映画 聲の形

映画 聲の形
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

今日からちゃんとみんなの顔を見ておはようって言うんだ。そして聞くんだ。みんなの声をいいことも悪いことも。

おすすめ度
4.5
感動する度
4.5
心に残る度
4.5

映画映画 聲の形の予告動画

映画映画 聲の形のストーリー(あらすじ)

舞台は現代の日本のとある街。
この物語の主人公である石田将也はある決意を胸に両手を橋の上に立ち両手を広げていた。
それは高校生の将也が一歩前に踏み出せば人生を終わらせられる程の距離だった。

映画 聲の形(こえのかたち) - The Shape of Voice -
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

将也はある目標を見据え、ある時からカレンダーに意味深な☓印を付けていた。
これまで続けていたアルバイトを辞め、また自分の部屋にあった家具や敷布団を含めて業者に売り、これまでアルバイトなどで貯めたお金を銀行口座から引き出し、それを母が眠る枕元に置いて家を出たのだった。
将也が置いたお金は170万程の大金だった。

映画 聲の形(こえのかたち) - The Shape of Voice -
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

小学生の頃の将也はいわゆるガキ大将で、退屈することを何よりも嫌っていた。
ある日、将也の通う小学校に転校生の少女、西宮硝子が転校して来た。

映画 聲の形(こえのかたち) - The Shape of Voice -
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

硝子は聴覚障害があり、周りの音がほとんど聞こえなかった。
周りの同級生と同じように『普通に会話すること』が出来ず、手話や筆談でしか話すことが出来ない。
将也はそんな硝子を宇宙人でも見るかのような目で好奇心を持つのだった。

映画 聲の形(こえのかたち) - The Shape of Voice -
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

硝子の存在は将也だけでなく、周りの同級生からしても気になる存在だった。
耳が聞こえない硝子に対し川井みき植野直花佐原みよこなど女子を中心にノートを使った筆談や授業で困る硝子を助けることで徐々に交流を深めていった。
しかし、硝子を助けることで授業に支障をきたすようになったりと、周りの生徒は徐々にストレスを感じるようになっていった。
そんなこともあり、最初は興味をもっていた周りの同級生は少しずつ離れていき、硝子は少しずつ孤立していくことになる。

映画 聲の形(こえのかたち) - The Shape of Voice -
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

そんな硝子の様子を見たガキ大将の将也はからかうようになり、周りの同級生もそれを見て笑ったり、見てみぬふりをしたりしていた。
硝子を『退屈しのぎのおもちゃ』のように思った将也の行動は次第にエスカレートしていき『いじめ』となった。

映画 聲の形(こえのかたち) - The Shape of Voice -
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

ある時、硝子の付けていた補聴器を奪い、『うっわ、汚ったねー!』と窓から投げ捨てた将也。
その日を境に祥也の硝子に対するいじめはどんどん激しくなっていき、硝子に怪我をさせることもあった。
それでも硝子は自分をいじめる将也と友達になろうと必死に頑張るのだった。

映画 聲の形(こえのかたち) - The Shape of Voice -
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

ある時、短期間で多数の補聴器を失くしたり故障したりする娘の様子を疑問に思った硝子の母の西宮八重子は将也の通う小学校に連絡をした。
それはクラス内でも大問題に発展し、硝子が欠席した教室に訪れた校長は生徒たちに事情聴取を始めた。
『今日はお話があります。実は昨日西宮さんのお母さんから連絡があり、この5ヶ月で8個も紛失、または故障している。学校でいじめられているのではないかと…。』
そこで真っ先に名前が上がったのが将也だった。

将也は『自分だけが悪いんじゃない!他の人間も自分と同様にいじめていた!』と反論したが、それに腹を立てた将也の友人は次第に将也をいじめるようになっていった。
ガキ大将だった将也の立場は一気に変わり、今度はいじめられる立場となっていった。

将也の硝子に対するいじめのことで学校から連絡を受けた将也の母の美也子。
その日の内に将也を連れて硝子の母に謝罪しに行くことに。
片親で美容師を営みながら子供二人を育てていた美也子。
補聴器の弁償の為に銀行で大金を作り、謝罪に向かうのだった。

気付けば毎日のように学校でいじめられる将也。
今まで硝子にしていたことと同じようなことを周りの友人にされるようになっていった。
ランドセルや教科書を学校の噴水に投げ捨てられたり、ボールをぶつけられたり、首を締められたり、ホースで水をかけられたりといじめの内容は悲惨なものだった。

ある時、上履きをなくした将也は一人教室に向かった。
すると将也の机の上を硝子が必死に雑巾で拭いていた。
将也の机は友人の嫌がらせで落書きだらけになっていて、硝子はそれを必死に消そうとしていたのだった。
そんな硝子の姿を見て将也は「いいヤツぶってんじゃねえよ!」と激怒し、取っ組み合いの喧嘩となる。

そしてある時、硝子は転校することになった。
硝子が転校してから将也の机には毎日落書きがされていた。
将也は硝子が将也の机の上を必死に雑巾で拭いていたことを思い出し、「あいつ、マジムカつく」とつぶやいた。

そして、5年の月日が経ち、将也はある計画を実行することに…。

映画 聲の形(こえのかたち) - The Shape of Voice -
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

映画映画 聲の形を見た感想・レビュー

この映画『映画 聲の形(こえのかたち) – The Shape of Voice -』も超おすすめ映画なので紹介させていただきます!
原作はマガジンで連載されていた漫画家【大今良時】の『聲の形(こえのかたち)』です。
聲の形は当時すごく話題になった漫画で、巻数が少なかったので全巻購入し一気読みしました(*^^*)
本当に今までありそうでなかったような話で、自身の小学生の頃を思い出しながら食い入るように見ていました。
胸が痛くなったり、熱くなったり、涙したり、色々考えさせられたりと本当に素敵な作品でした(><)

映画 聲の形(こえのかたち) - The Shape of Voice -
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

限られた時間の中で作られた作品ということもあり、どうしても原作には劣ってしまうような気がします(><)
それでも漫画『聲の形』全7巻の感動を『映画 聲の形(こえのかたち) – The Shape of Voice -』ではキレイにまとめられていました!
もちろん全てが原作通りではなく、個人的に好きだった話などが端折られてたりしましたが、映画は映画なりの良さがあったんじゃないかと思います(*^^*)
特に劇中で使われているピアノを始めとした様々な『音』は自然に耳に入って来ながら胸の中を優しく撫で下ろしてくれるような素敵な感覚にさせてくれます!
これまで漫画原作の映画は実写もアニメも含めて『微妙だな』と思うことの方が多かったのですが、この映画に限っていえば大当たりでした!
原作の漫画の聲の形を読んだことがないという人も楽しめる作品だと思います!
ただ、個人的には映画を観終わったあと、落ち着いたら漫画も読んで欲しいです(*^^*)

映画 聲の形(こえのかたち) - The Shape of Voice -
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

この映画のテーマである『健常者と障害者』、『いじめ』はとてもデリケートなものだと思います。
そして誰の身近にも存在するものだと思います。
そんなものを描いた作品だから見ていて胸が苦しくなったり、熱くなったりするんだと思います。
ただ、それは決して最後まで苦しいものではなく、見終わったあと心の中が澄み渡るような気持ちになります(*^^*)

映画 聲の形(こえのかたち) - The Shape of Voice -
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

実はこれまで地上波で放送されていなかったようですが、2018 年8月25日の午後9時にNHK Eテレにて放送されるみたいです!
無料で視聴できます(^^)
NetflixやU-NEXTでも視聴出来ますが、お時間がある方は地上波放送で見てみてください!

この『映画 聲の形(こえのかたち) – The Shape of Voice -』も超おすすめ映画です!!

映画映画 聲の形の見どころ

ありそうでなかった社会的な問題をドラマティックに描いたストーリー。

映画映画 聲の形の監督や出演俳優について

映画タイトル

映画 聲の形

映画映画 聲の形の主題歌

aiko - 恋をしたのは

映画映画 聲の形の製作国

  • 日本

映画映画 聲の形のジャンル

映画映画 聲の形のキャッチコピー

君に生きるのを手伝ってほしい

映画映画 聲の形を一言で例えるなら

話す努力をしないと相手のことなんて理解出来ない

映画映画 聲の形の公開年

2016年

映画映画 聲の形の監督

山田尚子

映画映画 聲の形の主要キャスト

  • 入野自由
  • 早見沙織
  • 悠木碧
  • 小野賢章
  • 金子有希
  • 石川由依
  • 潘めぐみ
  • 豊永利行
  • 松岡茉優

映画 聲の形を閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント