スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)

スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)
© ColumbiaPictures/Photofest/MediaVastJapan

12歳当時の友人のような友人を私はその後持ったことがない。

おすすめ度
4.5
感動する度
4
心に残る度
4.5

映画スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)の予告動画

映画スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)のストーリー(あらすじ)

『あの12歳の時のような友達はもうできない、もう二度と』

© ColumbiaPictures/Photofest/MediaVastJapan

作家のゴードンは『弁護士のクリストファー・チェンパーズが刺殺される』という新聞を見て、子供時代を思い出す事となる。
クリストファーはゴードンが少年時代を共に過ごした親友だ。

ゴードンにとっては自分が『強くなる』きっかけになった出来事がある。
それはクリストファーを含めた、それぞれ心に傷を抱えた不良少年12歳の4人組の冒険だった。
ゴードンにとっては掛け替えのない出来事で、それぞれが少しずつ大人になっていくきっかけとなった冒険で、素敵な思い出だ。

© ColumbiaPictures/Photofest/MediaVastJapan
  • 兄のデニーを事故で亡くしたゴードン
  • アルコール中毒の父と不良の兄の件で悩みを抱えているクリストファー
  • 精神を病んだ父に虐待を受けているセオドア
  • ぽっちゃり臆病もののバーン

それぞれが別々の悩みを抱え、性格も異なる4人組。
そんな4人が『死体探し』の冒険に出掛けることになる。

彼らが冒険に出掛けた理由は単純なものだった。
死体を見付けて『新聞に載りたい』。

© ColumbiaPictures/Photofest/MediaVastJapan

そんな好奇心を胸に冒険に出掛ける4人だが、その冒険の中で色んな出来事を経験し、少しずつ大人になっていく。
それぞれが抱える問題や葛藤を打ち明けたり、12歳の少年達が色々と大切なものを得た冒険だった。

© ColumbiaPictures/Photofest/MediaVastJapan

二度と戻ることのない子供時代。
よくある事だ。友達はでき、また離れていく…。

© ColumbiaPictures/Photofest/MediaVastJapan

映画スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)を見た感想・レビュー

この作品、『スタンド・バイ・ミー』も超おすすめ映画です!
なぜか夏の終わりになると見たくなる、そんな青春映画です。
言わずと知れた有名作品ですが、あえて紹介させて頂きます!!

先日亡くなったベン・E・キングが歌ったこの映画の主題歌、『Stand by Me』も本当に好きな歌で、色んなアーティストにもカバーされています。
この映画ともすごくマッチしていて、映画の中でこの曲が流れると何だか胸がじーんとなってしまいます。

この映画『スタンド・バイ・ミー』は僕が生まれるより以前に作られた映画ですが、この年になって観てもやっぱり素晴らしい作品だと思います。
時間が経つに連れて作品の画質であったりCGであったり、色んなものが変化し、より良くなっているとは思いますが、そういうの関係なく今でも大好きな映画で、自分の中で名作だと断言出来る作品です。
その時、その瞬間しか映らない美しさがフィルムに焼き付いた、そんな映画だと僕は思っています。

誰だって子供の時に『冒険』という名の思い出があるんじゃないでしょうか?
会わなくなった友人、青臭い感情や気持ち、その時大切にしていた想いやもの…。
そんなものを思い出させてくれる、四人の冒険を描いた本当に素敵な映画です。

  • 兄のデニーを事故で亡くしたゴードン
  • アルコール中毒の父と不良の兄の件で悩みを抱えているクリストファー
  • 精神を病んだ父に虐待を受けているセオドア
  • ぽっちゃり臆病もののバーン

そんな悩みも性格も異なる4人の死体探しの旅。
最悪な家庭環境、将来への不安、色んな悩みを抱えた4人の冒険に最後まで釘付けになってしまいます。

余談ですが、この映画『スタンド・バイ・ミー』でクリストファー役を演じたリバー・フェニックスですが、1993年にジョニー・デップが所有するバーでリバーはヘロインとコカインの過剰摂取の結果、心不全になってしまいそのまま23歳という若さで亡くなってしまったようです。

その最期は親友だったレッチリのベーシスト『フリー』に看取られたようです。
この映画『スタンド・バイ・ミー』でも彼の演技は目を見張るものがあり、その演技に吸い込まれそうになる不思議な魅力がありました。
もし、彼が生きていたらどんな映画に出演し、どんな役を演じていたのでしょうか…。

この映画『スタンド・バイ・ミー』も本当におすすめの映画です!
観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
子供の頃に持っていた、大切な気持ち、想い、言葉に出来ない何かを思い出させてくれる素晴らしい映画です。

映画スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)の見どころ

ゴードン達仲良し4人組の旅路

映画スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)の監督や出演俳優について

映画タイトル

スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)

映画スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)の製作国

  • アメリカ

映画スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)のジャンル

映画スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)のキャッチコピー

12才の夏、誰も大人になんかなりたくなかった・・・。

映画スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)を一言で例えるなら

二度と戻らない12歳の冒険と青春

映画スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)の公開年

1986年

映画スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)の監督

ロブ・ライナー

映画スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)の主要キャスト

  • ウィル・ウィートン(幼少期のゴーディ・ラチャンス)
  • リチャード・ドレイファス(大人になったゴーディ・ラチャンス)
  • リヴァー・フェニックス(クリス・チェンバーズ)
  • コリー・フェルドマン(テディ・ドチャンプ)
  • ジェリー・オコンネル(バーン・テシオ)
  • キーファー・サザーランド(エース・メリル)
  • ケイシー・シーマツコ(ビリー・テシオ)
  • マーシャル・ベル(ゴーディ・ラチャンスの父親)
  • フランシス・リー・マッケイン(ゴーディ・ラチャンスの母親)
  • ジョン・キューザック(デニー・ラチャンス)
  • ゲイリー・ライリー(チャーリー・ホーガン)
  • ブラッドリー・グレッグ(アイボール・チェンバーズ)
  • ジェイソン・オリヴァー(ビンス・デジャルダン)

スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)を閲覧できる動画サービス

  • Netflix
  • Prime Video
  • hulu
  • U-NEXT

この映画へのコメント