現在公開中公開

ワンダーストラック(Wonderstruck)

ワンダーストラック(Wonderstruck)
©2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

1977年ミネソタの少年ベンと、1927年ニュージャージーの少女ローズ、二人の物語がひとつになった時、ニューヨークに奇跡が起きる。

映画ワンダーストラック(Wonderstruck)の予告動画

映画ワンダーストラック(Wonderstruck)のストーリー(あらすじ)

事故で母を亡くした少年、ベン

WonderStruck
©2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

1977年、ミネソタ州ガンフリント。
12歳のベン(オークス・フェグリー)は、母エイレン(ミシェル・ウィリアムズ)を交通事故で亡くし、伯母の家で暮らしている。
父とは一度も会ったことがなく、母は「いつか話すから」と言いながら、なぜか父の名前すら教えてくれなかった。

ある嵐の夜、母の家に密かに戻ったベンは、「ワンダーストラック」というニューヨークの自然史博物館の本を見つける。
中にはキンケイド書店のしおりが挟まれていて、「愛を込めて、ダニー」と記されていた。
きっと父親だと直感して書店にかけようとした電話に、雷が落ちてしまう。

病院で意識を取り戻したベンは耳が聞こえなくなっていたが、父親を探しためにニューヨークへと旅立つ。
何とかキンケイド書店を見つけるが、店は閉店していた。途方にくれたベンは、声をかけてきた少年ジェイミー(ジェイデン・マイケル)のあとをついて生き、自然史博物館に辿り着く。

母を知らない聴覚障害の少女、ローズ

WonderStruck
©2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

1927年、ニュージャージー州ボーボーケン。
生まれたときから耳の聞こえないローズ(ミリセント・シモンズ)は、大きな屋敷に父と使用人たちと暮らしていた。支配的な父世は心が通わないローズにとって、女優のリリアン・メイヒュー(ジュリアン・ムーア)の映画を観て彼女の記事を集めることだけが心の支えだった。

ある日、リリアンがニューヨークの舞台に出演すると知ったローズは、彼女に会いに行こうと決意し、ひとりで船に乗る。
兄のウォルター(コーリー・マイケル・スミス)が働く自然史博物館にも行ってみたかった。
ローズはリリアンが稽古中のブロムナード劇場を探しあてるのだが…。

全ての謎が一つになる時、奇跡が起きる

WonderStruck
©2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

1977年、父親が自然史博物館で働くジェイミーに、立入禁止の資料室へと導かれるベン。
そこでベンは、母と”ダニー”の出会いにまつわる初リュイを発見する。

  • 果たして、ダニーがベンの父親なのか?
  • 彼は今どこで何をしてるのか?

その先には、ローズが鍵をにぎる、さらなる謎が待ち受けていた…。

映画ワンダーストラック(Wonderstruck)について

「キャロル」「エデンより彼方に」のトッド・ヘインズ監督、新境地にして最高傑作!!

居場所を亡くした子どもたちが勇気を出して踏み出す、人生という名の驚きと幸せに満ちたワンダーランド

“永遠に残る愛の名作”と称えられ、アカデミー賞6部門にノミネートされた「キャロル」から2年、全世界が熱望するトッド・ヘインズ監督の最新作が完成した。

アカデミー賞5部門に輝いた「ヒューゴの不思議な発明」の原作者ブライアン・セルズニックによるニューヨーク・タイムズ・ベストセラー小説の映画で、セルズニック自身が初の映画脚本に挑戦している。

人種差別や同性愛など、現代に生きる私達にとって重要な問題をテーマにしてきたヘインズ監督が今回描くのは、愛するひとも居場所も失くした少年と少女が、各々の時代に、大切な人を探すためにニューヨークへと旅立った彼らは、不思議な運命に導かれてアメリカ自然史博物館に迷い込む。

勇気を出してソヨの世界へと飛び出したふたりを待っていたのは、行く先々で次々と現れる”驚きと幸せの一撃=ワンダーストラック”だった――。

初めてティーンを主人公に迎えたヘインズ監督が、ふたつの時代を行き来する壮大な世界観で創り上げたのは、人生という名のワンダーランド、絶頂期に突入したヘインズ監督の新境地にして最高傑作が、いよいよ日本にも胸躍る一撃を与えてくれる。

母親を亡くした少年ベンと、耳の聞こえない少女ローズ

ベンはまだ見ぬ父に、ローズは憧れの女優に
それぞれの大切な人に会うためにニューヨークへ旅立つ

1977年、ミネソタ、母親を交通事故で失った少年ベン、父親とは一度も会ったことがなく、なぜか母は父のことを語ろうとしなかった。ある嵐の夜、母の遺品の中から父の手がかりを見付けたベンは、落雷にあって耳が聞こえなくなりながらも、父を探すため一人ニューヨークへ向かう。

1927年、ニュージャージー。生まれた時から耳が聞こえない少女ローズは、母親のいない家庭で厳格な父親に育てられる。憧れの女優リリアンの記事を集めることで寂しさを癒やしていたローズは、リリアンに会うためひとりニューヨークへと旅立つ。
過去からの時の流れが今へとつながり、ベンとローズはなぞの絆に引き寄せられていく。そして、大停電の夜、何かが起ころうとしていた…。

天才子役とオスカー女優ジュリアン・ムーアの共演

デヴィッド・ボウイの不朽の名曲と響き合う感動の物語

ベンを演じるのは、「ビートと秘密の友達」の主演で、天才子役の称号を手に入れたオークス・フェグリ―。
ローズには、自身も耳が聞こえず「聾であることは誇りだ」と自己紹介するオーディションテープを観たヘインズ監督が一目惚れした。映画初出演のミリセント・ジモンズ。本作で、放送映画批評家協会の若手俳優賞にノミネートされるなど、高く評価された。

異なる時代に生きる少年と少女をつなぐ重要な役には、ヘインズ監督と4度目のタッグを組むジュリアン・ムーア。「アリスのままで」でアカデミー賞を獲得するなど、校正に名を残す女優だ。またベンの母親役には、「マンチェスターバイ・ザ・シー」で同賞にノミネートされたミシェル・ウィリアムズ、ローズの世界を繊細で美しいモノクローム映像で表現し、宝の山のような自然史博物館の裏側や、クイーンズ美術館の巨大パノラマを捉えた撮影は、「キャロル」でアカデミー賞にノミネートされたエドワード・ラックマン。

エレガントな20年代とソウルフルな70年代のファッションを再現した衣装は、3度のアカデミー賞に輝いた、「キャロル」のサンディ・バウエル。情感あふれる音楽は「キャロル」で同賞にノミネートされたカーター・バーウェルが沙棘を担当。

デヴィッド・ボウイの名曲「スペース・オディティ」にのせて、ふたりの度は思わぬ方向へと進む。最後にベンとローズを結ぶ謎が明かされる時、今もなお新たな壁にぶつかる大人たちに、人生のきらめきを取り戻す術を教えてくれる感動の物語。

映画ワンダーストラック(Wonderstruck)の監督や出演俳優について

映画タイトル

ワンダーストラック(Wonderstruck)

映画ワンダーストラック(Wonderstruck)の製作国

  • アメリカ

映画ワンダーストラック(Wonderstruck)のジャンル

映画ワンダーストラック(Wonderstruck)のキャッチコピー

いつだって、人生は驚きと幸せのワンダーランド。

映画ワンダーストラック(Wonderstruck)の公開年

2018年

映画ワンダーストラック(Wonderstruck)の監督

トッド・ヘインズ

映画ワンダーストラック(Wonderstruck)の主要キャスト

  • ベン(オークス・フェグリー)
  • リリアン・メイヒュー/老境に入ったローズ(ジュリアン・ムーア)
  • エレイン・ウィルソン(ミシェル・ウィリアムズ)
  • ローズ(ミリセント・シモンズ)
  • ジェニーおばさん(エイミー・ハーグリーヴズ)
  • ジャネット(モーガン・ターナー)
  • ジェイミー(ジェイデン・マイケル)
  • ジェイミーの父親(ラウル・トレス)
  • ウォルター(コーリー・マイケル・スミス)
  • 老境に入ったウォルター(トム・ヌーナン)
  • キンケイド医師(ジェームズ・アーバニアク)
  • ジル医師(アンソニー・ナタール)

この映画へのコメント