アリーキャット(alley cat)

アリーキャット(alley cat)
© 2017「アリーキャット」製作委員会

たまんねえな。一生の選択はいつも一瞬だ。

おすすめ度
4
感動する度
4
心に残る度
4

映画アリーキャット(alley cat)の予告動画

映画アリーキャット(alley cat)のストーリー(あらすじ)

秀晃『たまんねえな。一生の選択はいつも一瞬だ。』

舞台は現代の日本。
ある時、朝 秀晃(窪塚洋介)は自分の家によく出入りする野良猫の『マル』を探していた。
マルは飼い猫ではなかったが自由に外で生き、頻繁に秀晃の元へ顔を出していた。

どこを探しても見付からないマル。
心配になった秀晃は保健所に足を運んだ。

すると保健所から金髪のモヒカンの青年、梅津 郁巳(降谷建志)がマルを抱えて出てきた。
その姿を見て秀晃は『マル!よかったな!命拾いしたな、お前!』と言って連れて帰ろうとした。
しかし、郁巳は秀晃の言葉を聞いても無視をしてそのまま立ち去ろうとした。
そんな郁巳の姿を見て苛立った秀晃は『おいおい、ちょっと待ってよ。そいつ、俺の猫なんだよ。ずっと探してて。な、マル!』と言った。

郁巳『いや、リリィだよ。リリィ。俺がさっきつけた名前。』

秀晃『ああ…。あっ、いや、じゃなくて。俺ずっとこいつ昨日から探しててさ。』

郁巳『俺は今もらって来たところ。』

秀晃『うん、だから…危機一髪?助けてもらって何か礼はするけどさ。』

郁巳『猫って魂を9つ持ってんだって。こいつの魂はもうリリィちゃん。』

秀晃『マル〜、マル。』

郁巳『はじめての女の人がリリィさんって言ってさ、こいつを見た時にピンと来たんだ。』

秀晃『おいおい、マルを商売女と一緒にすんじゃねえよ。』

郁巳『リリィさんは商売女じゃない!』

秀晃『どうでもいいよ。マル返せよ。』

郁巳は何も言わずにママチャリのカゴに毛布にくるんだマルを乗せてそのまま走り去った。
突然のことに驚きながらも秀晃は郁巳を追い掛けていった。

ある日の朝、秀晃がコタツで横になっていると一本の電話が鳴った。
その電話は秀晃の勤め先であるアイダ警備保障の人間からだった。
アイダ警備保障は秀晃の経歴を知って、ある人物のボディガードをするアルバイトを依頼しようとしていた。

秀晃は元プロボクサーだった。
ボクシングの腕前は東洋チャンピオンになるほどのものだったが、防衛戦で大きな怪我を負ってしまい今もその後遺症に悩まされていたのだった。

14時にある場所に向かうように指示を受けた秀晃は後遺症を負ってから服用し続けている薬をビールで流し込んで約束の場所へと向かった。
着いた先はとあるクリーニング店だった。

依頼主は土屋 冴子(市川由衣)という女性でストーカー被害に悩まされていた。
秀晃はアイダ警備保障の人間として冴子をボディーガードすることになった。

冴子は玉木(品川祐)という元交際相手からのストーカー被害に悩まされていた。
冴子は玉木と一ヶ月前に別れていた。
原因は玉木による冴子の子供への暴力だった。
その日はどうしても会って話がしたいという玉木に会って話をすることになっていた。
そんな冴子の状況を聞いて秀晃は冴子にアドバイスをした。

秀晃『わざわざ会ったりするんじゃなくて、警察に連絡した方が良いと思うんだけどね。無料だし。』

冴子『警察はちょっと…。』

秀晃『まあ、あんまり期待しないでください。俺、バイトなんで。出来ればそちらで話しつけてもらったほうが…。』

冴子『ああ、いえ。私もその方が良いんです。知らないフリして、ただ近くに居てもらえたら。安心したいだけなんで。』

秀晃『まあ…はい。』

そういって二人はある喫茶店に向かった。
そしてそこには玉木が居た。

玉木は何とか冴子とよりを戻そうと必死に説得した。

  • みんなで住める家を建てる
  • 子供には暴力を振るわない

しかし、冴子はそんな玉木の言葉を信用できなかった。

しばらくすると喫茶店に郁巳がやって来た。

郁巳『あ、マル!』

郁巳は冴子を見守る秀晃の横のカウンターに座り、いつものようにナポリタンと瓶コーラを注文した。
郁巳はその喫茶店の常連だった。

秀晃『お前、席移れよ。』

郁巳『リリィが全然飯食べないんだよね。』

秀晃『えっ?』

郁巳『マルのときどうだった?』

秀晃『お前何やってるんだよ、もう…。』

郁巳『マルはいつも何を食べさせてた?』

秀晃『そういやずっと同じキャットフード。青いラベルのこんな丸い缶知らねえ?』

秀晃と郁巳が猫の話に熱中している頃、玉木と冴子の会話も白熱していった。
ついに玉木が冴子に襲いかかったときようやく自体に気付いた秀晃は『やめとけよ!』と言って玉木を突き飛ばした。

アリーキャット(alley cat)
© 2017「アリーキャット」製作委員会

秀晃『女に乱暴はやめろ。』

玉木『誰だお前?偽善者が!』

秀晃『ここじゃあれだから、表出ろ。落ち着いて話しようぜ、来い!』

玉木は再び暴れだして、その様子を見ていた郁巳が玉木の頭を殴った。
ついに警察沙汰になり、その場は一件落着した。
その後秀晃はキャットフードを買ってマルが居る郁巳の職場に足を運んだ。

アリーキャット(alley cat)
© 2017「アリーキャット」製作委員会

しばらくして、玉木の嫌がらせが始まった。
冴子の下着姿の写真を冴子の子供の通う保育園や関係する場所に送りつけた。
ついには冴子の子供の通う保育園にまでやってくるようになった。
玉木は心身喪失の状態で何をするか分からなかった。
その様子を見かねた秀晃は冴子の子供をシェルターに入れて匿うことにした。

アリーキャット(alley cat)
© 2017「アリーキャット」製作委員会

その後秀晃が冴子を匿う為に郁巳の職場にやって来ていた時に玉木が凶器を持って乗り込んで来た。
玉木は秀晃と郁巳によって取り押さえられたが、そこに警察を名乗る男二人がやって来て、冴子の身柄を保護しようとしていた。

その二人の男は玉木と冴子を同じ車に乗せて護送しようとしていた。
その様子に違和感を感じた秀晃は警察手帳の提示を求めたがそのすきを突いて玉木が逃亡し、冴子もその場から逃げ出してしまった。
何故か警察を名乗る二人は冴子の方を追い掛けた。

警察を名乗っていた二人は警察ではなく、ある政治家に雇われた裏の人間だった。
簡単なバイトだと思っていた秀晃は思いもがけない大きな事件に巻き込まれることとなる。
そして、その事件をきっかけに秀晃の壮絶な過去が明かされることとなるのだった…。

アリーキャット(alley cat)
© 2017「アリーキャット」製作委員会

映画アリーキャット(alley cat)を見た感想・レビュー

この映画アリーキャット(alley cat)もおすすめ映画なので紹介します!
主演は窪塚洋介で、その相棒役でDragon AshのKjこと降谷建志です!!

アリーキャット(alley cat)
© 2017「アリーキャット」製作委員会

正直ビックリしました(><)
以前ネットのニュースでこの二人が対談してて、一緒の映画に出たのは知っていたのでどんな映画なのか気になってはいたのですが、今回ようやく見ることが出来ました!

降谷建志自体はもともと1995年に上映された『ゲレンデがとけるほど恋したい。』という映画で俳優デビューしていたみたいなのですが、その後『八重の桜』という大河ドラマに出演していました(><)
正直その時も驚いたのですが、今回の映画アリーキャット(alley cat)で窪塚洋介とダブル主演してるということで更にビックリしました!!

降谷建志が演じた梅津 郁巳(リリィ)という役は癖のあるキャラクターで、どちらかというと以前の窪塚洋介の雰囲気にピッタリだなと思う役柄だったんですけど、それを降谷建志が何の違和感を思わせることもなく演じていたところに驚きました!
ミュージシャンとしての才能はもちろんのこと、俳優としても全然ありやん!!
って感じました٩(๑`^´๑)۶

後はやっぱりヒロインのストーカー役を演じた品川祐の演技がずば抜けてました!
頭のネジが外れたらこんな風になるんだろうなって自然に思わせるほどその役になりきっていて、とても演技力のある人だと思いました!!

正直俳優としての品川祐をこれまで見たことがなかったのですが、今回のストーカー役の演技が心に強く残りました。
お笑いだけじゃなくて俳優としての演技力もすごいです!!
いつか品川祐が監督した映画も見てみたので、また見たらレビューを書きます٩(๑`^´๑)۶

ストーリー自体は若干社会派な内容で犯罪者っぽい雰囲気が漂うものになっていたのですが、ところどころ猫を感じさせるような演出やセリフがあったりでシリアスになり過ぎず、どこか独特な感じの映画でした(><)
個人的には結構良かったです!!

当時、窪塚洋介と降谷建志のダブル主演ということで話題になった映画なので、もう見たことがあるという人は多いかもしれないですけど、見たことがないという人には是非見て欲しいおすすめの映画です(^^)

個人的には疑問が残る衝撃的なラストではあったのですが、そこも踏まえて良い映画でした(*´∀`*)
Netfixで何か刺激的な邦画を探している人にはおすすめです!!

映画アリーキャット(alley cat)の見どころ

窪塚洋介(卍LINE)と降谷建志(Dragon Ash)のコンビ演技

映画アリーキャット(alley cat)の監督や出演俳優について

映画タイトル

アリーキャット(alley cat)

映画アリーキャット(alley cat)の主題歌

榊いずみ - Lost and Found

映画アリーキャット(alley cat)の製作国

  • 日本

映画アリーキャット(alley cat)のジャンル

映画アリーキャット(alley cat)を一言で例えるなら

一生の選択はいつも一瞬

映画アリーキャット(alley cat)の公開年

2017年

映画アリーキャット(alley cat)の監督

榊英雄

映画アリーキャット(alley cat)の主要キャスト

  • 窪塚洋介(朝 秀晃[マル])
  • 降谷建志(梅津 郁巳[リリィ])
  • 市川由衣(土屋 冴子)
  • 品川祐(玉木 敏郎)
  • 三浦誠己(柿沢 美智也)
  • 高川裕也(南雲 壮介)
  • 柳英里紗(多田 瑞希)
  • 川瀬陽太(田口 直樹)
  • 森岡豊(倉持 洋一)
  • 馬場良馬(橋本 賢吾)
  • 火野正平(羽柴 康夫)

アリーキャット(alley cat)を閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください