2018年10月19日公開

ここは退屈迎えに来て

ここは退屈迎えに来て
©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

夢をあきらめた「私」
元彼をあきらめられない「あたし」
「あたし」の元カレ、「私」の憧れの存在

映画ここは退屈迎えに来ての予告動画

映画ここは退屈迎えに来てのストーリー(あらすじ)

ここは退屈迎えに来て
©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
  • 夢をあきらめた「わたし」
  • かつて憧れた〈椎名くん〉との再会
  • 元カレをあきらめきれない「あたし」
  • 高校時代みんなの憧れだった〈椎名くん〉
ここは退屈迎えに来て
©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

舞台は現代の日本。
2013年、何者かになる為に東京を出て10年、27歳になった「私」は夢をあきらめて地元に戻ってきた。
今は実家に住みながらフリーのライターの仕事をしている。
ライターの仕事では「私」と同じく東京から戻ってきた40歳のカメラマンの「須賀」と組むことが多く、ウマも合うのだった。

ある日、ラーメン屋の取材を終えた後に高校時代の友人サツキと合流し、その際に高校時代のみんなの憧れの存在だった「椎名くん」の話になり、会いに行くことになった。
「椎名くん」は今自動車学校で教官をしていた。

ここは退屈迎えに来て
©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

「椎名くん」に会いに行く途中で立ち寄ったゲームセンターで、偶然地元に帰省中だった新保と再会した。
その後自動車学校で椎名と再会した「私」は椎名から衝撃的な言葉を告げられるのだった…。

ここは退屈迎えに来て
©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

そして2008年、高校を卒業して地元に残りフリーターをしている「あたし」は、本屋でのバイトを終えて、駐車場で待っている高校時代の同級生の遠藤の車に乗り込む。
遠藤は彼氏ではないが、「あたし」に好意を寄せていた。

ここは退屈迎えに来て
©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

そして「あたし」は「遠藤」と肉体関係にあったが、高校時代に付き合っていた「椎名くん」のことを忘れられずにいた。
高校を卒業して「椎名くん」は大阪に行ったっきり、「あたし」とは音信不通の状態だったのだ。

ここは退屈迎えに来て
©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
  • あんたじゃない
  • こうじゃない
  • ここじゃない
  • みんな、こんなはずじゃ無かった
  • それでも羽ばたきたい

「青春」の後にあるものは?

映画ここは退屈迎えに来てについて

 原作は山内マリコの小説『ここは退屈迎えに来て』

この映画の原作は日本の小説家、エッセイストである山内マリコさんが2012年に出した小説『ここは退屈迎えに来て』です。
ストーリー自体は2004年の高校時代から9年後の2013年という時間の中で、高校時代のみんなの憧れの存在だった椎名くん(成田凌)を中心に描かれています。

胸が痛くなるほど切ないけど誰もが共感できる物語

東京に出て10年が経ち、夢を諦めてそのまま実家に戻った「私」
元カレの椎名くんのことが忘れられない、地元に残った「あたし」
高校時代、みんなの憧れだった「椎名くん」

主題歌を歌うのはフジファブリック

主題歌と劇中のサウンドトラックを担当したのは『ここは退屈迎えに来て』の登場人物の世代を代表するフジファブリック。
劇中ではフジファブリックの初期の代表曲でもある『茜色の夕日』が流れるようです。

映画ここは退屈迎えに来ての監督や出演俳優について

映画タイトル

ここは退屈迎えに来て

映画ここは退屈迎えに来ての製作国

  • 日本

映画ここは退屈迎えに来てのジャンル

映画ここは退屈迎えに来てのキャッチコピー

青春の後にあるものは?

映画ここは退屈迎えに来ての公開年

2018年

映画ここは退屈迎えに来ての監督

廣木隆一

映画ここは退屈迎えに来ての主要キャスト

  • 橋本愛
  • 門脇麦
  • 成田凌
  • 渡辺大知
  • 岸井ゆきの
  • 内田理央
  • 柳ゆり菜
  • 亀田侑樹
  • 瀧内公美
  • 片山友希
  • 木崎絹子

ここは退屈迎えに来ての関連キーワード

この映画へのコメント