC Comics.2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

そんなヒース・レジャーですが、何とこの映画『ダークナイト(The Dark Knight)』の公開前に不慮の事故で亡くなってしまいます(´・ω・`)
今作のヒース・レジャーの演技が神がかってただけに彼の死は当時大きな話題になりました(´・ω・`)
ダークナイトを見終わって衝撃を受けただけに、これから先ヒース・レジャーの役作り・演技が見れないと思うと非常に寂しいです(´・ω・`)

僕自身ヒース・レジャーが出演した映画は『ブロークバックマウンテン』『ケリー・ザ・ギャング』『ダークナイト』の3作しか見たことがありませんが、その中でもやっぱりこの『ダークナイト』での演技が一番良かったと思うし、とても印象に乗っています(><)

機会があればヒース・レジャーが主演を務めた映画『ケリー・ザ・ギャング』も紹介します٩(๑`^´๑)۶
これはこれで個人的には衝撃的な映画でした(*^^*)

あとはストーリーの完成度が高かったです!
まさかこんな展開でもっていくんだって驚くようなシチュエーションが多々ありましたが、全く違和感のない形でよくここまで完成度の高いものが作れたなって素直に驚きました(><)

今回、おすすめ映画の紹介サイトではアメコミ原作の『アクション映画』として紹介していますが、ストーリー自体がドラマ要素も強いので、ヒューマンドラマ映画としても紹介されています!
それ程に濃厚で心臓を握られるような激しい展開魅力的なストーリーに仕上がっています٩(๑`^´๑)۶

ダークナイト・トリロジーシリーズは全て見ていて、個人的にはバットマン誕生の『バットマン ビギンズ』もかなり好きだったのですが、この『ダークナイト(The Dark Knight)』を見て自分の中のランキングが完全に塗り替わりました!!

上映時間は2時間半と少々長めなのですが、もう展開が激しいから本当にあっという間に終わっちゃいましたって感じで見ることが出来るはずです٩(๑`^´๑)۶

もしまだ見たことがないという人がいればNetflixやU-NEXTでも視聴出来るので是非見てみてください!
マジでこの感動を誰かに共有したいっす٩(๑`^´๑)۶

何度も言いますが、この映画『ダークナイト(The Dark Knight)』もマジで超おすすめ映画です!!!

映画ダークナイト(The Dark Knight)の見どころ

完成度がハンパないストーリー展開とヒース・レジャー(ジョーカー)の演技

映画ダークナイト(The Dark Knight)の監督や出演俳優について

映画タイトル

ダークナイト(The Dark Knight)

映画ダークナイト(The Dark Knight)の製作国

    アメリカ

映画ダークナイト(The Dark Knight)のジャンル

映画ダークナイト(The Dark Knight)のキャッチコピー

お前がわたしを殺すか。わたしがお前を殺すか。

映画ダークナイト(The Dark Knight)を一言で例えるなら

悪のカリスマ

映画ダークナイト(The Dark Knight)の公開年

2008年

映画ダークナイト(The Dark Knight)の監督

クリストファー・ノーラン

映画ダークナイト(The Dark Knight)の主要キャスト

    クリスチャン・ベール(ブルース・ウェイン) ヒース・レジャー(ジョーカー) アーロン・エッカート(ハービー・デント) マギー・ギレンホール(レイチェル・ドーズ) マイケル・ケイン(アルフレッド・ペニーワース) ゲイリー・オールドマン(ジェームズ・“ジム”・ゴードン) モーガン・フリーマン(ルーシャス・フォックス) メリンダ・マックグロウ(バーバラ・ゴードン)

ダークナイト(The Dark Knight)を閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント